« 2010-05-07 | トップページ | 評決のとき »

2010年5月 8日 (土)

PLAY BOY 2004.4 No.350

Weed7633img335x4331275958851jppiyj1

 写真は見つからんかった。見つかったので載せてみました。
 オクで落としたのだが、特集と内容は以下の通り。

[総力特集]オトコが住みたい夢の家
 安藤忠雄vsフランク・ゲーリー プレイボーイの家を共作する

PB Interview キーファー・サザーランド ノラ・ジョーンズ 松井稼頭央

Features アカデミー賞の仰天事実30

 表紙はアンディ。目当てはキーファーさんのインタビュー。

 2004年当時は「24」でいうとSeason3。でもまだ終わってないっぽい。結末は自分も知らんと言っている。

 かいつまんで内容を書くと

・大学も出てないし、あっちこっちの高校を転々としたけど合うところがなかった
・親父が俳優だってことを知らずに、家にあった映画を見て感動した、それで俳優になりたいと言った
・ジュリア・ロバーツとの婚約破棄は、「プリティ・ウーマン」の成功が原因っぽい
・二回結婚したからもう結婚はうんざり
・スピルバーグの「世にも不思議なアメージング・ストーリー」に出れたことはオーディションで超有利になった
・牛を育てるのか、俳優になるか迷った時期がある
・18歳くらいの時ドラッグにはまっていた
・一人で生活するようになって料理学校に通い始めた
・86年頃、ロバート・ダウニー・Jrやサラ・ジェシカ・パーカーなどと共同生活を始めた
・911の時、「俺は何をやっているんだ」という無力感に襲われたが、ファンに「あんたのドラマ面白い」と言われた
・「テイキング・ライブス」で共演したアンジェリーナ・ジョリーは既にその頃に慈善活動をしていたようだ
・いい大人になるまでは結構喧嘩もしてた模様。まあ今もか…
・LAでどこかへ行こうとすると最低でも車で45分はかかるらしい…
・LAでの移動は地下鉄でするらしい。バレる時もあるがうまくかわす

 まあ2004年時点のお話なので、今は変わっていることもあるかもしれんけどね。
 にしても訳し方がワイルド路線というか、そういう口調になってるのはどうしてなんだろうと思った。最近のインタビューがあればいいんだけどねー。まあSeason8がリリースになった時に探してみよう。

 インタビュー記事としては分量も多くて面白かった。「Cut」買わなくて大正解。

|

« 2010-05-07 | トップページ | 評決のとき »

24-TwentyFour-」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010-05-07 | トップページ | 評決のとき »