« 「ユリイカ 11月臨時増刊号 特集-荒木飛呂彦―鋼鉄の魂は走り続ける」 | トップページ | 「精霊の守り人 3」 »

2010年1月22日 (金)

つい出来心で

【日誌】8時前に起床。まだまだ残ってるもつ鍋を食べる。
10時になったので、出かける。

まずは五反田のブックオフへ。都内有数の広さを持つ店舗だが、探していた本はなかった。ただ体験版をプレイしてちょっと面白いなと思ったゲームが売っており、悩むが買わず。

そこから電車に乗って一駅。またブックオフへ。ここにも目当ての本はなし。
ただ、ジョジョ特集のユリイカが売っていたので、状態はよくなかったのだが買ってしまった。600円。


そして、その近くにあったミスドでつい買物を…

http://movapic.com/tokyokomachi/pic/1200415

明日のジムは二時間走ろうかなあ…

さらに次の駅に行ってブックオフへ。ここにもなかった。
そこで普通の書店に行ってみたら、そこには平積みで置いてあったので、まあアマゾンでちまちま一冊ずつ買っていって(送料も無料なことだし)、アマゾンにない巻はこの書店で買えばいいや、という結論になった。
そこでアフタヌーンを立ち読みしたら、「げんしけん」の読み切りがついていた。その後(というか荻上が会長となった後)の話で、スーが留学してきていたり、新入会員が入ったりするという話だった。面白かった。無限の住人はいよいよ佳境と思わせておいてなかなか終わらんなあ。

探してたのはこの本だったんだけどね。


明日は渋谷のアディダスショップに行ってSWコラボ商品を見てから、アニメイトでコミティアのカタログを買って五反田に帰ってジムに行こうと思う。

【テレビ:まっすぐな男】
マンション建設にあたって近隣住民への説明会をこなせば、部署に戻してもらえるというミッションを部長に貰った主人公。
一方悪女は相変わらず主人公のことを振り回す。おまけにその悪女のせいで(?)刑務所に入ったという男が出所してきて主人公を付け狙う。
 主人公は持ち前の熱意でマンションの住人に説明し、刑務所帰りの男のせいもあって、住民の理解を得ることもでき、部署も元に戻れる事になる。まさに災い転じて福となす。
 トータス松本のテーマソングいいな。はやくネットに上がってこないかなw

【テレビ:とめはねっ!鈴里高校書道部】
(第二回)ライバル校のパフォーマンスを見せつけられ、売り言葉に買い言葉でパフォーマンスをする羽目になってしまう主人公たち。
デーモン閣下を「コスプレして相撲解説する人だよ(画像付き)」っていうのがなwさすがNHKw
水戸黄門をモチーフにしたパフォーマンスは見事成功する。

(第三回)有名な書道家の先生の元、合宿をすることになった鈴里高校とライバル校。合宿の最後には一位から最下位をランク付けするという。
合宿で寝るとなると各校男子が一人ずつしかいないので男二人部屋になってるのがウケたw

【テレビ:不毛地帯】
いよいよフォードの調査団が査定を行う時が来た。里井副社長のやり方は甘過ぎ、日本語が堪能なスタッフによって嘘もばれる始末だった。
里井の発作もひどくなり、ついにドクターストップがかかる。が、病院で偶然鮫島がそれを見かけてしまうのだった…
完璧に鮫島に出し抜かれる近畿商事。おまけに次期総理との呼び声が高い幹事長から社長が呼出を食らってしまう。

【テレビ:水曜どうでしょうClassic】(MXTV)
カントリーサインの旅第二夜。徹夜で車中で朝を迎える。
そして第三の選択はほぼ隣と言ってもいいくらいの近場。
「こう近場で一時間くらいでカンカンカーンと行ってるとね…寝る暇ないな(ミスター)」w
第四の選択はミスターに引かせようかという話になり…思えばここで大泉さんが「ミスターどうでしょう」と言ったのがミスターの始まりなんだよね。
そして引いたところは…名寄。一度行った幌加内町を通って行くことになり、正に行ったり来たり。
第五の選択は…豊頃町。道南の遠いところ。


【テレビ:水曜どうでしょうClassic】(tvk)

HTB駐車場に「夢をありがとう!」の大看板。一度ピリオドを打つ、といいつつも相変わらず企画の内容は知らされていない大泉さん。
原付ベトナム縦断ハノイ→ホーチミン1,800kmの旅、と告げられるや駐車場に寝転がる大泉さん。
ベトナムは社会主義国だというので、政府の公安(+通訳)がついてくるという。
ベトナムにつき、ホテルの窓から外の交通事情を眺めてみるとそこには無茶運転のカブだらけという物凄い惨状が…そこを走るわけだわな…

【テレビ:お茶の水ハカセ】
肌の特集。青色になってしまうとか、MJみたく白くなっちゃうとか。肌が青い人はアバターみたいだ。
猛毒のボツリヌス菌を注射するとシワが取れるんだとか。怖っっっ!!
もうひとつの特集は190kgからのダイエットを決意した女性の話。彼氏にDVされて過食に走っちゃうっていうのはちょっとかわいそうだなあ。結果は次週に持ち越し。

【テレビ:木下部長とボク】
部署がまるまる屋上に移されてしまった木下部。雨の時とかどうするんだろうって感じだが、木下部長は普通に座る。残りの連中も(木下乗っ取り組二人を除き)席に座ることに。しかも雨対策には急場しのぎで傘二個支給…
取引先の専務に松ちゃんが。ズラだしw
木下部長はタバコのお釣り500円玉を渡し、「取引先に電話して残業してる人捕まえてラーメン食べに行け」と命じて先に帰ってしまう。
ところがそのラーメン店は松ちゃんのやってる店だった。
どこまでもシュールな世界が続くドラマだ。いや、面白いんだけどね。

【テレビ:ピタゴラスイッチ】
電柱って空洞になってるんだね。知らなかった。
アルゴリズム行進は水族館の皆さんと一緒。水槽の直前でやってるものだからイルカが鼻先を出したりしてるw


|

« 「ユリイカ 11月臨時増刊号 特集-荒木飛呂彦―鋼鉄の魂は走り続ける」 | トップページ | 「精霊の守り人 3」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

松ちゃんと板尾さんが二人でラーメン屋の厨房でやりとりするシーンは絶対にコントのつもりでやってたんじゃないかと思うわ。shine

投稿: 東京小町 | 2010年1月22日 (金) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ユリイカ 11月臨時増刊号 特集-荒木飛呂彦―鋼鉄の魂は走り続ける」 | トップページ | 「精霊の守り人 3」 »