« 2010-06-01 | トップページ | インビンシブル »

2010年6月 2日 (水)

MovieStar 2006.11 Vol.141

Ms141bns
 ↑昔の雑誌なのでアフェリではなく単なる画像です。

 ブクオフをあさっていたら出てきたので105円で買ってきました。他にプリズン・ブレイク(まあそのうち見る予定なので)、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、ヒュー・ジャックマン、金城武、キアヌ・リーブスと嫌いな俳優(まあ私嫌いな俳優ってあんまいなくて、好きか無関心なんだけど)がいなかったので買ってみました。ちなみにこの頃の24は日本ではSeason5です。

 キーファーさんのインタビューで気になったことを箇条書きで。
・イギリスとカナダのパスポートは持っているけど、アメリカのパスポートは持ってない
・俳優として必要なことはだいたい父(ドナルド・サザーランド)に教わった
・「センチネル陰謀の星条旗」の主人公は(規律を守る守らないの点で)ジャックとはまるで正反対。この映画に出たのはマイケル・ダクラスが共演者だったから
・「24」のSeason1は制作総指揮の人が少し前に見た中国映画二本が元になっている。そのうちの一つが分割画面を使っていた
・「センチネル陰謀の星条旗」では妻のシーンがカットされてしまった
・ロバート・ダウニー・Jr、サラ・ジェシカ・パーカーと同居してた時が一番楽しかった
・ディスカバリーチャンネルの番組「9.11 抵抗のフライト」でナレーションをしたが、日航機墜落事故の乗客を思い出した

 イギリスのラジオ番組に出演した際の写真。右側の人はラジオのパーソナリティ。にしても何故真顔?
Ca3a0482_2

ヒュー・ジャックマンの話もちょっと面白かったので。
・極度の近視でコンタクトは必需品。
・身長:約188センチ
・体重:自由自在に変えられる(!!)
・「X-MEN」シリーズでのあまりのムキムキ振りに「ステロイド接種疑惑」が浮上したが本人が否定。朝は4時に起きてヘヴィメタ聴きながら雄叫びを上げてウエイトリフティングに励んだそうな
・姉の旦那さんがダブルスタントを務めている
・原作(コミック)でのウルヴァリンは身長が160cmしかないため、撮影では他の俳優を箱の上に立たせてヒューを小さく見せている
・ヴァン・ヘルシングでクルーに、長髪のヒューは四人目のチャーリーズ・エンジェルみたいだって言われたらしいw

ついでにキアヌさんの分も。
・リバー(・フェニックス)は特筆すべきアーティストだったし、実に素晴らしい人間だった。彼のことは日々恋しく思う
・俺の身体には父から受け継いだ中国の血が1/4流れてるから、仏教に対して自然に興味が湧いてくる
・超有名にはなりたくない。そうなったら悲惨だろうな
・最初の脚本は「ダイ・ハード」にそっくりで、台詞に何の魅力も感じなかった。僕はもっとオリジナリティが出せると思ったから、それで書き直してもらった(「スピード」について)
・人間の「慢心」が描かれているのがこの作品の面白いところ(「マトリックス」について)
・隠匿生活。これこそ人間が楽しみにすべきものだ。映画の編集がすっかり終わって暖かいビーチでリラックスするんだ

 公園のベンチでお昼食べちゃうようなキアヌさんらしいコメントだと思いました…

|

« 2010-06-01 | トップページ | インビンシブル »

24-TwentyFour-」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010-06-01 | トップページ | インビンシブル »