« イーオン・フラックス | トップページ | 2010-10-15 »

2010年10月16日 (土)

蒲田行進曲

 私、一時期池上に住んでいたことがあって、その時は京浜東北線を通勤に使っておりました。ので蒲田行進曲はほぼ毎日のように聞いてたんですが、最近めっきり聞きませんねえ。
 陸の孤島馬込ですから…

 ということで所要を済ませにバスで蒲田まで行ってきました。電車使うと馬込からは割高なんですよね。だいたいまず五反田に出なきゃいけないし。西大井までチャリとか大井町までチャリとか裏技がないこともないんですがね…

 まず最初はコンタクト屋さんに行ってカラーコンタクトを購入すること。一応電話で問い合わせはしておいたので、要領はだいたい分かってました。
 私は眼鏡好きのくせに眼鏡を必要としない(普段はだいたい眼鏡してますけどね。UVカットの目的で)ので、コンタクトもしたことないです。
 目にあんなもん張りつけるなんてできるんだろうか…と不安を抱えながら行ってみました。

 まず最初に基本的なところとして検査をします。隣が眼科っていう何というロケーションw 機械で目を覗かれたり、普通の視力検査をしたりしてまあ問題ナシ(=矯正の必要なし)という結果に。まあこれは毎日の生活で私が一番わかってることですが。

 で、いよいよ試着となりましたが、二色くらいから選んでくれっつーんで、買う予定の青と緑にしてみました。店員の人につけてもらったんですが、「地面を見てください」とか言われてまばたきしてみると目の前の私(=鏡に映ってる私)がおお! 碧眼に!
 反対もつけてみます。こちらは緑なのであんまりハッキリ色身が出ない感じですね。でも明らかに緑であることはわかります。オッドアイだ! とか思って写真撮りたかったんですが自粛しました。(だから弟にオタク呼ばわりされんだよ)

 その後外してもらって、今度は自分でチャレンジ。つけるのはまあともかく、外すのが難しいですね。なかなかつかめなくて。完全透明のコンタクトレンズ使ってる人は本当にすごいと思いますよ。目も悪いだろうにw

 つけても視界は変わりません。ただやっぱり異物感はありますが、そのうち慣れるとのこと。つける時間を短いところから始めて行って、最高は10時間とのこと。まあそんだけありゃあ十分ですが。

 検査・試着代は1,600円。これは取られると思ってなかったので「チッ」とか思いつつも払いました。保険証いらないってことは適用外ってことですな。

 度なしカラコンはメーカーからの取り寄せなので、明日届くと言われてしまいました。ケア用品も含めて11,000円程度を支払って、引換券を貰ってこの件は終了。

 お昼どうしようかなー、と思っていたら「そういえば工学院がリニューアルしてものすごいことになってたって大統領(注:母)が言ってたな」と思いだして工学院に行ってきました。
 ちなみに私は工学院の出身ではありません。同じくらい歴史ある専門学校ですけどね。池袋の…っていうともうあそこしかないでしょ、業界の専門卒の人。

 丁度お昼タイムで学食は賑わってました。メニューを見て、カツ丼にすることに。載せるカツをどうも1から作ってたようでえらい待たされました。写真はこちら

 それからカラオケの鉄人に行きたいのをスルーしてこれまたすっかり綺麗になった蒲田グランデュオへ。つか何でここだけアトレじゃないんでしょうね。すっごい不満なんですけど。行く頻度も低いので、カード作る気にもなれないし。
 無印に行くも特に買うものナシ、とか思っていたら臨時か常設か知りませんがミッフィーショップが。かわええ…と癒されながらも、有り金全部持ってかれる気がして速攻で立ち去りました。

 ここのM2F(中二階)にはツタヤがあります。前に渋谷のツタヤで探して結局見つからなかった「海外ドラマトランス」を探そうと印刷するも、「店員に聞いてください」との文言。しょうがないので店員さんに聞いたらいろんなところを探してくれました。が、私も無尽蔵に時間があるわけではないので、探して結果を電話してくれと言い伝えてグランデュオの上の階に行きました。
 オクで落とした本(勿論24絡み)があって、郵便振込をしたかったのですが、今朝の段階では相手が口座番号を教えてきてませんでした。が、携帯でチェックしたら送られてきており、東急プラザの中にATMがあることが分かったので、連絡通路を通って東急プラザのATMで無事入金。入金した旨も携帯から送信。

 この辺りで携帯に電話がかかってきて、先程のツタヤの店員さんでした。どうもタイトルが違っていたようで、見つかったとのこと。取り置きをお願いしてユニクロへ。


 多分渋谷も同じ理由だろうなーと思うんですが、そこまで私が教えてやる義理もないか、と思って何もしないことにしました。ちなみに聴いてみましたが、限りなくユーロビートに近いトランスで、あんまり私の好みじゃなかったっす。24に関していえば、左側サイドバーにも入れている日本語版サントラにオマケでついてくる曲の方がよっぽどいいです。(ジャックの喋りもサンプリングされてますしね)

 今私が持っているユニクロの上着と、ミニスカートがあるんですが、同じシリーズ(つまり上下で着れる)なのに色が違うんですよ。(無意識に両方買って、後から気付いた)なのでそのスカートの上着と同じ色を探していたのですが、安売りワゴンの中にありましたよ! 見事ゲットです。今まで履いていたやつは、明日また蒲田に行った時にリサイクルとして出そうと思います。

 用事がひととおり済んだので、京急蒲田へ。駅はこんなことになってました。
 で、駅構内の案内がこれなんですが、実際には高架が二階建てなので三階が存在するんですね。でもそこは階段も上がれないようになってました。
 何に使ってるのか? というのは羽田から折り返しのエアポート快特に乗った時分かりました。羽田から品川へ向かう時、三階部分を通るんです。勿論エアポート快特は蒲田スルーですから、ホームに人が入ることもありません。
 ちなみにまだ開業してない国際線駅は、あかりがついていて広いきれいな駅でしたよ。きっと開業すると乗り鉄が殺到するんでしょうなあ…(乗り鉄は駅を制覇することが目的の人もいるから)

 帰りの景色もめっきり変わりましたね。私昔雑色に住んでたことあるんですけど、きっともう雑色も高架の駅になっているでしょうね。
 梅屋敷、大森町は既に高架化されていました。(次の平和島からは既に前から高架化されている)
 そうそう、平和島といえば腐女子に大人気の某ライトノベルの登場人物の苗字ですが、実際の平和島駅に行ったところで何もありませんよ。少し歩くと、ドンキとか映画館が入っている複合施設があります。隣は競艇場です。なので、下手にバスに乗ると臭いオヤジどものすくつの中にすし詰めにされますので女子の方においては十分お気をつけくださいませ。JR大森駅から出ているバスにも罠がありますよ。
 それから、ここから先はググってくださいですが、「平和島」の名前の理由は結構忌まわしいものです。私は見ず知らずの人からそう聞かされて後から裏を取ったんですけどね。極端なネーミングだなあと思いましたけど。まあ願いが込められているんだろうな、と。

 一応コミケに受かったら出す予定の新刊「BODY WILD」は登場人物の苗字が全部鉄道関係(主に京急)なんですが、平和島を使うことは前から考えてなかったですねえ。でももう空港線は国際ターミナル駅以外は使い切ったし、安針塚とか屏風ヶ浦も出てきますからね。もう何でもアリですよ。ちなみに主人公は品川ですが。
 お笑い芸人から取ったと思われたくはないですね。第一あいつら地元は大森らしいじゃないですか。だから駅名じゃなくて区名を取ってるんでしょうね。まああんまり面白くないんで好きじゃないですけど品川庄司。

 話がそれましたが、蒲田をスルーするという、蒲田中のヤクザを敵にまわしそうな英断をよくやってのけたものです。そんなにまでしてモノレール(っつーかJR)に勝ちたいか、勝ちたいでしょうねえw
 運転は遅くて不満でしたが、駅に止まらない分やっぱり速かったです。一瞬このまま成田まで行ってやろうかという悪魔のささやきが聞こえましたが、老体にムチ打つのはやめて素直に泉岳寺で乗り換えました。

 家に帰るといくつも荷物が届いており、米アマからやっと「セブン」と「マトリックス」のBDが来ました。一応再生ちゃんとできるか、日本語が入っているか確かめたのですがバッチリでした。BDって勝手に機械の国を認識するみたいですね。こちらが何もせずとも、勝手に日本語のメニューが出ましたよ。

 amazonのフォーラムを覗くと、UKアマゾンが(BD)安いみたいな話がされていて見に行ったんですが、あんまりラインナップよくなかったですね。同じ英語だから米で買えってこと? とか思ってしまいましたが。

 明日はまた蒲田に行ってコンタクトの受取と、キンコーズによってちょっと相談事をしてこようと思います。品川にするか大崎にするか迷ってるんですけどね。どっちも大差ないので。あ、それからツタヤにCDの返却だw

|

« イーオン・フラックス | トップページ | 2010-10-15 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イーオン・フラックス | トップページ | 2010-10-15 »