« 再会の街で | トップページ | 2010-05-11 »

2010年5月11日 (火)

カルロス・バーナードさん

 といえば、「24」ではお馴染みのこの方。トニー・アルメイダさんをやってらっしゃる方ですな。
326ee7c5

 ただ、Wikidediaの情報がすっかすかなのであっちこっちから情報寄せ集めたいと思います。

 本名Carlos Bernard Papierski。キーファーさんみたいに馬鹿長くはないみたいです。
 生年月日、1962年10月12日ってことはキーファーさんより四つ年上ですね。
 出身はイリノイ州エバンストン。父親はポーランド人、母親はスペイン系。
 キーファーさんと違って学歴は高く、イリノイ州立大学出てますね。卒業後、舞台俳優としてキャリアをスタートさせたみたいです。

 2003年、ピープル誌の「もっとも美しい50人」の1人に選ばれる。
 『24』で共演しているミシェル役のレイコ・エイルスワースとは同じ病院で生まれた。
 女優のシャリース・ベイカー=バーナードと結婚し、娘が一人いる。

 …ここまでですよWikipedia!! なので他のページからも引っ張ってきます。

 まずは奥さんとの2ショット。

Carlosbernard58thannualprimetimeemm

 シネマトゥデイのインタビュー。

Q:「24」シーズン4の撮影はいかがでしたか?
撮影は無事に終わったよ。だからDVDで発売されるのさ。アメリカじゃシーズン5の撮影が始まったところ。撮影はとっても 順調にいってるよ。
Q:
シーズン1で初めて脚本を渡された時、あなたの目にはトニーはどんなキャラクターに映りましたか? 悪者? それともいい人間だと思いました?
悪いヤツだとは思わなかったね。ほかのみんなはそう思ったみたいだけど。僕の母親も悪いヤツだと思っていたし。でも、僕には そうは映らなかった。彼はただ、自分に与えられた仕事を忠実にこなしているだけじゃないかと思っていたよ。むしろほかの人よりもきちんと仕事をしようとし ているだけだったんじゃないかな。
Q:
脚本は撮影のどのくらい前に配られるんですか?
1話を撮影する2週間半くらい前かな。
Q:
1 話ごとの脚本を読むのは怖くないですか?
僕が怖いかって? 最初のシーズンは、なんというか……不安もあった けど、だんだん「死ぬときゃ、死ぬんだ」っていう気持ちを学習していくんだ。今までいろいろな俳優が参加したけど、初めてやってきた俳優はみんなメイクのトレイラーに行くんだ。っていうのも、メイクのスタッフが一番早く脚本を手にするから。だから、みんなメイクのトレイラーまで走っていって、こっそり脚本を読むのさ(笑)。でも、最後まで読むと、大抵みんな生き残っているんだけどね。
Q:
大ヒットしてからは、ロケの時の食事が豪華になったりしませんでしたか?
食べ物は変わらずおいしいよ。正直、このドラマのご飯はかなりおいしいんだ。去年のことなんだ けど、始めほうのいくつかのエピソードの撮影中だけ、いきなりいつものケータリング(ロケのご飯を担当する人たち)が変わったんだ。それが本当に最悪だっ た……。みんなで「いつものコックさんはどこいったんだー?」って騒いだら、最終的に元のケータリング会社に戻って、みんなハッピーになれたよ(笑)。
Q:
カルロスさんと話していると、とてもハンサムで、おしゃれな方なんですが、「24」ではひげもぼうぼうだし服も……。
あいつの服のセンス最悪だろ(笑)。青、グレー、 黒……。まあ、「このドラマのトニーにピッタリなのはこれかな?」って思って、あの服を選んだのは自分だから誰も責めることはできないけど、一番キツイのは一度そうやって選んだダッサい服を10か月もの間着続けなきゃいけないってこと。このドラマは「24」だから1日の話だろ? だから、服を変えることは許されないんだ。まあ、多少ちょこちょこ変化をつけることはできるとしてもね。
Q:
主演のキーファー・サザーランドとはよく話をしますか?
キーファー? 彼についてはあまり話すことはないね。彼のことはあまり好きじゃないから。
Q:
あ……。すみません!

大爆笑)。嘘だよ。キーファーはいいヤツだよ! よく一緒に楽しく遊んでいるよ。きみいま、心臓が止まりそうになっただろ! やったね!
Q:
CTUの男たちは、よく仕事が愛かの選択を迫られますが、 あなたはどちらを選ぶタイプですか?
僕は、「愛する仕事」を選ぶね。なんて、僕が何言ってんのか分かんない!  って顔しているね(笑)。うそ、うそ。
Q:
とても美しい奥さんがいらっしゃるので、すぐに「妻」と答えるんだと思っていました。
もちろん。「愛する妻」さ。仕事だなんて、冗談だよ(笑)。
Q:
歩いていると街中で、こんな風に次のエピソードについていきなり聞かれたりしませんか?
もちろんさ。でも、誰にも何も言わないんだ。
Q:
出演者にも?
出演者とはよく話すよ。でも、家族には言っていない。それに、みんな知りたくないはずさ。僕に、道で次のエピソードについて聞くヤツはたくさんいるけど、みんな ホントは知りたくないのさ。きみは知りたい? 知りたいんだったら、そのレコーダーを止めたら言ってあげるよ。
Q:
いや、やっぱりいいです。
だろー! ? ほらやっぱり知りたくないのさ。

 てな感じ。この人結構終始ジョーク言うような人なので、インタビューでも見事やらかしてくれてますね。
 にしても、「24」にはスタイリストっていないんですかね。出演者が自分で着る服を選ぶシステムなんでしょうか…
 インタビュー時の画像はこちら。
A000093311

 初映画出演作は「Killing Jar, The」'96 邦題は「推定殺人者」です。そこでメイソン演じるサンダーとも共演をしています。

 「24」のトニー・アルメイダ役で日本でもおなじみとなったカルロス・バーナードが、現在、アメリカでシーズン3がオンエア中の「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」で2月25日の放送回(第15話)にゲスト出演をしました。
 カルロスが扮したのは、誘拐団のリーダーでアルゼンチン人のゲイブリエル。必要なら殺人も厭わないという凶悪犯でありながら、協力者となるフィオナと心を通わせるというキャラクターだそうです。

 新しいドラマ「Scoundrels」でのカルロスの姿がようやく拝めたのですが、これまた全然イメージ違うわ。
Clabcs_2

ってか、髪の毛・・やはり坊主効果なのでせうか? クリクリがマイルドになっている感じです(笑) 「24」では、撃たれて手術の時とか、爆破でベットの時とかクリクリが強化されていたので、もしかしたら寝ている場面とかがあったらクリクリになるかな(笑)
なんか、カワイイんですよ、クリクリのカルロスって。

 日本では未発売ですが、「24」のゲームについてインタビューに答えているカルロスさん。(字幕つき)
http://www.youtube.com/watch?v=F70paaNMxs8&feature=youtube_gdata

 日本で「24」のスロットがでた時の画像。このスロットはえらくつまんなかったらしいね。
Tonyslot

 フィルモグラフィーが見つかった。
2008年 エイリアン・レイダース / Alien Raiders
2006年 合衆国壊滅 II/再襲来!M(マグニチュード)10.5 / 10.5: Apocalypse
1999年 バビロン5: ア・コール・トゥー・アームズ(原題) / Babylon 5: A Call to Arms
1996年 推定殺人者 / The Killing Jar

 とても微妙(らしい)な映画「エイリアン・レイダース」。楽天にもamazonにもあったよ。

 私のレビューはこちら。
 同じ業者じゃなくてすまぬが、こっちもあった。


 私のレビューはこちら。
 ちなみにこの二つは楽天レンタルにあった。予約リストに入れちったw
 下の二つは日本国内ではDVD化されていないっぽい。

 テレビの出演情報。
2007年 バーン・ノーティス / Burn Notice (USA)
 シーズン3の15話『Good Intentions』 (2010/02/25) ゲスト出演!
1993 年 炎のテキサス・レンジャー / Walker, Texas Ranger (CBS)
 シーズン9の20話『Without a Sound』 (2001/04/28) にてゲスト出演!
1991年 絹の疑惑 シルク・ストーキング / Silk Stalkings (USA)
 シーズン6の18話『Pink Elephants』 (1997/04/13) にてゲスト出演

 拾えるのはこれくらいが限界かな。最後に「24」上の設定を書いておく。

トニー・アルメイダ
出身地:イリノイ州シカゴ
学歴:スタンフォード大学 情報科学学士号/サンディエゴ州立大学 工学、情報科学学士号
軍歴:
・アメリカ海兵隊 中尉
・偵察狙撃兵過程(代海兵師団)
・攻撃目標監視小隊過程(第一海兵師団)
経歴:
・トランスメタ・コーポレーション システム妥当性検証アナリスト
・CTUロサンゼルス支局副支部長
・CTUロサンゼルス支局チーフ

 軍隊の後に民間企業でアナリストをしてたんだね。そう考えるとCTUでのトニーの能力(そこそこ分析もできて表にも出られる)は納得だね。

|

« 再会の街で | トップページ | 2010-05-11 »

24-TwentyFour-」カテゴリの記事

小町オススメ!」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再会の街で | トップページ | 2010-05-11 »