« 今敏さん | トップページ | 2010-08-25 »

2010年8月25日 (水)

THE BIG ISSUE 2005.10.1 36号

Pic_cover36s←単なる画像です。

 ビッグイシュー。ご存知でしょうか。
 働いていると知っているかな、ホームレス自立支援のための雑誌です。
 この雑誌は200円で販売していて、うち110円が雑誌販売者の収入になる、というもの。(今は300円で160円が販売者の収入。私が買ったのはバックナンバーだったので安かった模様)
 販売するには登録が必要で、売ってる人は首からIDを下げています。そうしないと、買った人がまた売っちゃいますからね。

 いや、見かける度に「買おうかな…」とは思うんですけどね、イマイチ勇気が出なくて。
 くだらないマンガ買うよりはずっといい行いだと分かってはいるんですが。

 でもこれは表紙のユアンに一目惚れして買ってしまいましたw

 でもこの雑誌すごいですよ。二倍はするC●Tとか買うよりは全然記事が濃いです。ユアンの記事も、写真入り(ページの2/3くらいが一枚)とはいえ、見開き2ページだーっと文字ばっかりですからね。

 タイミング的には「アイランド」をやってた時期ですね。「インディペンデンス・デイ」みたいな映画に出るくらいなら銃で頭を打ち抜いた方がマシ、とまで公言していたユアンがなんでスター・ウォーズとかマイケル・ベイの映画に出てるのよ、というお話から始まって、バイクで大陸横断の話も出てきました。

 確かに言ってましたね、ユアン。(一本鉛筆を取り出して)「こんなものでも莫大な宣伝費をかければ大ヒットしちまうんだぜ」って。(ついでに故キューブリックのことを「ファッキン・アニマル」扱いしてましたが…) これはまあ、あのクソでかい某雑誌C●Tの記事だったんですが。

 あと内容が同じかどうか分からないんですが、1Pユアンの記事で丸々英語のものがありました。日本在住の海外の人のためなのかなあ。

 あと大きな特集として「アジア、マンガ事情」。表紙も入れると9Pも割いています。

 最初はタイの漫画家、ウィスット・ポンニミットさんについて。初めて読んだマンガは「ドラえもん」だそうです。しかも海賊版w タイ自体、マンガ文化がそんなに根付いてないようなんですね。で、留学してから自費出版でマンガを出して、よしもとばななの本の表紙絵を描くまでになるっていう。
 今抱いている将来の夢は? という質問に対しては「映画をつくりたい、という気持ちもあるが、ぜったい宮崎駿さんには負けるからなぁ」と笑う。
 「アニメと音楽を融合したようなライブを続けて行きたい」とのこと。実際に大阪でイベントも行われたらしい。
 オフィシャルサイトは以下。

wisut ponnimit web

 お次は京都の精華大学で美術研究家ストーリーマンガ専攻のアジア人留学生5人による座談会。

 面白かったところを抜粋すると、

・台湾では芸術を学べる高校が3校しかなくて。勿論漫画を学べる大学なんてない。ちょうと精華大のマンガ学科の情報を知って、これしかないと思いましたね。(台湾)

・とにかく日本の漫画は、自由。日本の漫画には、描かれないテーマがないといわれるほど多様ですね。(韓国)

・彼女の読者でほんとにちゃんと本を買っている人は全体の20%ぐらいでした。あとは、みんなインターネット。死に物狂いで描いて、病気になっても病院に行くお金がないって感じですから。(韓国)

・2年ほど前にも、才能ある人気作家が、漫画はお金にならないからこれ以上描けない、とメディアを通じて訴えたんですけど、やめるのを誰も止めなかった。外国の漫画がたくさんあるからいいという風潮で、それを見た時はとても悲しかったですね。(韓国)

・漫画家が"センセイ"なんて呼ばれるのは日本だけですよね。韓国じゃ、せいぜい"この人”程度で、大事にされないですから。

 面白いというか…なんだか韓国漫画家残酷物語、な感じになってしまいましたが、、その後は台湾や韓国でお勧めの作家などを紹介したり。

 韓国では漫画離れが起こっていて、先にインターネットで公開して、人気が出た作品を本にする、ということがあるらしいです。2005年の話ですよ、これ。どうなんでしょう…。

 とはいえ、日本も『週刊少年ジャンプ』の発行部数は最盛期の650万部から300万部にまで落ち込んでいるそうです。「携帯電話の普及などを割り引いても、このままでは日本も新しい漫画家が育ちにくい環境に向かうのではないかという危機感をより強くしている、と語る日本の漫画の専門家もいます。

 他には、私のようにビッグイシューを初めて購入した読者からの感想、映画記事、女性シンガーのインタビュー、5コマ(w)漫画、テレビに関するコラム、などなど内容盛りだくさん。

 値段の割にはいい雑誌だと思いました。まあ特集にもよりますが。
 オフィシャルサイトに行くと、どこで売っているかも分かります。興味がある方は是非。

ビッグイシュー日本版|BIGISSUE JAPAN

 ちなみにバックナンバーの販売もしていますが、このユアンの号は売り切れだそうです。なので路上で売ってる人が持っていればそこから買えるかもしれませんね。私は運が良かったってことですね。

|

« 今敏さん | トップページ | 2010-08-25 »

小町オススメ!」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今敏さん | トップページ | 2010-08-25 »