« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の65件の記事

2010年11月30日 (火)

2010-11-29

続きを読む "2010-11-29"

| | コメント (0)

2010年11月29日 (月)

BRIGHT LIGHTS,BIG CITY


 邦題は「再会の街 ブライトライツ・ビッグシティ」となっている。Goo映画にも載っていることから、日本公開はされたっぽい。
 上記のリンクであらすじの全部は読めるので、物語はまあだいたい分かるんだけど、やっぱり言ってる事が分かんないと何もクるものがないというか、「ふ~ん…」程度の印象になってしまうんだよね。バック・トウ・ザ・フューチャーにあやかって、こちらも日本語版を出して欲しいんだけどなあ。

 Wikipediaによれば珍しくシリアスな演技してるマイケル・J・フォックスって書かれてるしねえ。シリアスっていうか、母ちゃん死んじゃうわ嫁さんには逃げられるわで終始やさぐれてるだけなんだけどね。

 で、我らがキーファー・サザーランドさんは何の役かというとこの主人公の友達で、そのやさぐれっぷりに見かねていとこを紹介してくれるっていう。多分他のこともいろいろやってると思うんだけど(確か麻薬あげてたような気もする)、何分英語が分かりませんので分かりませんでした。出番は結構多い。

Brightlightsbigcitythumb560xauto2_2

 で、調べてみたらマイケル・J・フォックスって1961年生まれなんですよ。てことは、66年生まれのキーファーさんより5歳も年上ってことになるんですね。それでこの童顔、身長差ですよ。キーファーさんだってアメリカ人(ホントはカナダ人だけど)にしてはたいして背が高くない方なのに、それと頭半分違うってことは170ないんじゃないか? って感じですな。

Peliculas3700imagen1

 ま、こっちはちょっと修正入ってるだろうけどキーファーさんが若いですな。時系列的には、ヤングガン、1969の後、レネゲイズの前になります。つってもピンと来ないあなたはこちらでも見てください。

 キーファーさんのこういった一見ちょっとアブなそうな怪しい役、というのは悪役じゃないだけマシだとは思いますけども、似合ってるのもまた事実w これの前のロストボーイとかモロ悪役ですからね。

 マイケル・J・フォックスは作家志望の編集者ですが、キーファーさんは作中、何の職業だかよく分からんのですが、どっかの会社に勤めてるのか経営してるのかどっちかであることは確かです。クラブでもスーツ姿で現れて非常に好ましいですね(私的に)。

 でもこういったヒューマンドラマはやっぱり台詞ないと駄目ですね。英語字幕出しても追い切れません。日本語版発売を切望しますね。

 で、(まあキーファーさんファンにはどうでもいいことですが)この映画でキーファーさんに紹介される女性役の人とマイケル・J・フォックスは実際結婚してるんですな。それもまたいい話だと思いますよ。

 たのみこむでもリクエストされています。皆様もご協力をばお願い致します。私は既に投票済みです。

| | コメント (0)

2010-11-28

続きを読む "2010-11-28"

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

AMERICAN MISFITS NEW BOSS


 多分TVのコメディ番組なんだと思う。22分しかない。
 パッケージに出てきてる二人に、社長?(エージェント?)とおぼしきキーファー・サザーランドさんが何やら毎回難題をつきつけてそれをやる、みたいなテイ。
 しかも結構新しい。どうして分かったかというとキーファーさんの毛のr…ゲフンゲフン、キーファーさんが右腕の内側に何だっけ、アイルランドかどっかの文字の刺青を入れてるから。ということは「24」のDAY5以降ということになる。リリース見ると確かに2008年となっている。

 基本的にミッションはスケボーが圧倒的に多いんだけど、その他にも水上スキーみたいな奴とかいろいろやってる。途中キーファーさんがスケボーやるところも出てくるんだけど圧倒的にヘタw つかやったことないんだろうね。乗馬か投げ縄にしときゃいいのに…

 キーファーさんが何故か空手着を着て日本の日の丸のハチマキして闘ってる動画があって、前からなんじゃこりゃと思ってたんだけど、あれはこの番組の一部を切り取ったもの。まあ最後のオチなんですけどね。

 22分しかないのもなんとなーく納得。スケボーのシーンは面白いんだけど、やっぱり技が似たか寄ったかだし、超プロって人がやっているわけでもないので結構失敗する。つまり見てると飽きるってこと。途中で打ち切りになったんじゃないかとか邪推したくもなる。

 ま、8$だしあんまり文句言っちゃいけないのかもしれませんけどね…
 ちなみにリージョン1かと思ったらオールリージョンなので、まあキーファーさんのコメディが見たい人は買ったらいいんじゃないでしょうか。私は何だか、もう二度と見ないような気がします…

| | コメント (0)

2010-11-27

続きを読む "2010-11-27"

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

2010-11-26

続きを読む "2010-11-26"

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

スカンク アンド ヒューゴ ムービーガイド


 ぴあで連載やってたらしい。編集者・コワダと、スカンク&ヒューゴという(推定アメリカ人の)(推定高校生以上の)二人の青年が、映画についてぐだぐだ語るという企画。
 ヒューゴは「むふふふふふ」と笑うのが口癖。スカンクのおじいちゃんは何だか知らないが映画マニア(しかも日本の特撮モノとかも何故か詳しい)で、一言間違ったことを言おうものには数時間の講釈が待っているらしい。

 しかし、ガキだからといって言わせたい放題。例えば直接映画とは関係ないんだけど、「世界の車窓から」の例えが出てきた時。

ヒューゴ 『世界の車窓から』みたいなもんだよね。
スカンク そうそう。あんなのさ、実際乗ったら汚いだけの電車だぜ。
ヒューゴ むふふふふふ。
スカンク 電車によっては絶対クサいぜ。もの凄くニオってそうじゃん。
ヒューゴ カメラマンが途中で「やってられっかよ!」ってきれたりして(笑)
スカンク きれたりしてね。ハエなんか平気でブンブン飛んじゃってさ。それが『世界の車窓から』っていった瞬間に、何もかもロマンチックに写るだろ? だから『世界の車窓から』の演出は素晴らしいし、人気もあるんだけどさ。

身も蓋もないw でも言ってる事はだいたいあってそう。

 そもそも何でこの本を買ったかというと、「24」が対象になってたからであって、どうくそみそ言われてるのかと思ったら、

スカンク もう途中でさ、「キム、何でもいいからおとなしくキャロルおばさんの家に行ってくれ」って懇願してたからね、オレは。

 そもそもSeasonI~IIIを一気見した(という設定)らしいんだけど、Iの時なんかほとんどキムの話してるからねw でも別に悪口ばかり書いているわけじゃない。

スカンク たしかにキムはパニックに陥る一般市民の象徴ってところはあるよね。例えばオレがああいう立場に立ったとして、キャロルおばさんのところに行けるかっていうと行けないよな、やっぱり。
ヒューゴ だから余計にイラつくんだけどね。
スカンク キムは番組を見ているオレら自身の投影だからね。シーズン1の対談でも言ったみたいに自分に対してイラつくんだよね、視聴者は。

 と、結構的を射たことを言っている。勿論スカンクとヒューゴは実在するわけじゃなく、どっかの大人が考えてるんだろうから当たり前だけど、こき下ろすための対談ではないし、褒めちぎるための対談でもないわけ。

 最近よく思うのが、映画レビュー書いてるサイトで点数(もしくは☆)つけてる人。アレ何なの? ファミ通じゃないんだからさ。
 映画って、役者の演技とか音楽とか演出とか脚本とかいろいろな要素があるわけじゃない。で、それのどれもこれもダメな映画ってあるわけ? とも思うんだよね。
 それを「点数」という数字だけで並列化しちゃうのってどうよ、単なる手抜きじゃね? とも思うわけですよ私は。

 勿論万人受けする映画なんてそうそうあるもんじゃない。だから私はよく~の人にはオススメ、とか~な人は見なくて良し、とか書くけどそれはそういうこと。

 だから点数つける人はさ、その人的に50点だったりするわけでしょ。だったら自分のツボ・非ツボをあらかじめ提示した上でその点数をつけるべきだよね。点数だけだと何がどうなのかさっぱり分からない。
 あとつまんなかったらわざわざ書くなよとも言いたい。そりゃあんたはつまんなかったかもしれないけど、他の人には分からないじゃん。でなかったら、つまんなかった理由を全部列挙して欲しいね。そこまでやる気がないんだったら、映画レビューなんてやるべきじゃない。今北産業で済ます人もいるけどさ、そんなのそれこそTwitterで呟いてりゃいいじゃん。

 あとこれはついったでも書いたけど、
「ミラーズ」に関して「ジャック・バウアーにしか見えない」って書くの禁止な。
 プロもそう書くから困るよな。もう一度24のDAY1から見直してみろよと言いたい。本気でジャックがこの状況に置かれたら、もっと違う行動すると思うしね。(だいたい霊的なものを怖がるか、気付くかどうかすら怪しいw 霊感なさそうじゃん、あの人w)
 同じ人、ほぼ同じ見た目(「24」の撮影中だから変えられなかったんだろう)だから無理もないことだと思うけどさー。他に書くことあるでしょ。

 まあそういう人はヒューゴとスカンクを見習ってほしいね。まあ基本雑誌の連載だから、コキ下すことはできないんだろうけど、こき下ろしを見て喜ぶのは全く同じ感想を抱いた人だけだってことをブログ書く人はよく心に留めておいた方がいいと思うよ。

 あと、この本にはSWEP1~6ぶっ通し企画もあるので、そちらのファンにもおすすめしたい。勿論ヒューゴとスカンクはCGがどうのこうの、なんてくだらないことは言ってませんよ。

| | コメント (0)

2010-11-25

続きを読む "2010-11-25"

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第十六話(07:00~08:00)

  • 「くそっ!」それはジャックの台詞だヘイスティングス!
  • コール、死ぬなよ~
  • かわいそうなコール…
  • ハイパージャックタイムか?
  • 「カチッannoy」案の定w 首絞めてます。
  • あぁ…リーブ21の一糸乱れもしなかった髪の毛が…
  • なるほど、お知り合いなんですね
  • 大統領とイーサン、できてるようにも見えるな
  • 「ボディーラインばっかじゃなく」アーロwwwww
  • カワイソウなコール…(2回目)
  • 本心では行って欲しくはないのにルネたんを加えるってホント現場主義ねー
  • あー、リーブ21…
  • このシーズン初のサイレントクロックですな

 続き(というか最後)は来週以降!!

| | コメント (0)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第十五話(06:00~07:00)

  • 何か「たまにはNYらしい景色も出しとかないとね☆」的な1カットだなあ
  • 本当の裏切り者って…あ、そういうイミじゃないか。
  • やっと電話してもらえたね☆イーサン
  • おお、世界のブランド・G-SHOCK。
  • 一応約束は守るのね。
  • ジャックwww 無茶しすぎwwww
  • うちの大統領からTEL来たよ。
  • 平然と車盗むなジャックwww(ヒュンダイの車なんてそうそうアメリカ走ってないと思うけど。トヨタがスポンサーの時はよかったなあ)
  • リーブ21vsフランケン
  • 無茶言うなあテイラー。
  • アーロvsデイナ
  • アーロ! 後ろ後ろ!!

| | コメント (0)

2010-11-24

続きを読む "2010-11-24"

| | コメント (0)

2010年11月24日 (水)

2010-11-23

続きを読む "2010-11-23"

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

(東方神起)ジュンス、ユチョン、ジェジュンのTwitterアカウント

 大統領情報です。まあファンの方ならば先刻承知なんでしょうが。

ジュンス
・http://twitter.com/0101xiahjunsu/(これはPost数が少ない)
・http://twitter.com/0101xiahtic/(こっちがメインっぽい)

・ジェジュン
http://twitter.com/mjjeje/(たまに日本語で書いてくれる)

・ユチョン
http://twitter.com/6002theMicky/(変な動画とか載せてるw)

| | コメント (0)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第十四話(05:00~06:00)

  • 被弾しても内臓は平気なジャックさん(まあ防弾チョッキ着てたしね)
  • 「何なりと」似合うなジャック。「喜んで!」とかも似合いそうw
  • イマイチ味方か敵かわからん>フランケン
  • イーサンvs補佐官
  • 相変わらずタカ派なテイラー
  • 補佐官はなんだかんだ大統領寄り…じゃねえな
  • イーサン! 死んじゃイヤー!
  • さすが鋭いですなジャックさん
  • 補佐官vsジャック
  • 強いねー、これリーブ21側の女の人?
  • カッコイイ! リーブ21!
  • あー、フランケン…やっちまった…

| | コメント (0)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第十三話(04:00~05:00)

 一応説明しときますが、
リーブ21=ハッサン大統領
フランケンシュタイン=ハッサン大統領の側近にして娘の彼氏で裏切ってた人
です。ルネたんは分かりますよね。

  • ヘイスティングス弱いなあ。ビルとブキャナン(注:同一人物です)だったら屈しないぞ
  • フランケン、リーブ21の娘にはフラれるよね
  • 四方八方からww
  • お、ハイパージャックタイムか?
  • 有名っすねー、ジャックさんは…
  • クロエはいろんな人と対立してて大変だなー
  • 「何でジャックが出てくんの」超KYwww アーロ最高だwwwww
  • ルネたん復帰! ジャックの部屋にいたのね。
  • ハイパークロエたんタイム!!
  • みんなどんどんたくましくなるなあ
  • せっかちはよくないですなあ
  • つーか、コール以外ジャックのいうこときかないよね…
  • リーブ21の髪型は毎回キッチリしてるなあ
  • 入った途端ヘイスティングス撃たれんじゃね?
  • ヘイスティングス、クロエを買い始めたかな
  • コールはジャックに忠実だねー
  • ナイス! ルネたん! でもどうしてここが?
  • 「そういうのは苦手」ww
  • デイナ、やる気だな
  • 銃持ってないのかよ。あーあ、また犯罪歴がw
  • なんつーところに隠すかな
  • っていうか毎度おなじみ内通者発覚。

| | コメント (0)

2010-11-22

続きを読む "2010-11-22"

| | コメント (0)

AKIRA(映画)


 ま、今更私がどうこう説明するような作品でもないのですが、上のアフェリを見てください。
 どちらもamazonですが、左が日、右が米です。私は勿論米で買ってます。
 おそらくブルーレイの中身は全く一緒だと思います。最初に日本語か英語か選ばされるので。日本版の方はブックレットがついているようです。それがどうでもいいなら、米で買わない手はないと思いますけどね、個人的には。(1ドル=80円とすると1,878円くらいですね米は)

 私がこの作品を見たのは小学生の時で、丁度TVでやってたんですよね。で、これって結構グロいシーンがあるんですわ。さすがに子供の私にはしばらくトラウマになりましたけどねえ。

 まああと注意点としては「風の谷のナウシカ」と同じで、映画と原作は話がかなり違うのでご注意を。マンガは本当に、歴史に残る大作だと思いますけどね。

 でも映画も映画で、鉄男と金田の関係性とかを丁寧に描いていて(というかそれがメイン)いいんじゃないかと思いますけどね。マンガではほんの少ししか出てこない、パッケージにもなっている金田の赤いバイクが全編に渡って出てくるのも魅力ですね。

 さすがに作者が絵コンテ起こしただけあって絵は原作とほぼ遜色ないですね。あと素晴らしいのがやっぱりリップシンク。この時代でアニメで、CGもないのにやってのけてるんですからね。すごいと思います。

 数年前だったか、「FREEDOM」辺りの時に大友特集が組まれた「ブルータス」(だったと思う)があって、そこに大友克洋が描き下ろしのマンガを描いてたんですね。二人の男子高校生と老人が出てくるっていう。やっぱ大友は不良男子と老人だよな! とか思って読んだんですが、今時の高校生がちゃんと描かれていてまったく衰えている様子がない。これにはビックリしましたね。
 むしろ「FREEDOM」よりそっちのマンガの方が面白かったっていう。その本はオクで売ってしまいましたけどね…。

 日本人を日本人らしい顔で描く(西洋的には描かない)、緻密な絵が特徴ですがそれを受け継いでいる大友チルドレンともいうべき作家は結構いますね。

  • 今敏(アシスタントやってたらしいですからねえ。この人の絵も緻密ですからね)
  • 吉田秋生(初期の「BANANA FISH」とか影響が見てとれます)
  • 江口寿久(家が近所で飲み友達だったらしいですが)
  • 浦沢直樹(今はあんまりそうでもないですが初期の頃は影響があったとか)

 そういえばこの人って「蟲師」の監督やってたんですよね。この映画は見てないので、なんともいえませんが…。

 にしても、新作マンガ描いてくれないかなあ…と切望する作家の一人です、私にとっては。

 一応BDの特典について書いておくと、予告編集と全ての絵コンテがついてきます。絵コンテも結構丁寧に描いていて、すごいなあと思うばかりです。

| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

2010-11-21

続きを読む "2010-11-21"

| | コメント (0)

2010年11月21日 (日)

キーファー・サザーランドさん来日記者会見 まとめ

 本来なら私が録画したものを上げるつもりだったのですが、思った以上に難航していて無理そうなので、youtubeに上がった画像を貼っておきます。端が切れていると思うので、ダブルクリックすると別窓でYoutube等が開きます。

とくダネ!! も上がっていたので上げときます。

さらに追加です。

Kiefer Sutherland in Japanese TV show #2

 なんかオフィシャルっぽいのがあったので上げておきます。(ただしニコ動です)

 一応私が録画したものを書いておくと、

  • 2010/11/17 日テレ ズームイン!!SUPER 会見の模様 2分
  • 2010/11/17 フジ めざましTV 会見の模様 2分
  • 2010/11/17 MX MX NEWS 会見の模様 1分
  • 2010/11/17 TBS Nスタ 独自インタビュー(日本語喋ったりしてる) 1分
  • 2010/11/18 フジ とくダネ! 本名が超長いという話(理由はこちらを)等 8分45秒
  • 2010/11/18 日テレ ズームイン!!SUPER 独自インタビュー+会見 2分12秒
  • 2010/11/18 テレ朝 やじうまテレビ!(略) 独自インタビュー(吹き替えあり)2分37秒
  • 2010/11/20 フジ めざましどようび 独自インタビュー(ランニングしてるという話)3分

 MXは断片的に何回かニュースで取り上げてました。私が17日朝起きた時見たのが映像で終わった後のMXでしたからね。
 ちなみに吹替えは小山氏ではありませんでした。
 ランニングは、あんだけ煙草吸うんだから運動しないとどうにもならんわ、という感じですね。インタビュアーは皇居を勧めてましたけど、走ったんかな…?

 今日は「ダークシティ」と「ビハインド・ザ・レッドドア」を見てました。ビハインド・ザ・レッドドアはこれからキーファーさんにはこういう映画に出て欲しいなあという見本のようなヒューマンドラマで、非常にオススメです。車運転したり銃撃ったり一切ナシ。(キレ芸は炸裂してますが)
 惜しくもこれ映画じゃなくてTVなので、サントラとかないんですよねー。あったら欲しいんだけどなあ…。

| | コメント (0)

私はユニクロでハイエナするのが好(以下略)

 ということで、ユニクロオンラインが途中でうんともすんとも言わなくなりやがりましたので、リアル店舗に行って参りました。
 以下戦利品。

Ca3h0333

 これは店舗限定品のワゴンのなかからババアどもをかき分けてGetしたもの。いくらだと思います? ちなみに値札のところには上から「500」とシールが貼ってあります。
 一個190円。

Ca3h0334

 というもの、オンラインでは買うことにしてなかったコレを買ってしまったのです。
 2,990円。
 で、何でコレを買ったかというと、

Ca3h0335

 コレを買ってしまったからです。3,990円(ちなみに今回の買物で一番高い)
 きれいめなアウターなんぞもっとらんぞ! ってことで上の「ちょっくらアラスカ(略)」なアウターを買ったというわけです。ちなみに最初の190円のタイツもこいつらと合わせるためです。

 そして、ヒートテック。

Ca3h0332_2

 これで目当てのものは全部なんですが、実は五反田には左から二番目の黒のドットが売り切れててありませんでした。なので、これだけラゾーナで買ってます。ちなみにラゾーナは「最後尾」という看板を持った人がいて、さながらコミケのようでした…。

 合計金額は全て合わせて14,090円。ま、こんなもんでしょう。普通にデパートでプロパーだったらアウターなんてとても買えやしない値段ですからね。
 もうユニクロとアディダスがあればいいや(あと流行モノをおさえる安カワイイ店か通販)があれば十分、と思っている私です。

 ほんとここ最近、N.B.B(ナシュラルビューティーベーシック。PefumeがCMやってるのが未だに謎)とか、BOSHとか、iCBとか、INEDとか、INTERPLANETとか、組曲とかで買物しなくなりましたねえ。あとヒール履かなくなった。
 まあベリショ金髪にしちゃったんでカジュアルの方が似合うというか(言いわけ)、会社行くわけでもないのにそんな高い服買ってられっか! というか。

 まあバーゲンに人が群がるわけですよ。日本の服って高いもの。14,000だったらパンツ一本買って終わりですよ百貨店のプロパーだったら。
 制服がある会社はその点ラクなんですけど、経費削減でなくなっていく傾向にありますね。私も前の会社は最初制服でしたが、途中でなくなりましたからね。

 そう考えると、ツープライス店とかある男性の方がむしろ通勤服にはお金かからないんじゃね? と思いますね。(まあ私の会社は親会社の関係であんまりそういう安っぽい恰好している人はいませんが) ユニクロでもYシャツ買えますしね。(まあ私は結構会社にもユニクロ平気で着て行ってましたけど。しかも全身とか)

 まああとこれからは福袋商戦ですかねえ。去年辺りから年内に売り始める店が出てきましたね。バーゲンの日程も早まる一方です。(まあクリスマスは絶対に超えませんけどね)
 私はコミケもありますし、そんな体力ないんでどこにも行く気はないですが。見るべきBDやDVDは山ほどありますからね…。

 ちなみに先程、24のファイナルの二巻のノベライズを買いました。出るペース早いっすね…。当然一巻もまだ読んでません。

 ユニクロの話に戻りますが、カゴ三個とか入れてる人がいて「それだけでこの冬過ごすつもりか」みたいな人もいましたねえ。まあ家族っぽかったですけど。

 オバさん方は赤札どころか、ワゴンに群がってましたからねえ。ワゴンって結構いつもあるので、何も今日買わなくてもいんじゃね? とか思いましたけどね。(まあタイツは買いましたが) でもまあ世の中の人は月曜から金曜働いてるんですよね。

 そのくせ日本人って妙なブランド志向があって、この前行ったサイゼリアでも隣の小僧どもがヴィトンの偽物について話してましたね。だから私ヴィトンって嫌いなんですよ。ガキも持てるような(偽物だとしても遠目には分かりませんからね)ブランド買ってもねえ。あと生理的にモノグラムが受け付けないです。ババ臭くないですかあの色と柄。
 とはいえクロエのカバン(14万くらいした)、使わないから売っちまおうかとか考えたこともありますけどね。

 そう考えると、この国も変わった消費大国だと思いますよ。

| | コメント (0)

2010-11-20

続きを読む "2010-11-20"

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

2010-11-19

続きを読む "2010-11-19"

| | コメント (0)

2010年11月19日 (金)

今後のイベント参加予定(2011含)

 本来は小町亭に書くべきなんですが、こちらの方が見ている人が多いかなと思いとりあえず書きます。
 今年は12/5(日)の文学フリマ、12/29(水)のコミックマーケット79で終了ですが来年出るイベントは既にかなり決めてあります。個人で管理してるExcelがあるので図で貼ります。多分小さくて見えないと思うのでクリックしてください。別窓で開きます。

Photo

 といった感じです。気まぐれでコピー本を出すと思うのですが、それについては書いていません。また原則コピー本は売り切れたらそれで終了とします。再販は致しませんのでご注意ください。

 基本私のサークルは中学生でも読める小説を目指しているので、18禁要素がありません。でも書きたくないわけでもないので、そういったものを今後コピー本で出していこうかなと思っています。オフで出している本では改行一行で済まされているところを、詳しく書くような感じになると思います。(まあでもそうすると結果的に18禁サークルになっちゃうんですけどね…)

 ちなみに次の文学フリマで出すコピー本も、読み返してみると結構エッチな話がありましたw 18禁とまでするほどじゃあないと思うんですけどね。

 途中グレーのイベントがありますが、これは出ようか迷っているものです。まあ近日はっきりさせます。

 ポストカードですが、水と炎は新刊が出た場合に二種類ずつ追加していきます。新刊が出ない時はポストカードも新しい物は出しません。BODY WILDに関しては、新刊が出るにつきポストカードは1枚です。ただ、キャラカも同時に作るので(これは本を買ってくださればタダです)いろいろ集める楽しみはあるかと思います。

 従って、次に募集するのはコミックシティー東京126の絵師さんですね。1/9のイベントは地元でやるっていうんで出てみようと思ったので、新刊はありませんので。

 私がポストカード募集を出すのは、サーパラの掲示板専属絵師募集・志願板、mixiの「挿絵の仕事・絵の仕事」コミュ、「同人作家友の会」コミュ、小町亭Circle.msの小町亭のペーパー、「お仕事の依頼受付中・お仕事発注・掲示板」辺りです。まあどっかひとつ見ていただければいいんですけどね。

 まあそのうち募集要項は上げるので、我こそはという方は是非どうぞ。来年の4月辺りのMovieParadiseではまた24のポストカードも出そうと思っていますのでそちらに関してもお待ちしております。

 

| | コメント (0)

2010-11-18

続きを読む "2010-11-18"

| | コメント (0)

2010年11月18日 (木)

もってけ泥棒! キーファー・サザーランドさん来日関係写真22枚!!

 てか、通常はこちら(Tumblr)を押さえていただくと結構見られるんですが、今回はあえてこっちに貼ってみることにしました。

■空港にて

Kaiken22

Kaiken20_3


■記者会見

Kaiken01

Kaiken02

Kaiken04_2

Kaiken05

Kaiken06

Kaiken07

Kaiken08

Kaiken09

Kaiken10

Kaiken11

Kaiken12

Kaiken13

Kaiken14

Kaiken15

Kaiken16

Kaiken17

Kaiken18

Kaiken19

Kaiken21

 左右が切れるかな? まあ切れたら右クリックかなんかで保存してください。全て実物大なので、クリックしても別窓とか開きません。

 たんぶらの画像も移してきてます。

 以上!

| | コメント (0)

2010-11-17

続きを読む "2010-11-17"

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

バットマン ゴッサムナイト


 バットマンの世界を、日本のアニメスタジオが作成。まあ「アニマトリックス」みたいなもんですな。

『俺たちのスゴい話』
 見た瞬間「テラSTUDIO4℃wwww」とか思った。だって絵が「マインド・ゲーム」と同じwww
 「鉄コン筋クリート」でもいいけど。
 スケボー仲間の四人の男女が自らが見たという「バットマン」像を語るが、最後には本物登場…

 いいオチだと思う。アメコミヒーローって結構普通の人間いるからね。必ずしもスーパーマンみたいに異星人だったりX-MENとかファンタスティック・フォーみたいな突然変異ばっかりじゃない。
 一番境遇が近いのはしゃっちょさん(「アイアンマン」のトニー・スターク)だろうね。(まあ会社が違う(マーベル)のは勘弁してくれい、別にアメコミマニアじゃないんでそんなに知らんのよ)金持ちってところも同じだし。ただバットマンはハイテクスーツもなくほぼ生身に近いわけで、毎回頑張るなあと感心するわけですよ。あとバットマンの場合、執事の能力も半端ないよねw

『クロスファイア』
 
バットマンに協力するゴードン警部の部下であるアレン(中田譲二♪)、ラミレス両刑事はバットマンが捕まえた脱獄犯を刑務所に護送した帰り、マフィアの抗争に巻き込まれて…

 これはIGだろうなと思ったら正解だった。バットマンが(大塚)明夫かと思ったら違うようだね。玄田 哲章という人で、元々バットマンの吹替えはこの人専属みたいなものらしい。

・『フィールドテスト』
 これもIGだけど監督が別。絵柄も全く違う。超イケメン(優男風)ブルース(バットマンの中の人よ)が出てきて最初「…なんかちがくね?」と思ったけどイケメンだから許す。当然声優も変わってて三木眞一郎という人になっている。
 ハンドガン程度の弾丸ならば跳ね返せるという装置を試すバットマン。マフィアの抗争に再び巻き込まれ…

 まあ素顔のバットマン以外は「ダークナイト」の前哨としては最もふさわしいエピソードであると思う。

『闇の中で』
 ここからはマッドハウス。今敏さん、惜しい人を亡くしました…ってそれはさておき。
 教会の枢機卿が拉致される。アレン達の上司でバットマンと繋がっているゴードン警部はスケアクロウが手引きをしてるとみて地下道の捜索に入るが…。
 作製スタジオ違っても声優は一緒。

『克服できない痛み』
 
再度STUDIO4℃にバトンタッチ。絵柄は最初とは全然違う。傷を負ったバットマンは昔修業を受けたカサンドラという女性との出来事を思い出していた。「痛みを克服する」修業は女が受けてはいけないものらしく、最初ブルースも別の同師のところに行ったが「悪が存在する」との理由で断られてしまっていた。それを引き受けたのがカサンドラだった。
 「痛み」とは克服するものではなく「折り合い」をつけるものだといわれるのだが、ブルースにはそのどちらもかなわない痛みがあった…

 哲学的な内容。「普通の人間」であるが故に作れるエピソードですな。

『デッドショット』
 
ロシア系マフィアがゴードン警部を暗殺しようと、「デッドショット」という殺し屋を雇いつね狙う。にも関わらずゴードンは車で外に出たりする。勿論バットマンは応戦する。

 相手が銃を持っているからといって自分は使わないのがバットマンのモットー。(この設定は個人的には非常に好感が持てる)最後のシーンが印象的。

 プラス、メイキングがついてくるがそっちはまだ見てない。今ワーナーの「二枚で3,000円」キャンペーンの対象になっているので買っておくのも悪くはないかと。ちなみにDVDでも二枚組のものが出てるけど、BDと内容は全く一緒だそう。
 個人的には「アニマトリックス」より面白かった。

| | コメント (0)

2010-11-16

続きを読む "2010-11-16"

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

メガネスキー

 とかいうとどことなくロシアの人のようなイメージがありますけど、眼鏡が好きってだけの話です。言われんでもしっとるわ、と言われそうですが…。

 どうも週末になるとあまりよく眠れてないらしく、そのツケが月曜になるとどばっと来て、朝起きてツイートとかしてまた寝てしまい、一回宅急便(ヤマト)に起こされ、それからまたしばらく寝て、結局起きたのは12時過ぎでしたね。

 昨日自分で書いたことを実践すべく、荏原町から渋谷まで行って、それから新宿、場合によっては秋葉原、という計画を立てて家を出ました。

 まずは荏原町のすき屋で昼ごはん。サラダを単品でつけてくれといったら、味噌汁もつくセットと値段が同じだ、と言われたのでそれに。

 荏原町からは自由が丘方面へ。自由が丘で東急東横線に乗り換えます。この駅、ちょっとしたトラップがあって階段を上る位置によって違う番線に出てしまう(まあ昔の秋葉みたいなもんです)ので、ちゃんと渋谷方面と書いてある方の階段を上りました。
 自由が丘から渋谷って6つ駅があるんですが、たまたま来たのが特急で途中の中目黒に一回止まって次渋谷でした。

 「そういえば東横線って渋谷のどこあたりに出るんだっけ?」と駅に近づくにつれ考え、アーチ型の屋根のところだよなあとか思っていると駅に着きました。なんかこの駅って、大阪の阪急梅田に似てるなあ…とか思いながら電車の先頭方向へ歩いていきます。結局ハチ公口に出てしまいました。
 おそらくここでの正解は、東急東横店の上の階に上がって岡本太郎の壁画を見ながら横断歩道を渡って道の反対側に出る、というルートだと思います。(そうすればスクランブル交差点を通らなくて済む)

 でも来ちゃった以上はしょうがないので、スクランブル交差点を渡って、道玄坂を素直に上がって行きました。その後は裏道を通ってまんだらけまで。

 まんだらけで出したのは以下。

 マンガは在庫過多のようで一冊10円。DVDは300円。サイバデリックは在庫過多で引き取り拒否。(確かに三冊くらいあんだよなこれあそこに。状態悪いけど)
 最後のCDBOXが3,000円。これ私オクで落札したんだけど(5,760円)、出品者が「業者に買取拒否されたものです」って商品説明に書いてたんだよね。もって行き場所が悪かったんじゃないの?

 ってことでここでは合計3,320円。おおありがたい、現金ができた。

 お次は対面ブックオフ。持って行ったのは以下。

  

 本は両方ともamazonのマケプレで、(送料込みで)前者は1,092円、後者は599円で買ったもの。翻訳者…はちょっとだけ24に触れているんだよね。でもとっとくことないな、と思ったので。前者はセレクトがなんだかなあとしか思えなかった。(私の趣味が偏っているだけかもしれんけど) BDはワーナーのキャンペーンで1,500円になったやつ。

 結果は映画紹介が50円、新書の翻訳者は…が40円で、BDは500円って言われたので断った。90円。しょっぱいのう。勿論スタンプはちゃんと回収したけどさ。

 副都心線で新宿三丁目に行くことに。アンディ(安藤忠雄)のデザインした駅は分かりづらいんだよ!! てか右を見ても左を見ても「池袋方面行き」しかない。私は新宿三丁目に行きたいんだけどなあ…と思って案内の人にも聞いてしまったよ。
 で、ホームに出てやっと気付く。あ、ここ終点か、と。バカですねえ相変わらず。

 副都心線は急行なるものがあるようですが、普通が先に新宿三丁目につくといっていたのでその電車に乗って待つ。ちなみにJRで渋谷~新宿は150円、渋谷~新宿三丁目は160円。歩くのめんどくさかったんだよ。

 某百貨店にてカード入金。まずポイントが2,000溜まっていたので商品券として出し、プラス、家探ししたら出てきた十万円分の全国百貨店共通商品券で今月の請求分(の残り)と来月分で落とせる分だけ清算して貰った。「引き落とし止められませんよね?」と聞いたら大丈夫とのことだったので安心した。

 そして一階だけ降りてメンズ館へ(もうこの時点でどこの百貨店かなんてバレバレだよな)。一階にエレベーターで降りて行って999,9(フォーナインズ)へ。

 買っちゃった! フォーナインズの伊達眼鏡
 内訳は

  • フレーム 43,000
  • 伊達レンズ(各種加工つき) 9,000

で合計52,000になるハズなんだけど、私の持ってるカードはちょっと特殊なので49,140円に。受け取りは22日月曜日だそうな。
 ということで現在ここに写真はありまへん。カタログ貰ってきたので資料用として姫に送ろうと思う。Webでも見られるんだけどね。

 さて、結局サイバデリックが残ったので秋葉に行かなければならなくなってしまった。ならば、ということで新宿三丁目(メトロ丸の内線)→赤坂見附でメトロ銀座線に乗り換え→末広町へ。
 何故秋葉原の駅ではなく末広町の駅に来たかというと、この前探せなかったメイド眼鏡屋さんをもう一度探すため。
 思いの外駅から近かった。UFJ銀行のある出口(地図でいうと交差点の左下だな)を出て、横の道(蔵前橋通り)をJRの線路とは逆方面に歩いていくと1ブロックで左側に入る小道が現れる。そこを左に入って三件目くらい。
 お店の名前は「CANDY FRUIT OPTICAL」というから、どんなにかキャピキャピした外見かと思いきや、看板は黒字に白文字というおよそメイドがいるとは思えないような外観。これ分かりづらいって…。
 私は一応ここでベヨネッタ眼鏡のキャンセル待ちをしているし、入るとメイドに執拗な接客を受けるかなあと思ったんで入るのやめようと思ったんだけど、外に並んでた眼鏡が面白かったのでつい入ってしまった…。

 とはいえ、「お帰りなさいませご(略)」とか言われることもなく、フツーにいらっしゃいませ。お店自体(内装)も狭いけどごくごくフツーの眼鏡屋。
 「外にあった青いフレームの眼鏡が見たいんですけど」と言ったら出してきてくれた。思ったより小さくて、なんか違うな、と思っていたら中央にある作業台兼ディスプレイに、ベヨネッタ眼鏡と初音ミク眼鏡が。先程の眼鏡と色身が似ているので、これもかけさせてもらった。悪くないので買うことにする。
 ちょっと内訳忘れちゃったんだけど、伊達レンズつけて40,700円。どのくらいかかると聞いたら30分もあれば、と言われたのでその間に別の用事済ませてきます、といって店を出た。

 インタビュー(以下略)をトレーダーに。600円と言われたのでそれで承諾。ま、900円でBDをレンタルしたと思えばいいだろ。
 ちなみに行く途中、ベリーファットなメイドさんが踊りながらビラを配っていたのであまりに不憫に思い、ビラを取ってあげた。店には行かないけどな。

 そしてまんだらけに。サイバデリックスは500円と言われた。勿論拒否。いわゆるこういった「箱モノ」というのは今あんまり売れないんだとか。これはオクでボッた金額で出していつまでも回し続けるつもり。だって新品同様だもの。

 で、さっきの眼鏡屋に戻ったら坊主(ハゲだったかな?)店長が「もう来たの!?」的反応を見せ、「五分くらい待ってもらっていいですか?」と言われたのではいと答えて、店内に並んでいる眼鏡の数々を見る。
 この眼鏡屋、サイトを見れば分かるけど世界の名だたるブランドの眼鏡ばっかり扱っていて、決して安くはない。初音ミク眼鏡も「less than human」というメイド・イン・ジャパンのれっきとしたブランド品。他にもいろいろな国の珍しい眼鏡の数々が見られる。なかなか面白い店だと思うよ。
「調整は今の人が全部やってるんですか?」
と聞いたら
「平日は店長が、休日は総括も来てマイスターでやってます」
と言われる。店長と総括の違いって何? まあ店長が雇われってことなんだろうけど。
 メイドさんはさすが接客トークを心得ていて、面白い眼鏡をいろいろ教えてくれる。そこで
「軟骨(ピアス)痛くないですか?」
と聞かれたんで
「痛いです。開けたばっかなんで」
と答える。つか状態よくないんで明日病院の後に皮膚科行こうと思ってるんですけどね!

 やがて店長が降りてきて、細かい調整をしてくれた。ベヨネッタ眼鏡キャンセル待ちしてるんですよ、と言ったら来週あたりにご案内できますと言われた。実際キャンセルした人は四人くらいらしいのだが、他の店が確保してた分が回ってくるとのことで。
 なので買えるよ! Sちゃん!(ここ見てるかどうか知らんけど)
 ベヨネッタ眼鏡はかなり人気らしい。対し、エヴァのマリ眼鏡はデザインが結構普通なのでそんなに売れなかった模様。(コスプレ用としたって、代用品いくらでもありそうだしね)

 店長曰く、ここは伊達の人も結構来るのだとか。まあフレームが面白いからね、来る価値はあるよ。
「私も、最初はユニクロの1,000円のとか買ってたんですけど、最近どんどんエスカレートして、実はここに来る前に×××のフォーナインズで伊達眼鏡買っちゃったんですよ」
というと店長は
「あそこは結構シンプル路線ですよね」
と言うので
「そうですね。横のぐにゃぐにゃはありますけど」
などと会話を交わす。

 で、写真を撮ってくれるサービスがあるというので、メイドさん(名前覚えてないごめんね)とポーズ撮ってチェキでパチリして、落書きしてくれた。

Img

 ネギ書いてくれてるしw チェキって小さいんだよね。スキャンしてやっとどういう風に写ってたか分かったよ。
 眼鏡そのものはこんな感じ。

Ca3h0367

 専用ケースに入れるとこう。

Ca3h0369

 あと、ポイントカード(5,000円ごとに1ポイントで最大30ポイント)と、冷やかしでもポイントをくれる(いわゆる来店ポイントカード?)カードをくれる。買った分のポイントカードは全部溜めると20,000円分の商品券になるというから頑張って? 溜めてもいいかもしれないけどお金が続くかなあ…。
 あと、こんな小冊子くれた。

Img_0001

 まあ見るだけでも珍しい眼鏡沢山なので、私はオススメしますよ。接客もそんなにしつこくはないしね。店が狭いのだけが難点だけど。

 帰りはJRの秋葉原まで歩いて、大井町から大井町線で荏原町に帰ってきました。

| | コメント (0)

2010-11-15

続きを読む "2010-11-15"

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

ブレードランナー ファイナル・カット(BD二枚組)


 ブレードランナーのBDは他にも出ていて、


 とかあるようですが、とりあえず安価に楽しみたいなら一番上をオススメいたします。
 昔のオリジナルが見たい、となると「クロニクル」は色々なVer.のつぎはぎらしいのでオススメできません。(吹き替えにすると突然英語になったりするそうです。でもパッケージの絵は私はこれが一番好きですけどね) そうなるとアルティメット・コレクターズ・エディションしかないですな。
 余程好きならばともかく、私は一番上ので十分満足ですけどねえ。メイキングもBD一枚というボリュームでついてきますし。

 昼間ついったに「シロマサ(士郎正宗)仕事選べよ」とか書いてたんですが、SFで多くの作品に影響を与えまくったという点ではこちらも攻殻に負けてはいません。というかむしろこっちのがスゴいでしょうな。SW(特に新三部作)も影響受けてますしね。(というかリスペクト的オマージュなんだろうなと思いますが)

 原作はSFの大御所フィリップ・K・ディック。結構さくっと読める短編が映画化されていたりします。(「トータル・リコール」(原題「記憶売ります」)、「マイノリティー・リポート」(原題「少数報告」)、などなど) 私が最近見たキアヌさんが主人公の「スキャナー・ダークリー」もこの人の作品(原題「闇夜のスキャナー」)だったんですね。知らなかった(おいおい)。あ、でもちゃんと記事上ではそのことに触れてますね。忘れてただけのようです。最近アルツハイマーが進行して困ります…。

 で、これの原作は「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という作品なんですね。哲学的なタイトルですが、映画とは結構違う話です。監督リドリー・スコットは当時原作読んでなかったとかおいおいおいおい、と言いたくなるんですがまあ出来がいいのでよしとしましょう。
 小説の「電気羊」というのはその名の通り模造品の羊のことです。この世界ではナチュラルボーンの動物は非常に珍しい(っていうかもうほとんどないに等しい)とされていて、模造品ですら結構する、という設定になっています。それは一応このブレードランナーでは生かされている設定ですね。

 士郎正宗が、というより押井守の方がこの作品の影響は受けてますね。映画版の攻殻(もしくはイノセンス)を見るともう一目瞭然です。
 この作品で特筆すべきは美術デザインであるといっても過言ではないと思います。最近実物が発売されたらしいですが、棒の部分が光る(蛍光灯?)傘とか、タイレル社のデザイン、全てが斬新です。今見ても斬新。バンド・デ・シネ(特にエンキ・ビラル)の影響を受けているところもあるようで、建物とか見ると確かになあと思います。ちなみにエンキ・ビラルだったら、「GOD DIVA」という映画があるのでそれをオススメ致します。ビジュアルがこちらもすごい映画です。

 まあ私は既にDVDでこの作品を見ているので、何に驚けといったらそりゃ画質しかないわけで、驚かせていただきました、存分に。
 作り直したと思われる部分は言わずもがな、実写シーン(作り直しシーンとの差が結構目につくんですよね、SW特別編みたく)もかなりきれいな画になっていて驚きました。

 で、主人公はハリソン・フォードなわけですが若いですねえ~。当たり前だけど。
 この人も結構声低い人だったんですね。あんまりSWとかだとそう思わなかったんですが…。デッカード(ハリソン演じる主人公の名前)=レプリカント説とかありますけど、だったらあんなに弱くねえだろと私は思ったりするんですけどね。
 ハードボイルドな主人公を好演していて、非常にイイと思いますね。最近ぎゃーすかうるさい捜査官のドラマばっかり見ているせいか、口数少ない刑事ってのが非常に好ましく見えました。インディ・ジョーンズのBOX(DVD)でも見ようかなw

 まあ一番上のは廉価版が出て、2,000円を切るようですからこれを期に映画史に残る名作を見ておくのも悪くはないと思いますよ。あ、ちなみに吹替えはないです。

| | コメント (0)

馬込にしておくか、荏原町まで歩くか、それが問題だ

 私は一応都営浅草線の馬込という駅から約五分のところに住んでます。住所にも「馬込」という単語が入っています。

 ですが、ちょっと(十分くらい)歩くと東急大井町線の荏原町という駅があるのです。
 行きは下り坂で帰りは上り坂という、ちょっと行きはよいよい~な道なのですが、まあ仮に体力が余ってたとして、どちらを使った方が安いのだろうか? というのを山手線の駅等に絞って調べてみました。これです。

Photo

 見辛いと思うのでクリックして拡大してください。(別窓で開きます)
 まず左に、主要駅に出るまでの運賃が書いてあります。馬込の場合は五反田、荏原町の場合は大井町です。次にその主要駅から目的地(主にJR)への運賃、最後にトータルの運賃を書いています。

 赤色が一番安い経路です。

 カッコ付きで書いているのは、「主要駅」のことを無視して行けるルートです。実はこういう安いルートがあったりするので侮れません。オレンジはちょっと駅から遠いルート、赤は確実にその駅につけるルートです。
 例えば一番上の馬込→新宿ですが、これは大門で大江戸線に乗り換えるルートです。都営は大江戸線ができたおかげで結構機動力が上がったと思います。(大江戸線ができるまでは、馬喰町まで行って新宿線に乗り換えるという方法しか使えませんでしたからね)
 一日乗車券は700円ですし、日数限定ですが主に休日に出る「ワンデーパス」に至っては500円です。こうなってくると、前回私が新宿三丁目に行った時のようにわざと都営ばかり使って目的地に行く、といったことをするとお得になるわけです。(時間がかかったりすることは往々にしてあります。まあ世の中の大原則のひとつですよね。楽をしたければお金をつめ、と)

 あとバスの存在も意外と侮れません。バスにおいて鉄道より得するケースというのは、だいたいが終点から終点まで乗った場合なんですが、探せば得な路線はあります。今もうなくなっちゃいましたけど、葛西~神田なんかの都バスは地下鉄より安かったです。
 あと私の断然オススメルート、第二京浜(=ニコク、国道一号線)ブックオフの旅(五反田・戸越・中延・東芝博物館前・川崎MORE'S)のように、途中下車しまくる場合は一日乗車券は欠かせません。(ちなみにこの東急のバス一日乗車券はPASMOに直接チャージもできて500円です)

 この前のムーパラの時もそうしましたが、横浜なんかに行く時は東急の方が断然有利なんですよね。渋谷に行く時もそう。ただ私は病院終わってからどこかに行く、というケースが圧倒的に多いのであまり恩恵に預かれてませんんね。っていうかついでのくせに運賃高くなるならむしろ他の日に行った方がマシですね、今頃気付きました。

 東急の話をすると、エリア限定切符が充実しています。りんかい線乗り放題とか。こういったものも活用するといろいろ得なのではないでしょうか。

 近いけど高い路線か、歩くけど安い路線か…悩むところですね。

| | コメント (0)

2010-11-14

続きを読む "2010-11-14"

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

2010-11-13

続きを読む "2010-11-13"

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

2010-11-12

続きを読む "2010-11-12"

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

SAW6

 SAWとは「ジグソウ」のソウ、そしてチェーンソウの「ソウ」だった筈の今作もいよいよ六作目ですよ。次がラストらしいですねえ。しかも3Dとか。嫌がらせですか?

 つーか誰か人物相関図描いてください…。わけわかりません…。人が多過ぎて…。
 …と思ったら公式にありました。おもくそネタバレなので、観てからにした方がいいです。

http://saw6.asmik-ace.co.jp/(「チャート」っていうコンテンツです)

 もしくは、前作「SAW5」の人物相関図を見ておくとよいかも。

http://saw5.asmik-ace.co.jp/(こちらも上記同様)

 まあこの映画も当初は一作だけの予定だったのでしょう。低予算超短期撮影だったらしいですし。
 それがヒットしちゃったんで、後付けでいろいろと話を作って行ったわけですね。

 一作目だけみれば、ジグソウの単なる復讐物語としか見えません。(アマンダはいるにせよ、彼女はある意味プロトタイプだったのかも)
 ところが作が進むにつれて自分とは関係ない人達も裁き始めるジグソウ。まるで神にでもなったかのように、毎回同じ人形をテレビ画面に登場させ、罪を宣告し「選択(行動)しろ」と強要して一方的にゲームスタート。勿論時間制限つき。しくじれば死。しくじらなくても、多くの「代償」を支払わされることになります。

 ところがそのジグソウ自身も病に侵され、余命いくばくもない状態に。そして「後継者」を選んでゲームを続行させます。真の後継者は誰? というのがここのところの謎でした。
 そしてその代わり、なんだかゲーム自体があまり崇高なものではなくなっていったような気がします。6だけ取ると、本当にジグソウの私怨としか思えない。ジグソウこそ死んで当たり前なんじゃないかとすら思えてしまいます。

 さんざ引き合いに出しますがデビッド・フィンチャーの「セブン」に出てくる殺人鬼「ジョン・ドゥ」には遠く及びません。ジョン・ドゥは真の狂人です。そして崇高な任務を「神に代わり」執行する。何もかもを犠牲にして。でもジグソウはそうではない。
(ちなみに「ジョン・ドゥ」とは身元不明の人を呼ぶ言葉でまあ日本なら山田太郎さんみたいなものです。「セブン」は、観た後不愉快になるかもしれませんがとてもおすすめの映画です

 結局のところ、罪のない人間などおらず、試された時に生き残れる人間は実はほとんどいないのだ、といっているようにも見えます。少なくとも私はそう感じました。

 そして後継者問題は解決してないのですよね。これもネタバレなので観た人だけ見て欲しいですが、ここのサイトに詳しく書いてあります。エンドロール後の一場面の意味が分からなかった人もここを見ると分かります。

 とはいえ、5までにさんざ積み上がった謎の大半は解けましたね。アマンダ宛の手紙に何か書いてあったのかとか、驚くべき真相も明らかに。
 でも今回ゲームに引き合いに出された人は、最初から殺されるために連れてこられたも同然ですよね。あの状況で生き残れる確率は万に一もない。(見てる間はなかなか気付きにくいですが。うまい仕掛けだと思います)だからやっぱりジグソウの「私怨」に見えてしまうわけです。それならそれでまあいいんですけどね。

 私はこの映画でトビン・ベル(ジグソウ役です)という役者さんを知りましたが、とても不思議なカリスマ性みたいなものがありますね。(24のSeasonIIでもゲスト出演してますが、それが全く生かされていないのには正直がっかりしました。というか24は他のこと重視過ぎて撮影がヘタなので(でなきゃスタッフ見切れたりしませんて)、役者を上手く撮ろうなんてことは二の次三の次にされていると思います。お金だけはかけているのにねえ)
 今作もちょっと変わった髪型で登場したりと、なかなか見応えはあります。
 なので、グロが嫌いな私でも頑張って見続けているという側面があるんですよ。トビン・ベルいなかったら観てなかったですよ、続編から先はもう。

 次の作でジグソウことジョン・クレイマーの真の目的が明らかになるのでしょうか。
 映画館で見ると(おまけに3Dって!)怖いので、私はDVDが準新作になるのを待ちます…w

| | コメント (0)

2010-11-11

続きを読む "2010-11-11"

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

 これ1994年の映画なんですね。まあキルティン・ダンスト(スパイダーマッ! の乳首要員の人)が子供だったくらいなんだから、そりゃそうだよなあと。

 劇場公開時から見たかったんだよねえ。美しい吸血鬼が次から次へと出てきて云々勝手な想像してw 蓋を開けたらトムとブラピだけかい、っていう。

 しかしこの映画、本当にタイトル通りなのね。ヴァンパイアだと名乗るルイという男(ブラッド・ピット)が、インタビュアー(クリスチャン・スレーター。本当はリバー・フェニックスの予定だったらしい)に自らの自伝を語って聞かせるっていう。

 確かにトムさんはまだピチピチで美しいし、ブラピもあんまり長髪似合ってないと思うんだけど、それなりにいい仕事はしていると思う。特殊メイクも結構すごいしね。

 でもやっぱり私は日本人だし、海外の歴史を出されても「これだけ長い間生きて来たんだ!」みたいな驚きが薄いんだよね。これが例えば平安時代から生きてきた人がどんどん時代に合わせて恰好が変わって行ったらすごいと素直に思えるんだけどさ。

 永遠の命を生きる苦悩を書いた物語としては、やっぱり手塚治虫の「火の鳥」を超えるものはないと思うんだよね。まああとリアルタイムとしては「無限の住人」とかあるけど、不死の要素は最近徐々に薄くなってきてるしな。最近では、ピクサーの「ウォーリー」とかか。

 そんなに中身が濃いってわけでもないしね。ぶっちゃけ。

 クソ映画とは思わないんだわ。画的には悪くないから。でもあともうちょっと、もうひと押し! という何かが欲しかったような気がする。BDのセルを買ったんだけど、売ることにするよ。
 まあ、あの、一応警告しておきますがトム・クルーズさんのファンは絶対見ないと駄目だと思いますよ。腐女子ならなおのこと。(まあ言われるまでもなく観ているとは思いますが)

| | コメント (0)

2010-11-10

続きを読む "2010-11-10"

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

買ったり買われたり

 まずは病院へ。といっても、今日は荷物が半端ない。

Pap_0316_2

 こんなですよマドモアゼル(誰宛?)。
 カバンにはMOVIESTARと日経の外ドラ系雑誌、左のオレンジとグレーの袋(AUの袋なんですが)には同人誌(ちなみにムーパラで買った分も即効入ってますw)、そして上の黄色いエコバッグは、清水玲子の「秘密」全部で7巻分。(これって大判コミックスなのでぶ厚いし重いし最悪です…)

 病院では睡眠薬を減らしてみようということになり。風邪薬に眠くなる成分入ってました? と聞いたら「それでゆっくり療養して貰う為ですからね」と言われる。ワザとかい。

 重い荷物を持って、薬局経由でやっとのことでツタヤへ。査定を出してもらったところ、「!」と思ったことがひとつだけあった。
 ―MOVIE STARが全部1円。
 ページの一部を~なことに気付かれたか、この雑誌自体あまり売れないのか。どっちにしても1円ならブクオフの10円の方がマシだと思ったので、MOVIE STARは全部引き取った。
 最終的な査定額。

Img_0001

 秘密の170円はちょっとびっくりした。200円くらいで買ったやつだと思うんだけど。
 日経の雑誌はまあまあってとこですな。でもこれ、ブクオフに行くと全部10円だぜ。
 と思いブクオフにMOVIE STARを持ちこみ。

Ca3h0314

 あら、一冊30円だわ。
 まあ確かにこれらは出版社からバックナンバーを取り寄せた新品も新品(の一部を~したものw)なので、これくらいの値段はつくんだ、へー、と思って勿論清算。

 やっと荷物が大分軽くなり、山手線に乗って秋葉原へ。
 UDXのデッキ階のところに、雑貨屋みたいなお店があったので入る。地図がプリントされたトートバッグ(ちなみに北は北海道から表参道、渋谷、京都などがありました)を見たりとかしてたのですが、秋葉の地図を見つけて眺めておりました。
 いやね、エヴァのマリの眼鏡を売っている、メイドさんがいるという眼鏡店に行こうかなと思って。
 でも店の名前すら覚えていないので、分かるわけもなく。試しにそこの店員さんに聞いたら、超事細かく教えてくれました。感謝!

 地図に書いてくれた場所を地図を見ながら探していったのですが、それらしい店が全然見つかりませんでした。小学校の方まで来てしまったので、もういいや、と思ってまんだらけに行きました。
 店に入ろうとしたら割り込んで来た小僧が一人。喧嘩売ってんのか? ぁあ? 仮性(ピー)野郎が!

 いつものように何を持ってきたか聞かれ「同人誌」と答えると男性向けか女性向けか聞かれ(一応私この日白いレースのスカートをはいていたんですけどねえ…)、女性向けと答えると一番端のブースに案内されました。住所書いてるうちに、女性の店員さんがぱっぱと分けてくれたのでほぼ待ちもしませんでした。
 売れなかったのは、同人ゲーム、メモ帳、あとコピー本とRPS。
 RPSは難しいと思います、正直。似てないとなので。絵が上手ってことと、似てるってことは必ずしも一致するとは限らないんですよ。本当に趣味の世界だと思います。売れる本を作るなら、作品紹介とか有用な情報を載せた方がいいですね。
 まあその他状態がよくなくて値段がつかないものがありましたが、同人ゲームとカレンダーだけ奪って後は処分して貰いました。表紙と気に入った部分はスキャンしてあるしな!

Img_0002

 上は400円から下は10円まで。まあこれくらいいけば満足です。

 たいしてお腹もすいてないので(かつ丼屋の前を通ったら匂いで胸ヤケするかと思いました…)京浜東北線で大井町へ。
 ここでは直しを頼んでいたアディダスのジャージを受け取り、以下の買物。

■無印良品
PP洗濯用ハンガー・シャツ用・三本組 498円
ブールドネージュ×2 340円

■クリエイトSD(私の行きつけの漫画喫茶の一階にある薬局です)
トイレットペーパー12ロールダブル 198円

 トイレットペーパー、いくらくらいで買ってます? 私はたまに行くところではここが一番安いのでここで買ってるんですが、これよりも安い値段で買ってる人います?
 いるとしたら、その人は私よりも海側か、十条あたりにお住まいでしょうね。この二ヶ所は本当に物価が安いらしいので。

■アルファ(金券SHOP)
レターパック350 340円
エクスパック500 485円

 この二つご存知ですか? エクスパック500は比較的昔からあるのでご存知の方も多いかと思いますが、専用の封筒を買ってポストに投函するとポスト投函もしくは手渡ししてくれるサービスです。
 このふたつを比較すると、
・レターパックは厚み3cmまでという制限があるがエクスパックにはない
・レターパックはポスト投函だがエクスパックは手渡し
というだけの違いです。
 重さの制限は両方とも4Kgまで、あと封筒自体の大きさも同じです。追跡ができるという点も同じ。ただ、レターパックはポスト投函が基本なので、メール便により近いと言えます。
 この封筒が金券ショップで安く売ってるんです。切手も安く売ってますよ。
 真のオークショニアはこれらを駆使して、送料を安くあげるんです。切手も95%とかで買っていれば、ゆうパックにも使えますし(知ってました?)、結構積み上げると節約にはなるんですよね。

 といった感じで、プラマイゼロかな? という感じでしたね、今日は。
 ちなみに大井町のアトレでちゃんと無印とユニクロも見ましたが、ハイエナするようなものはありませんでした。

| | コメント (0)

キーファーさんが来日するそうですね

 私もついさっき知ったんですが。(遅いって?)
 ツタヤの会員限定らしいので、ツタヤの会員の人はツタヤオンラインにログインしてから、以下のURLをみてみてください。応募ページに飛べます。(と、思う)

http://lx03.www.tsutaya.co.jp/tol/news/index.pl?c=present&c2=present&artid=1274&moid=top_pre?moid=tol_news

 一応どんだけ好きかとか聞かれるので、それは考えておいた方がいいですよ。
 まあ私なんて聞かれなくてもすらすら出てきますけどね。

 24人限定らしいので、ま、駄目元で。
 もし当選したらコスプレしていこうかなw

 ちなみに日付は11/16(火)、都内某所だそうです。

追記:〆切今日じゃん!! あー危なかった。つか起きててよかった!

| | コメント (0)

2010-11-09

続きを読む "2010-11-09"

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

2010-11-08

続きを読む "2010-11-08"

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

俗・私の24グッズフォルダが火を吹くぜ

 

前回書いたこちらの続きとなります。もうイベントにはコレクション持って行かないことに決めたので、今回どれくらい集めたかがどーんと公開したいと思います。

■DVD/BD/CD

Ca3h0281_2

Ca3h0280_2










 今回、コレクターズBOXは特典映像(13枚目のDISK)だけエンコして、オークションにて処分致しました。全部即落価格2,000円という破格値でです。(今最後の一個でちょっとモメてますけど…)
 その代わり、トリロジーBOXの1と2を購入しました。2は新品で、12,500円で落札。2はヤフオク中古美品で、7,280円。

Ca3h0279_2

 BDはオクで17,000円にて落札。新品未開封です。

Ca3h0260

 結局買っちゃいました。リデンプションのCD。都会的な音楽は皆無で、どことなくやっぱりアフリカっぽい曲が多いです。オクで1,530円にて落札。

■書籍

Pap_0248_2

 先日ご紹介しましたが、ファイナルのノベライズ一巻が既に出ています。さすがに定価です。送料無料で楽天にて700円。

Ca3h0274

 これ一番最近に買ったんですが、「キンバリー対策ユニット」ってよっぽどキムのことが嫌いなんでしょうか。読んでいないので真相は謎ですが、後で面白かったら紹介します。
 amazonマケプレにて251円(ようするに本自体は1円ですな)で購入。

Ca3h0285_2

 なんか、五反田のツタヤにずーーーーーーーーーーーーっと置かれててかわいそうなので買いましたw 105円。ナイトフォール作戦についても触れられてるようです。

Ca3h0275

 これは多分新規OPENのブクオフだったんじゃないかなあと思います。勿論105円ずつ。

Ca3h0276

 この右側の写真ですが、雑誌とかにも使われまくってて正直「もう飽きたよ」って感じです。左のコートの写真は珍しいですね。

Ca3h0277

 24の小説本って、最初英知出版ってとこから出てたんですが、後から竹書房に代わったんですよね。これはその英知出版版。

Ca3h0278

 もう今となるとめっきり懐かしいライアン・シャペルさん。鼻曲がりのダンディですね。最後かわいそうでしたけども。

Ca3h0295

 ちとブレていますが、表紙こそ実写ですがこれマンガです。米アマで買いました。

Ca3h0296

 中身はこんな感じ。絵は結構ウマいです。私は一話目までしか読んでないんですが、二話目からチェイスが出てくるみたいです。最後はナイトフォール作戦らしいんですが…。
 価格は$21.36。80円換算とすると1708円くらいですね。まあ厚さを考えれば妥当かと。

■トレーディングカード
 実は前回からカードそのものは変わってないんですが、バインダーを新調しました。

Ca3h0265

Ca3h0264_3












Ca3h0266

 見ても分かる通り、Season5用となってますが、持ってる分全部入りましたw
 内側も凝っていて、このように24マークが。amazonで5,800円。リフィルはこちらが最適です。


 トレーディングカードのバインダーって、日本は四穴ですが海外は三穴なんですね。でもこちらのは両方に対応していて問題なく使えました。ちなみに楽天でもこれとは別のメーカーのを買ってみたんですが、セットはできたんですが上が少しはみ出てしまい、カットする羽目になりました。

■BE@RRICK(ベアブリック)
 いろんなものとコラボするので、知らない人はあんまりいないと思うんですが、24の場合、4,5回はコラボしてます。

Ca3h0262_2

 ペプシのおまけ。楽天オークションで549円。中には小冊子が入っていて、作品解説があります。おまけにしてはなかなか凝っていると思います。

Ca3h0261_2

 これはれっきとした製品ですね。ジャックというよりチェイスじゃない? ってカンジなんですけどねw これもちょっとどこで買ったか不明ですね…。

Ca3h0263

 これ、今公式の何かの景品になってますよね。つまりFOX側ではあぶれてるってことですよね。リデンプションVer.なんですが、私これに4,200円も払ったんですよ。

■雑貨

Ca3h0291

 別に公式の24グッズじゃないんですがw トニー愛用のシカコカブスのマグカップです。CTU襲撃のシーンの時に、カルロスさんが天井に投げたらしいですがそれでも無事だったんだそうです。さすがにSeason7に出すのは不可能でしたね。
 で、このシカゴカブスのマグカップは今は違うデザインに変わってしまっています。
 ヤフオクで1,980円。

Ca3h0254


Ca3h0255













 このライジングウェーブという香水はラ×センとかいろいろなものとコラボしてるんですが、それの24Ver.。外箱だけではなく、ちゃんと瓶にも24のロゴがついてます。香りはムスク系ですね。

Ca3h0282_2

Ca3h0283_2












 この名刺入れもいわくつきで、いわゆるアメリカンサイズなんですよ。なので日本の名刺は入りません。私はキンコーズで切ってもらいましたけどね…。
 送料70円の398円で、ヤフオクで落札。

Ca3h0297

 ブレブレになりましたが、ロスコのメッセンジャーバッグです。まあこれがないとコスプレは始まらないというか。ファイナルで持ってるカバンはいかにも高そうですけどね…。
 楽天で購入。これです。

 あ、私が買った時より値上がりしてるw 私が買った時は1,700円程度だったんですけどねえ。

Ca3h0257

 ごく普通の携帯ストラップです。確かフジテレビのサイトで買ったような…? 色はいくつかありましたが、私は青が好きなので青にしました。

Ca3h0259

 ジャックのドッグタグ。生年月日とか血液型は入ってないですね。生年月日は決まってるんだから入れればいいのに。

Ca3h0258

 これ多分、パチンコ・パチスロ関係のものじゃないかと思います。デザインがあまりにあまりですからねえ。楽天オークションで1,280円で購入。

Ca3h0268

Ca3h0269

Ca3h0270

Ca3h0271

Ca3h0272

 アラームつきクロックです。モードを変更するとこのように色々な色に光って綺麗なのですが、上部についてる「24」のロゴ意外には24とは何の関連性もないです。カウントダウンの音がするとかそういうこともないです。AUとのコラボ品。

Ca3h0256

 何やらスピリチュアルなパワーを持ったお人形さんらしいです。24とは全く相いれないんじゃないかと思うのは気のせいでしょうか…スーパーナチュラルとかとコラボすればいいのにw 楽天で990円。

■おもちゃ

Ca3h0290

 お待たせいたしました。イベントの時にも並べてたジャックさんのフィギアです。amazonで6,480円。

Ca3h0286_2

Ca3h0287

Ca3h0288

Ca3h0289

 クリックして拡大してみるともっと分かると思いますが、コレは似てます。

Ca3h0298

 チョロQセット。楽天で3,500円。

Ca3h0299

 外箱のデザインはイマイチですけどね。

Ca3h0300

 CTUアタッシュケース。これは一番サイズが小さいものです。どのくらい小さいかというと、

Ca3h0301

 このように、カバーをした任天堂DSLiteしか入らないくらい小さいですw ちなみにサイズが大きいものはちゃんと取っ手がついています。

■ポスター

Ca3h0292

 イベントで使ったファイナルのもの。確かヤフオクで300円くらいだったような気が。

Ca3h0293

 Season7のもの。ヤフオクで1,000円。ぼられたなあw

Ca3h0294

 最初の二枚がA2サイズに対し、こちらはA1サイズと大きいです。ちょっとどこで買ったか不明。でも業者からだったと思います。

 これで全部だった、と思います。膨大な雑誌記事の方はもういくらかかったかなんて考えたくもありません。40ポケットあるA4のファイル四冊分ですからね。まあそれには24とは関係ない「ミラーズ」のプレスパンフとかも入っていたりするんですが。

 でも思うんですけど、特に24に思い入れがないなら、オークションで処分するのは正に今年一杯が勝負どころですよ。来年になったらもう終わってるんですから。なので、雑誌も(扱いが小さかったとしても)渋々買ってるんですけどね。雑誌・本についてはこちらに詳しく書いているのでどうぞ。一応独断と偏見の五段階評価もしています。

| | コメント (0)

2010-11-07

続きを読む "2010-11-07"

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

む~ぱら13小町亭写真集♪

 写真撮ったの忘れてました。実況しなかったのは、モザイクとかかけなきゃいけなかったからです。電源的には充電器とエネループ持って行ってたんで大丈夫だったんですけどね。

Ca3h0232

 まずは正面から小町亭のブースを。一番左がトレーディングカードで、その次が看板、その次が雑誌の切り抜き四冊と米アマで買った24のコミックです。ポストカードと本が並び、見づらいですが、黄色い無料本と白いペンタゴンのすぐ上にジャックさんの頭がw その後ろには、他のコレクションを貼りつけた(今結束バンドって黒もあるんですよね)コレクションボード。
 ちなみにポスターですが、ツタヤとかからパクったわけじゃないですからね。オクで買ってます。

Ca3h0233

 ちょっと離れて見たところ。ジャックさん相変わらず隠れてるしw 看板は、二枚目ということで(疲れたため)かなり適当に作った代物。

Ca3h0237

 「B37」はホワイトボード用マーカーで書きました。この看板を作った時点ではまだ決まってなかったので。ラミネートは前にも書いたと思いますが、キンコーズでやってもらってます。

Ca3h0238

 反対側からブースを見たところ。24のトレーディングカードのファイルは結構いい出来だと思いますが、何分海外規格なので三穴というのがネックでした…(結局バンダイのが対応してましたけど)。
 こっちの看板は、CTUのマシンに入ってる壁紙とMacOSをベースに作っています。見た目シンプルですが、手はこっちの方が凝ってます。

Ca3h02342

 コレクションボード。銃所持OKだったら、中央の首かけのバッジをつけてウロウロしようかと思ってたんですけどね…。左下はライジングウェーブと24のコラボ香水。右下はその箱です。そして手前にジャックさんw

Ca3h02352

 お、やっとアップに! でも顔わからないしw(別にワザとじゃないんですよ、設置しちゃった後だったんで下から撮れないんですよ)

Ca3h0236

 販売物全部。ポストカードで唯一売れたのが左下の24のやつです。
 ちなみに本もポストカードも、一番上は見本となっていてカバーやラミネート加工をしてあります。今後も使いますのでね。

Ca3h0239_2

 姫が私の携帯で撮影してくれたもの。IDカード裏返ってますねw 一応ジャックの写真のやつなんですが。(しつこいようですが4,200円もしました) 左腕のG-CHOCKは勿論ジャックモデルです。ほとんど見えないですが結婚指輪もしてます。あと、これだとあんまりカラコン入れてる事は分かりませんね。
 ちなみにどうして半袖の下に長袖を着てるかというと、半袖にしてしまうと腕の刺青を再現しなければならなくなってしまうからです。神は細部に(以下略)。

Ca3h0240

 最終的に捨てたゴミ。黄色いのはホームズのスタンプラリーだったんですが、たいして回らなかったので。一番下にあるのが手書きのペーパーですね。「小町亭のご案内」というのは三つ折りになっていて、「BODY WILD」などの紹介も書かれています。次のイベントではまた別のデザインで作ります。(新刊が出るため)

| | コメント (0)

MoviesParadise13反省会

  • まず売上。
  • 24本(5) 水と炎(2)※Tittwer割引適用 ポストカード(1)※佃ニカさん分
  • 500*5+((500*2)-100)+100=3,500
  • 最初20部持って行くつもりで用意していたが、直前になって10部に変更して大正解。
  • もうコレクションの類は二度と持って行かない。それをやるくらいなら、「東京小町の家で42型プラズマで24ファイナルシーズンを見るオフ」とかやった方がよっぽど有意義だ。(なので、コレクションは明日あたりここでまた紹介します)
  • 結局カタログは本当に入場券としての役割で、サークル券があっても(カタログ券がない人については)買わされた。なんだかなあ。(私は絵師さんに送ってしまったので現金で買った)
  • ブースに長居しない、というのは基本的に同人誌即売会での鉄則なのだね。「ゆっくりしていってね」は通用しないってことだ。良く分かった。コレクション並べるくらいなら、コピー本の一冊もあった方がまだましってことね。
  • 一人赤毛の外人が来て、何やらじーっとコレクションやジャックさんのフィギアを見た後、笑って立ち去った。何か買ってけよこの毛党
  • ブースに貼る用のポスターを三枚も用意したのに、結局使えたのは一枚だった。でも24ってことが遠目からも一目瞭然でアイデアとしてはよかったと思う。
  • ジャックさんのフィギアについて「作ったんですか?」と聞かれた。そんな器用さがあったら今頃わたしゃ海洋堂にいるわ!
  • 私は最初買物に出て、戻ったのが13:30頃。その時点で24本は三冊売れていた。これって最初から狙ってきている人だよね。どんな人か知りたかったな。
  • 無料本はさんざアピールしたおかげで全部はけた。余分な荷物は作りたくなかったので本当によかった。(でも最後のページに「続きはWebで!」って書いてあるんだよねw これの前のエントリはそのせいですw)
  • ポストカード惨敗がなんとも。やはり100円という価格設定が高かったか。次回からは50円にしようかな。でもニカさんのポストカードを買って行った人は「すごく上手ですね~」と褒めていたので、分かる人には分かるんだよな、その価値が。やっぱり腐女子って男のカラミが見たいだけなのかな。文学フリマでも同じ価格設定にして様子見するか…。あと本とのパックセットを作ろうかと思ったり。(部数限定で)
  • 姫(専属絵師の神威なつきさんのこと。戦国時代のお姫様みたいだから私が勝手にそう呼んでいる)がなかなか来ないのでメールしてみたら、「反対側に行ってしまった」とか返事が来たので「そこかしこにいる警官に聞いたらいいんですよ」と返事を返した。
  • 姫は差し入れを持ってきてくれた。甘いお菓子と、しょっぱいお菓子と、すっぱいお菓子。ナイスチョイスw 私は他の絵師の人達には先日送った本とポストカードを手渡した。
  • ついでに姫は「BODY WILD」のキャラデザ(着色後)を持ってきていて、しばらく相談。川崎が未だに決まらないのは痛いなあ…。
  • 結局私のコレクションを一番堪能していたのは、私の左隣で同じ24本を出していたB28「Heaven's Ruler」の花柚屋おみつさんだった。同人歴聞いたら20年だって! A3のコピー本も作れるというホチキスを持っていた。さすがだ…最初は聖戦士星矢だったんだって。思わず「私が小学生の時だ!」と言ってしまった…。
  • 結局オリジナル「水と炎」を買って行ったのは、Twitter割引適用の人(男性)だった。あまりの女性しかいなささに驚いてたけど、告知ページにもさんざ警告したつもりだったんだけどな…?
  • 先日買った「HEROES」本のサークルさんが出ていて「コレ持ってますよ、面白かったです」と言ったら喜ばれた。ついでに新刊も買った。
  • あのさ、「インセプション」ってそんなに面白かったか? すげえ人気でびっくりした。やっぱり世間一般の評判とは一致しないのねー。
  • 今回コスプレイヤーはほとんどいなかった模様。つかほぼ普段着なのでコスプレ登録すらしなかった金髪碧眼の私の方がよっぽど目立ってたと思う。ジャック・スパロウとホームズは見たけど、うーん。というカンジ。
  • このイベント、サークルカットがでかいのでイラストがやっぱ多い。私なんてこれだもんな。でもおみつさんに言わせると、今回は絵が多い、とのことだった。あといつもいる筈の大手がいないとも言っていた。場所が変わったせいなのかな。

    Moviesparadise13

  • えー当然ですがスパナチュとCSIはガン無視で。(ピー)いいのに。
  • 結局、180円でダンボール箱を買い、千いくらかでコレクションと買った本を宅配した。本は4,000円程度なのでたいして買ってない。小説書いても買わないからね、私は!
  • あと今回本は各10部に絞ったんですが、本を買った人にあげるもの(しおり、ペーパー、イベントのチラシ、手書きの直前ペーパー(←これが結構面白いこと書いたんですけどねー))に関しては20部用意しちゃったんですよね。なので、ペーパーとかはもう会場で捨ててきました。使いませんもん。
  • えーとパンフレットによると、次回の『MoviesParadise14』は、2011/4/17(日)大田区産業プラザPio1F大展示ホール(つまり文学フリマと同じ場所ですな)になるそうです。二言はないですよねケットコムさん?
  • まあ、その時たとえ自分一人だったとしても24本を出すのはやぶさかではないです。書きたい話のネタはまだまだありますんで。今回はCTUすら出てこないからね、一種の家族ドラマだし。でも書き終わって「どうしてこうなった」と思うくらい暗い話だよなあとは思ったけどね…
  • まあ、待っている人がいるとは到底思えませんが、「水と炎 第二巻」と今回の24本、「DISTORTED PENTAGON」のWeb版販売については今週中になんとかしたいと思うております。
  • ということで、次回のイベントは12/5(日)の「文学フリマ11」になります。場所はさっきの大田区産業プラザPioで、大展示ホールだけでなく小展示ホールも使用する模様。スペースはまだ来てまへん。小説のみという性質上、男性の割合も高く、比較的男性にもオススメのイベントとなっております。私は勿論24本もポストカードも出します。(コレクションは持って来ませんよ) ポストカードは新たに二種増えます。今回もプロに発注してます。あとこの前、十年前くらいに書いた超短編集を見つけたのでそれをコピー本として出そうと思っています。(だって「水と炎 第三巻」もう刷り終わってんだもんw)しょうこりもなくTwitter割引やるので、来る気がある人はレッツ登録。アナウンスは後程。


 ついでですが、今後のイベントで既に申込済みのものを書いておきます。

 いずれもオリジナル創作小説で出してます。(文フリはまあ当たり前ですが、詩とかもあるんですよ)
 あとK太郎さんとかとも話してたんですが、地方のイベントにも行きたいなあと思っています。今のところ本気で出たいと思っているのは2011/3/27(日)の「COMIC CITY大阪83
 博多とかも行ってみたいと言ったら「じゃあ(キング・オブ・深夜バス)はかた号乗んなさいよ」とか言われました…ヤラれるのは嫌です…。
 まあ来年の話はまだ考え中です。上の申し込んだイベント以外は。

 ということで、まあ、疲れたけど面白かったです。文学フリマよりはずっと華やかでしたしね。今日も既に荷物が三個くらい届いててまだ開けてないんですが、それは明日にでもご紹介いたします。

 私は顔を見てませんが、24本を買ってくれた三人の人、ありがとうございました!

| | コメント (0)

【超ネタバレ】「だいたいあってる」約五万五千字で分かるこれまでの「24-TwentyFour-」(後半)

※MoviesParadise13で無料本を貰った人はここからが続きです

 メイヤー議員が帰宅すると、とっくにジャックがお待ちかねだった。そしてスタークウッドに関する情報を全て出せと言われる。敵なのか味方なのか、今朝の印象とは違うと思いながら渋々データを出すメイヤー。
 一方FBIではモリスが、クロエがジャックに加担してたこと、データの改ざんを行ったことで犯罪者として拘留されている事実を知らされていた。そして取引条件として、ルネたんがジャックに送ったメールの、どうしても解読できない暗号部分を解読しろと持ちかけられた。モリスは気が進まなかったが、妻の為にちゃっちゃと作業を終わらせる。

 ジャックの標的(違うけど)がメイヤーであることが分かったモスはSWATも引き連れて現場に向かう。

 パソコンを調べるジャックに、メイヤーは今朝の公聴会で後悔はしていないと言ったが実は後悔だらけなんじゃないのか? ときく。ジャックは一番悔しいのは未だに自分のような人間が必要だということだ、と答える。求めるところは同じなんじゃないか? とメイヤーは思うが、ジャックの心情はうかがい知れなかった。

 ジャックはついにスタークウッドとジュマを繋げる証拠を見つける。スタークウッドの情報筋が殺されたのだが、そいつは国防総省にゆすりをかけていた上、大量破壊兵器を購入するつもりだとか言っていたと―
 サンガラにいたことがあるジャックは、サンガラで殺傷兵器の実験が行われていることを知っていた。スタークウッドは技術力を、ジュマは被験者を提供していたのだ。
 しかしその時にメイヤーの家に訪問者が現れる。DC警察だと名乗っているが、ジャックは出るなという。メイヤーは信じることを覚えてみたらどうだ、私がなんとかするからといって玄関のドアを開ける。そこにいたのは、ライアンを殺した刺客で、メイヤーはサイレンサー付きの銃で撃たれた。ジャックはナイフしかもっていなかった為、すぐさま逃走した。
 刺客とジャックは激しい戦闘を繰り広げた後、ジャックが勝つ。積み荷はいつつくと尋ねると、刺客はもうついているという。携帯を奪って中を見てみると「アレクサンドリア港 C区 22時15分」というメールだった。

 FBIは依然ジャックを追っていたが、さらにメイヤー議員殺害の容疑まで加わって物凄いことになっていた。モスに至っては「見つけ次第射殺」とか言う始末。

 ワシントンD・Cのカフェで優雅にお茶してたトニーのところにジャックから電話が入る。そして銃と偵察用具一式を持ってアレクサンドリア港まで来てくれと言う。トニーが理由を尋ねようとするも、電話は切れた。

 一足遅く現場に到着したFBIはジャックがメイヤーを殺したのだと思い込み、イーサンにそう報告する。さぞかしオリヴィアは喜ぶだろうと自嘲気味に笑うイーサンだった。

 ジャックはメイヤーと共につきとめた事実をトニーに電話で話す。国内でテロが起こったとあれば、スタークウッドの出番が増えるというわけだ。逃亡犯故、誰の手も借りられないがやるか? と聞いたジャックにトニーは協力しますと答えるのだった。

 メイヤー死亡の報告がホワイトハウスにされ、ジャックの拘束を解く命令を下したイーサンは辞意を表明する。テイラーは反対するが、イーサンの決意は固く、辞表を置いていくと言って去っていった。

 アレクサンドリア港についたジャックとトニーは、そこにいた警備員までもが買収されていたことを知る。そして警備員に盗聴器を仕掛け、当初の通りに扉を開けさせる。が、警備員はスタークウッドの車に乗せられてしまう。守ってくれるのか? と聞かれて約束する、と答えたジャックだったが、それはまたも守られそうになかった。

 イーサンは部屋を片付けて帰る支度をする。そこへオリヴィアが現れて謝罪の言葉を述べる。表面的ではないと判断したイーサンも本音と助言を告げるが、オリヴィアは聴いてないっぽかった。イーサンがいなくなると早速オリヴィアはメイヤー議員殺害はジャックの仕業というスクープをマスコミに売り込むのだった…

 証拠を洗っていて何かおかしいと気付いたモスは拘束中のルネたんにスタークウッドが何に関係しているのか尋ねる。最初は渋るも、結局真実を話すルネたん。そして捜査に協力したいと言うが、モスは許可しなかった。

 殺されそうになる警備員をジャックとトニーは見守ることしかできなかった。サイレンサーを銃につけようとするジャックを見て「二対十ですよ!?」と説得するトニー。だが警備員は殺そうとしているスタークウッドの兵士をジャックが撃ったことにより、助かったのだった。

 コンテナを持ちだそうとするスタークウッドの兵士達を相手にたった二人で銃撃戦を繰り広げるジャックとトニー。コンテナは車に積まれてしまい、ジャックは車に飛び移り運転手を落として車を乗っ取る。一方トニーはストークスに見つかっていた…
 トラックに乗っていたジャックはコンテナに異常がある警報を見て、驚いてトラックを降り、コンテナを見に行く。生物兵器が漏れていた。なんとか止めるが、兵器を浴びてしまった。そこへ追ってきたスタークウッドが現れ、ジャックは逃げるしかなく、生物兵器は奪われてしまった。

 ジャックはモスに連絡し、スタークウッドを追うようにと、疾病対策センターの人間を自分の基に寄越すように言う。疾病対策センターの人間はすぐに到着し、ジャックは念の為の対策と検査を受けることになる。

 スタークウッドには生物兵器が到着していた。ホッジスはすぐに攻撃準備に取り掛かれと命令する。一方人質となってしまったトニーはFBIがどこまで知ってるか吐かせられようとしていたが、そう簡単には口を割らなかった。

 時期大統領補佐官を選出しているテイラー母娘の元に、ジャックはスタークウッドに濡れ衣を着せられていたという報告が入る。そしてスタークウッドによるテロの可能性があることも。テイラーは官僚と統合参謀本部を招集するように命ずる。

 拘束されていたルネたんはモスから事情を聞き、ジャックの為に涙を流す。そして大統領の指示が来たら即スタークウッドに踏み込めるよう準備するのだった。

 やっと家に帰れると思っていたアーロンのところにオリヴィアが現れて、自分は臨時補佐官になったから専属でついてくれという。強引なオリヴィアに、溜息をつくしかないアーロンだった。
 監禁されているトニーを殺しにストークスがやってくる。が、彼は後からやってきた側近のシートンに殺されてしまう。シートンはホッジスのやり方には反対で、刑務所に行くのはごめんだという考えだった。トニーは自分には恩赦を与える権限がないから後で申し出るんだなという。二人は安全な回線を用意すべくシートンのオフィスに向かう。

 ジャックの検査結果が出た。ジャックは運命を受け入れることを決める。そしてFBIに到着する。ルネたんと再会するジャック。そして感染していることも知らされる。ジャックは感染しているが、他人にはうつらないらしい。そして調書を取る準備をするルネたんだった。

 シートンによって安全な回線を確保したトニーから大統領に直電が入り、海軍の協力を借りてスタークウッドに攻撃することを決めるテイラー。一方FBIでも出動が始まっていた。ジャックも一緒に行かせてくれというが、モスはベストの状態で臨みたいというと「初めて意見が一致したな」と肩を落として立ち去るジャック。それを見つめることしかできないルネたんだった。

 FBIはヘリでスタークウッドに降り立つ。既に待っていたトニーと共に突入するが、そこには何もなかった。トニーはシートンにハメられたのだ。ジョナス・ホッジス直々に現れ、モスに撤退するように言う。FBIにいるルネは衛星で周囲を探索するが、四方を固められている。そこにジャックが、ダグラス・ノウルズという、メイヤーに協力していたスタークウッドの社員を見つけ出す。即ノウルズに連絡を取り、事情を話すジャック。ノウルズは協力してくれると言った。

 そしてFBIは撤退するふりをしてトニーだけを残し、ノウルズに接触させるという計画を立てる。また失敗するのではという懸念もあったが、ノウルズの協力もあり、トニーはなんとか生物兵器があるとおぼしき建物に潜入することができた。

 ジャックは次第に生物兵器の症状が現れはじめ、ついには倒れてしまう―

 一時しのぎの注射を渡された時、治療法がないこともないとジャックは聞かされる。遺伝子が適合するドナーの幹細胞を使う治療法で、娘がいるなら彼女が使えると。だがジャックはそんな気は毛頭ないとすげなく断る。食い下がるルネたんだったが、ジャックの考えは変わらなかった。

 ついにトニーはジャックが運んでいた生物兵器の容器を確認する。図面には存在しない地下研究施設があったのだ。空爆をするから早く非難するよう言われたトニーは撤退を開始する。

 一方トニーを助ける為に拘束されたノウルズはホッジスと言い合いをしていた。二十年来一緒に仕事をしてきたのに、どこで食い違ってしまったのか。結果ホッジスが酒の瓶でノウルズを殴りつけ(何て原始的な…)、殺した。

 F18戦闘機が発進し、スタークウッドに向かっていた。ホッジスはテイラーに直電して(いつの間にか専用回線を設けていた)F18を撤退させないとミサイルを発射すると脅す。テイラーは仕方なく撤退命令を出すのだった。

 スタークウッドにまだいたトニーは、地対地ミサイルに生物兵器を搭載して発射しようとしていることを知り、ジャックに連絡する。ジャックはトニーにC4でそれらを破壊するように言い、大統領にもそのことを告げる。大統領ははっきりとは許可しなかったが、ジャックは許可されたのだ、仮に失敗しても大統領の責任ではないと判断しトニーのバックアップに回る。

 一方ジョナス・ホッジスはシートンと共にホワイトハウスについていた。テイラーと話し合うためだ。ホッジスは第五の軍としてスタークウッドを参入させることを要求してきた。テイラーは資料を見ようともしなかったが、ジャック達の作戦に賭けるしか術はなかった。

 トニーはなんとかC4で爆破することに成功、それを合図にFBIが踏み込んだ。ホッジスは拘束される。

 ジャックの症状は進行しつつあり、記憶がおかしくなり始めていた…

 ルネたんはキムを呼んでいて、そのことをジャックに告げる。激昂するジャックだったが、実はキムはロスから公聴会にも来ていたのだと告げられ、娘に会うことに決める。
 やっとのことでキムと再会するジャック。キムはいろいろ手を尽くしてジャックを探していたらしい。そしてジャックを遠ざけたことを子供じみていたと謝る。だがジャックは死にゆく姿を見せたくないからもう帰ってくれとキムに告げるのだった。できることならば娘と人生をやり直したいと思いながら…

 スタークウッドを制圧しつつあるFBIは、生物兵器がまだひとつ残っており、それが持ち出されたことを突き止める。それを追うモスと一緒にいる(拘束されている)トニーは、阻止に協力するが、トニーはモスの口と鼻を塞いで殺してしまう…

 生物兵器を持った男がトニーにそれを見せる。確認するとトニーは連絡するからそれまで隠れていろ、と告げた。

 トニーはモスの亡骸を見ながら、生物兵器を持ち去った男がFBIに追われていることを無線で知る。そして自らの身体に銃弾を撃ち込んで、到着したFBIに不意打ちに合った、と告げる。

 ルネたんはキムに帰ると知らされて驚くが、父はテコでも動かないと言われて内心納得する。そしてキムは帰り、次に知らされた事実は、モスが死んだということだった―
 事実上ボスに昇格したルネは現場に向かうといい、部下達に命令を下して出て行くのだった。

 ジャックは調書を取られていたが、記憶障害がかなり進んで難航していた。休憩しましょうと言われた時にルネたんに会い、まだ生物兵器が残っていたこと、モスが死んだこと、トニーが負傷したことを聞かされる。

 一方トニーはFBIから治療を受けながら彼等の行動を把握し、生物兵器を持って逃走している男に建物をC4で爆破するように言う。それからいい手があるといって詳細を話すのだった。

 ルネたんがヘリで発とうとしている時にジャックが現れ、一緒にいくという。「テコでも動かない」ジャックなのでしょうがなく連れて行くことにするルネたん。

 拘留されているホッジスのもとに、ホッジスの弁護士に化けた仲間が現れる。そしてホッジスは精神不安定に陥ったというのが「彼等」の結論。と言い、家族を犠牲にしたくはないだろうと脅したうえで心停止を起こす薬を渡そうとする。がそこへルネたんが現れ、連行すると言ってきた。

 トニーの言った通りに、生物兵器を持った男はFBIの人間になり済まし、無線でC4を仕掛けた建物にFBIを誘導する。ジャックは症状がますますひどくなり、「行けない」と言い、ルネたんたちは向かうのだった。

 搬送中のホッジスは、搬送に付き添った男が元兵士であることを刺青から知り、スタークウッドの兵の有能な働きぶりを知らされて、幾分か気が楽になり、渡された薬を飲む。容体が急変したホッジスは病院に搬送される。

 建物の外で待つジャックにトニーはFBIに戻った方がいいのではと言うが「テコで(以下略)」ジャックはそこにいるという。そこに、先程調書を取っていたFBIの人から電話があり、先程聞いた話に思い違いがないか確かめられる。今じゃなくてもいいだろと思いつつジャックは間違いないと答える。
 モニターでFBI捜査官の姿を追っていたジャックは、一人が建物の外にいることに気付き、罠であることを見抜く。ルネたんに撤退させろというも、建物は爆破された。

 ルネたんはなんとか無事だった。そこへまたジャックのところに調書の捜査官から電話があり、トニーが尋問した相手は国境で捕まり、尋問された形跡もなかったということを伝える。トニーが嘘をついた? ジャックは直接問いただす。トニーはシラを切り通そうとするが、傷も自作自演だろうとジャックに指摘されるとこんなことはしたくなかった、首を突っ込むからだ、という。そこへジャックを激しい発作が襲う。持っていた筈の薬はトニーが持っていた。トニーはジャックが発作を起こしたといって人を呼ぶ。ジャックはトニーが第二の容疑者だとなんとかルネたんに伝えるが、トニーはFBIの捜査官を二人殺して逃げた後だった。
 また、怪我をしていると思わせて病院に搬送途中だった生物兵器を持った男も、車を乗っ取って逃走し始めた。

 トニーと生物兵器を持った男は合流するが、男は生物兵器を持っていなかった。容赦なく男を痛めつけて場所を聞き出そうとするトニー。

 テイラーの元に、ホッジスが病院に搬送されたとの連絡が入っていた。弁護士「らしき」女が何かを渡したようだと。同時にジャックからも連絡が入り、トニーが裏切っていたことを知らされる。そしてホッジスに死亡証明を出させることを条件に上に誰がいるのか吐かせることを提案する。

 トニーはホッジスの弁護士になりすました女、カーラに会っていた。そして容器を使うなら今しかないと提案する。カーラは「彼等」に聞いてみないと、というのだった。

 テイラーとオリヴィアはホッジスが自殺未遂したことを知らされる。そしてテイラーはジャックに提案された証人保護プログラムのことを話すのだが、オリヴィアは大反対(そりゃそうだよな、兄弟殺されてんだから)。しかしテイラーは書類を作るよう命じるのだった。

 カーラは「彼等」と、PCを用いて完全匿名な状態で残された生物兵器をどう使うかを説明し、ゴーサインを待っていた。多数の人員が反対意見を示す中、No1だけはやる価値があると主張し、テロのゴーサインは出た。カーラはほっとする。

 一方一命を取り留めたホッジスはFBIで死ぬはずだったのに余計なことしやがって、と文句を垂れるばかりだった。ジャックはそこに乗り込んでいって、共謀者の名前を吐かなければ、生きていることをマスコミにリークして「お友達」になんとかしてもらう、という。しかし本当にホッジスは名前を知らないようで、弁護士になり済ましたカーラがその一部であることは吐いた。メイヤーが封鎖したCTUのサーバが必要になり、ジャックはホテルに泊まっていたクロエに電話をかけて協力を仰ぐのだった。

 カーラの計画は、中東系の青年ジブラーン・アルザリンをテロリストに仕立て上げ、朝の通勤列車に生物兵器をまくというものだった。カーラとトニーが迫っていることも知らずに、当の本人は弟と朝食を取っていた。

 どうしてもホッジスの待遇に納得がいかないオリヴィアはとある人物に電話をかけて、「会いたい」と告げるのだった。アーロンは気持ちは痛いほど分かる、何かできることは? と聞くと「ホッジスを殺してくれるなら」と口を滑らせる。

 FBIではジャニスとクロエがCTUのサーバ復活作業を行っていた。不平不満を口にするジャニスに、ジャックは「パーマー大統領の命令だ」といって激昂する。だがそれはテイラーの筈で、病気は確実に進行していた。クロエにとっての上司のジャックの状態を察したジャニスは、協力することに決めた。
 そして会話の中で、クロエは自分だけが何か知らないことに気付く。そしてジャックが生物兵器に感染したことを知って、ジャックに詰め寄る。泣きだすクロエに、助けが必要だ、というジャックだった。

 ジブラーンはあらかじめ用意された声明文を読み上げ、それを録画されていた。そこへDC警察がやってくるが、トニーに脅されジブラーンは嘘をついて警官を追い返す。

 クロエは銀行口座への送金情報からジブラーンを突き止める。ビザ切れのため、保証人となっているモスクの同師のところへ向かうことにするジャック。

 モスクの同師、ムフタディ・ゴハールの元にルネたんとジャックは来ていた。ゴハールは、非常識な時間に令状もなしに、おまけに昨日の朝の公聴会に出ていたジャック同伴でやってきたFBIに対して協力しないと断固した姿勢を示す。ところがその時、ルネたんにジブラーンの家にDC警察が行ったという事実が告げられ、懸念は確信に変わった。ジャックはゴハールを拘束するが、病気であることを知っているルネたんは最早ジャックを止めることはできなかった―

 ジブラーンは弟に、実は自分はテロリストで、これからアメリカに報復すると告げる。こうすれば弟は兄はテロリストだと警察に証言し、弟は生きていられるからだ。弟につばを吐きかけられ、「今日は最悪の一日だったが、こんな兄弟がいることこそ最悪だ」と言われ、弟に生きていて欲しい気持ちと弟に軽蔑されたショックがないまぜになるジブラーンだった。

 オリヴィアのもとに、暗殺を実行するらしき者から電話が入る。そして銀行口座を教えられ、送金され次第実行する、とだけ言い相手は電話を切った。オリヴィアは送金画面を目の前に迷うが、結局送金ボタンは押せず、キャンセルするのだった。

 移動中のルネたん、ジャック、ゴハールの元にクロエから連絡が。調べ上げた口座への入金、閲覧サイト、それら全てがここ三十分の間に仕掛けられたものであることが分かったというのだ。ジブラーンがハメられたことに気付いたジャックは自分のうかつさに悔やむが、ゴハールは協力すると言い出す。即ゴハールの手錠を解いたジャックにゴハールは驚いたという。政府機関の人間は自分の間違いを認めない、と。だがジャックは認めた。だから許す、と。許してもらいたいわけじゃない、とジャックが言うとゴハールはじゃあせめて自分を許すすべきだと告げる。妻が死んでからというもの、後悔と自責ばかりの人生だった。そしてジャックは言うのだった「そうするのは、とうに諦めた」。ゴハールは神と向き合うのに手遅れということはありませんよ、という。その言葉がジャックの心に不思議に響き、かといって何も言えないジャックだった。

 FBIから移送されようとするホッジスは、車に仕掛けられた爆弾によって死んだ。

 その事実がホワイトハウスにいるテイラー夫妻(ヘンリーはテロの危機が分かった段階で移ってきていた)とオリヴィアに知らされる。暗殺者を仲介した男に電話をかけて、送金しなかったのに実行されたことを言うオリヴィア。相手はとにかく落ち着けといい、後で会おうというのだった。

 ルネたんとジャック、FBIはジブラーンの家に突入するが、既にトニーとカーラはおらず、見張りの男が一人いるだけだった。弟の拘束を解くと、弟はガラスをたたき割り、その破片で見張りの男の首を指してしまう。またまたまたまた(もっと続くくらい)「唯一の手掛かり」が命の危険にさらされた。
 なんとか治療をするが、モルヒネを打たせずに、トニーの居所を聞き出そうとするジャック。ハイパージャックタイム発動。傷口に指突っ込まれるって、痛そう…。男は緊急の電話番号を知らされているが、緊急時以外にはかけるなと言われているという。じゃあ緊急の用事を作れ、というジャックだった。

 その電話を逆探知して位置を割り出そうとするジャック。クロエに電話して、指示を与えている時にジャニスとちょっとした言い合いになるが、ジャニスの挑発にもKYなクロエは乗ってこない。肩すかしを食らった気分になるジャニス。

 電話はかけられ、会話はなされた。だがあまりにも時間が短すぎて、地区しか特定できなかった。相変わらずのムチャ振りで「何とかしろ」というジャックにクロエは集中したいのでといって回線を切る。ジャックはDC警察に連絡して絞り込めた地区に警官を送り込めという。

 オリヴィアは最早アーロンにも疑われ始めていた。勝手にいなくなったり、重大な規定違反で、護衛官である私の責任になる、とアーロンは言う。オリヴィアは暗殺者を手配した男に会い、その男が「送金されてこないと言われたが、やれと自分が命じた」という。いいのか、と確認した時に君はまっすぐこちらを見ていいと答えたからだ、と。そしてすぐに送金しろと命じられるオリヴィアは、混乱しつつも戻るのだった。

 地下鉄のレッドラインに乗り込んだジブラーン。同じ車両に変装したカーラも乗っていた。そして生物兵器の起爆スイッチを入れると、途中の駅で降りて行った。

 クロエがついにトニーの居所を突き止める。車ごと突進していってトニーの車を止めるジャック。トニーは小型PCを破壊し、その直後ジャックによって気絶させられる。小型PCは完全に壊れてしまっているように見えたが、これが唯一の手掛かりなのだ。データはFBIに送られるが、クロエは修復は不可能だと答える。だがジャニスはそうかしら? といい手を動かし始めるのだった。

 トニーの意識が戻り、今までのいろいろな感情が一気に噴出して怒りのままにトニーを殴りつけるジャック。そして銃を抜いてつきつける。失うものは何もない、言わなければ殺す、と。だがトニーもまた俺に失うものがあると思うか? と聞いてくる。ジャックが知っていたトニーはここには既にいないのだ…

 一方クロエはジブラーンの居所を突き止め、ジブラーンがトニーから受け取っていた無線の周波数を合わせてジャックと繋ぐ。爆弾なんて渡されていない、と答えるジブラーンに探せと指示するジャック。そして爆弾は見つかった。残り時間は一分と十八秒。急いで駅の外に出るジブラーン。ジャック達も急行するのだった。

 ジブラーンから容器を受け取り、猛ダッシュで走るジャック。かつて感染した直後自分が監禁されていた部屋に爆弾を入れ、ロックをかけると、しばらくして気体が噴出された。テロは防げたのだ…

 一方ロスに変えるために空港で待っているキムは、不審な男がいることに気付く。そして夫婦がいる隣の席にいいですかといって座り、背後に不審な男がいないか尋ねる。どこかへ行ってしまった、と聞かされ安堵するキム。だがその人物はジャックが差し向けた見張りだった。そして、この夫婦こそが本当にキムを狙っている者たちだったのだ。夫婦の夫はコーヒーを買いにいくふりをして、ジャックの差し向けた見張りを殺した。それは、カーラがトニーを殺させないために仕組んだことだった。

 戻ったオリヴィアに対し明らかにアーロンは怒っていた。だがオリヴィアの巧みな芝居にとりあえず応じたふりをし、イーサンに電話をかける。丁度起きていたイーサンはいきなりの電話に驚くが、用件はこうだった。パーマー大統領の時代に、 首席補佐官のオフィスに改良が加えられましたよね? と。部屋の録音ができるようになっており、それは今も有効だが聞くためには自分の指紋認証がいる、とイーサンが答えると来てくれないかとアーロンは言う。事情を聞かないと行かないというイーサンに答えられないというアーロン。仕方なくイーサンはホワイトハウスに向かう。

 FBIにトニーが輸送されようとしている時、ジャックの携帯にカーラから電話が入る。画像を送ったから早く見た方がいいわよ、と言われ見た画像はキムだった。トニーを逃がさないと娘がどうなるか。それから見張りは殺したと告げられ、ジャックはFBIの車に一緒に乗っていくことにする。勿論、トニーを逃がすためだった。

 ヘリにも見張られているFBIの車だったが、カーラに指示をされ、ついにジャックは動く。銃を構えて、ルネたんと他の捜査官を武装解除させ、ドライバーの手をハンドルに手錠で固定させた。そして高速を降りさせた。相変わらずの手腕に関心するトニーだった。
 だがジャックはこうしないとキムの命が危ないのだ、と告げる。(トニーはそれ以上話すなという) 事情が分かったルネたんは「連中のいいなりにならないで」というのだった。車は、カーラの待つとある場所についていた。ジャックはトニーに銃を奪われ、手錠をかけさせられた。
 カーラはジャックをすぐに始末した方がいいというが、トニーは感染しているジャックからなら病原菌を取り出せる、と告げる。素晴らしい計画にカーラは納得し、科学者を呼ぶのだった。

 オリヴィアが司法長官から調書を受けている間に、アーロンは首席補佐官の部屋にイーサンを入れて録音のメモリーカードを取り出させる。しかしそれに気付いたオリヴィアはイーサンを拘束するよう命じる。

 ルネたんはジャニスに連絡を取り、空港にいるキムが危ないことを告げる。人をやろうかというジャニスだったがルネたんはそれは危険だと、まず監視役を特定しないと、と告げる。一心に作業を進めるクロエに、思うところはあったが協力を決めるジャニスだった。

 ルネたんは空港に電話してキムを呼びだす。そしてトニーがテロリストでジャックを人質に取って逃げたこと、キムに見張りがついていることを告げる。そしてキムはやっと隣に座っていた夫婦がそうなのだということに気付く。飛行機に乗ってはマズいということは分かったが、かといって何もできないキムだった。

 空港警察が入ってきた事に気付いた夫婦はまず妻がキムを拘束し、夫が銃で応戦し始めた。キムはなんとか持っていたペンを妻の脚に突き刺し拘束を免れた。夫は警察に足を銃で撃たれ、逃走を始めた。キムはそれを追うのだった。

 オリヴィアと対峙するイーサン。最初はとぼけるが、結局メモリーカードのことを話す。一緒に聞こう、といっても応じようとしないオリヴィアに、何を恐れている? と聞くイーサン。とにかくカードを取り戻したいオリヴィアは護衛官にボディチェックをさせ、メモリーカードを手に入れた。イーサンは「どうやら君は事の重大さが分かってないようだな」というと「どっちが」と返すオリヴィアだった。

 手に入れたメモリーカードを破壊するオリヴィア。だがそれはカラの何も入ってないカードだった。
 袖口から本物を取り出してアーロンに確かに彼女は何かを隠している、車に再生機があるから聞いてから連絡する、というイーサンに、オリヴィアがシロであってほしいと願うアーロンだった。

 ジャックは簡易医療施設のようなところに運ばれていた。最早自分で歩くこともできなくなっているジャックに、トニーはあんたの身体から生物兵器を作る、と聞かされる。やめろ、と何度も叫ぶジャックだったが、台にうつぶせに寝かされ、身体が動かなくなる薬を打たれてしまう。

 トニーはカーラに、組織の主要メンバーになりたいと申し出る。これが初めての話ではなかったようだが、今日の貢献は評価に値するだろう、だから話を通してくれ、後は自分で売り込む、というトニー。トニーに惚れているカーラはやるだけやってみることにするのだった。

 見張りの夫を追うキムは、撃たれた血痕を頼りに追跡を進めていた。あのノートPCだけでも確保できれば…立体駐車場に出たキムは、空港警察の人間にルネたんに連絡を取るように頼む。ルネたんと繋がり、犯人は車で逃走しようとしていることを伝えるキム。
 逃走者は発砲され、事故を起こしてひっくり返ってしまう。キムは何とかノートPCを取り出そうと車の中に入る。しぶとくも死んでいなかった夫に手をつかまれるが、なんとかPCを奪い、炎がうつった上着を脱ぎ捨てて、ルネたんにこのPCで私は監視されていた、中を見れば証拠が見つかるかも、という。プロ並みの知識に驚くルネたんに「CTUにいた」とキムが告げると、ならクロエにやらせればいい、とルネたんが言うとキムは電話してくれというのだった。

 ジャックの検査の結果は、生物兵器は作れるという結論だった。早速それを組織のウィルソンという男に報告するカーラ。そしてトニーが組織の中核に入りたがっている話もする。なんとか説得をして、ウィルソンは三十分でそちらに向かうという。そしてトニーに会って気に入らなかったら…分かっているよな? と聞かれるカーラ。カーラは十分分かっていたが、その事実をトニーに言うことはできなかった。

 ジャックは隙をついてメスなどを使い医者達を殺害、逃亡する。

 イーサンは車でメモリーの中のオリヴィアの会話を聞き、ホッジス殺害に関わっていた真実を知ってしまう。

 ジャックはタクシーが入っているガレージを見つけ、それで逃走しようとするが、トニーに見つかり、気絶させられてしまう…

 ホワイトハウスでは真実を知ったイーサンとオリヴィアが対峙していた。辞表を提出するというオリヴィアに、それだけでは済まされないというイーサン。この件は大統領に任せる、自分の口から真実を告げるんだな、というイーサンに、自分のしたことの重大さに気付いたオリヴィアだった。

 拘束されたジャックは、トニーに真の目的を聞かされる。三年かかって探し当てた、ミシェルを殺した大本は、「彼等」の組織の一人でカーラと連絡を取り合っていたアラン・ウィルソンだったのだ。今日やってきたことが個人的復讐と知り、トニーを責めるジャック。だがトニーも自分がいたからあらゆるテロが解決したのだと反論する。そしてジャックにC4ベルトを取りつける。こんな役目を押しつけて悪いが、俺はウィルソンに近付けそうにない、と…

 ウィルソンが現れた。そしてジャックの引き渡しも行われようとしたその時、ルネたん率いるFBIが現れて銃撃戦に。ジャックはルネたんのおかげで爆弾を解除される。ウィルソン、カーラと共に逃走したトニーをジャックは追う。最後の決着をつけるために…

 逃げおおせたウィルソンとカーラのもとにトニーが現れ、ウィルソンの前だというのにカーラはトニーに抱きついてしまう。だがそのカーラはトニーの銃弾に倒れた。そしてウィルソンを傷めつけながら、今まで抱えてきた思いをぶつけるトニー。そこへジャックが現れて、トニーの肩を撃った。

 トニーはジャックに罵声を浴びせながら連行されていった。「あんたは逃げた。今やこいつらの仲間か? テリーはどう思ってるだろうな? 答えろよ? ジャック、あんたは腰ぬけだ!」

 ウィルソンはいけしゃあしゃあと弁護士と話せとルネたんに言う。ルネたんは言う「人でなし」と。

 そして運ばれようとしているジャックのもとに行く。どうしたらいい? と問うルネたんに自分の信じることをしろ、というジャック。君なら大丈夫だ、ルネ、と思いながらジャックは運ばれていった。

 ホワイトハウスでは、オリヴィアがホッジス殺害を計画し実行させたことを話していた。ヘンリーは家族を守ってくれとテイラーに言うが、テイラーは法は犯せないという。そんなテイラーにヘンリーは君の仕事が家族を犠牲にしたのだ、とナイフを突き立てるようなことを言う。そこへ朗報です、と連絡が入り、テイラーは出て行き、父と娘は泣きくれるのだった。

 FBI本部ではクロエが帰り支度をしていた。そしてこの環境で働いているにしてはあなたデキるわ、とジャニスを褒める。お世辞でも嬉しいとジャニスが言うと「お世辞じゃないから」といって、帰っていくクロエ。

 ジャックはウエスト・アーリントン病院のICUにいた。面会の人が来てます、と聞かされジャックはやっと来たかと思う。ジャック自身が読んだのは、あのモスクの導師ゴハールだった。
 ジャックはずっと考えていた、償う時間があればと、という。ゴハールはそれは正に今だという。ジャックはあなたは俺のしたことを知らない、俺は罪深すぎるという。ゴハールは、我々はややこしい時代に生きている、単純にはいかない。だが、私には分かる、目の前にいるあなたには欠点もあるが美徳もある。それが人間なのだと。
 そしてゴハールは言う「あなたが犯したすべての過ちについて、自分を許せますように―」。

 テイラーは法を破ることはできなかった。オリヴィアを連邦拘置所に連行するようにアーロンに命じた。最早ヘンリーは何も言おうとしなかった。部屋を出て打ちひしがれているところにイーサンが現れ、話を聞くと「私がいます」という。辞表を取り消してくれるのか、とテイラーが聞くとお望みなら、と答えるイーサン。テイラーは早速アラン・ウィルソンの話をし始めるのだった。

 ルネたんはFBIのバッチを置くと、アラン・ウィルソンが拘束されている部屋に単身乗り込んでいくことに決めた。ジャニスはモスもこんなことは望んでいない、というが最早聞き入れないルネたんだった。

 キムは病院に現れていた。既に眠らされているジャックの側にいたゴハールが彼は自分の死を受け入れた、という。だがキムはパパはそうでも自分は違うといい、医者に例の治療はまだ間に合うかと聞く。間に合うと聞かされると、リスクは承知だからやってくれ、とお願いするのだった―

あとがき

 ということで、やっと完結いたしました。Season7だけこれほど長くなったのは、適度なまとめ資料がなかったこと、あと私が今のところ一番好きなシーズンであるということが挙げられます。
 この小説を翻訳(執筆?)した人は、「リデンプションは(贖罪)という意味だったが、このシーズンにサブタイトルをつけるとしたら「コンフリクト(conflict)」=葛藤が最適ではないかと考えると後書きに書いています。確かにこのシーズンではFBI、ジャック達、大統領側の様々な人間が時として決断を迫られ、「葛藤」する場面が何度も存在するからです。そして、時にはだいじなものを失う羽目に陥るのです。

 死を結構あっさり受け入れるジャックですが、本当は死にたがっていたのではないかと思える節もありますね。生きていればロクなことにならないし、死んで償えればそれでもいいと思っていたのかもしれません。だから生物兵器に感染したことはむしろ好都合だったかもしれない。
 でも神はそれを許さなかったのでしょうね。そう簡単にいかせてなるものか、と。

 私自身は、24はこれで終わりでもいいんじゃないかと思っていました。ジャックの生死が不明でも、その後のルネたんのことが分からなくても、DAY7はメイヤー議員が糾弾したこと、それはまた視聴者の代弁でもあったわけですが―に答えを出しているからです。

 フリードリヒ・ニーチェの「善悪の彼岸」という本に次のような一文があります。

"Wer mit Ungeheuern ka"mpft, mag zusehn, dass er nicht dabei zum Ungeheuer wird. Und wenn du lange in einen Abgrund blickst, blickt der Abgrund auch in dich hinein." (ドイツ語)


He who fights with monsters should be careful lest he thereby become a monster. And if thou gaze long into an abyss,the abyss will also gaze into thee.(英訳)


『怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。』(日本語訳)

 ジャックの場合は、どちらかというとテロリストのやり方に「合わせてきた」という表現の方がしっくりくると思うのですが、一歩を踏み出すとどんどんエスカレートすると自身で言っている通り、そのうち誰もが恐怖するような話題の捜査官と化してしまったわけです。これはジャックの「現場主義」という性格も関係していると思うのですが、徐々になっていったジャックに対して一度のテロで悪魔と化してしまったのがトニーですね。
 彼は妻を殺されるまでは法を順守する捜査官でした。ただ妻を人質に取られたりと、それで政府の仕事が嫌になって辞めてしまうわけです。丁度Season4冒頭で国防総省に勤めていたジャックと同じような気持ちでミッシェルと暮らしていたことでしょう。
 「割にあわない仕事」「好きだからできる仕事」というのが世の中にはたくさんあると思います。末端IT系なんてまさにこれに当てはまると思うのですが、政府関係者、公務員等も割に合わないところは沢山あるんじゃないのかなあと思いますね。

 トニーはジャックに最後「逃げた」と言いますが、ジャックは別に逃げたわけでもないし、個人的復讐をしたわけでもありません。(結果としてニーナを殺す事にはなりますが) ただ仕事してただけ。それだけです。

 それでもやりきれないというのならば、やはり辞めるしか手はないのでしょう。
 私はやれと言われたら冗談じゃないと答えますね。だから納税しているわけです。(休職中ですが払ってますよ)

 PMC(民間軍事会社)についてですが、日本ではあまりピンとこない話でも、アメリカではかなりの市場のようです。日本でも、例えば私の通っている図書館にいる人達は公務員ではなく、一般企業から派遣されている人達です。公務員のあり方も昔とは違っているんですね。
 戦争は既にビジネスなわけです。悲しいことですが。

 前から思うことですが、戦争で唯一原爆を落とされた国として、日本は何かできることがあるんじゃないかと思うんですよね。身近なところとしては、まず忘れないこと、そして語り継いでいくこと。
 24では比較的イージーに核が扱われていますが、「はだしのゲン」の壮絶さに比べたらその描写は生ぬるいものです。インディ・ジョーンズの最新作とかでも思いましたが、アメリカ人の核に対する考え方はもう少し改めて欲しいものだと個人的には思います。

 好きな作品が終わってしまうことは名残惜しいですが、きちんとお金を払うべきところに払って、楽しむだけ楽しんで、論議したければ論議して、本を書きたければ書いて、マンガを書きたければ書くといいと思います。それが楽しむって事ですからね。

| | コメント (0)

【超ネタバレ】「だいたいあってる」約五万五千字で分かるこれまでの「24-TwentyFour-」(前半)

※これはこのエントリの続きとなります。
※MoviesParadise13にて配布した無料本をお持ちの方は同内容ですので、最後の一行だけ読んでください。

24 -TWENTY FOUR- リデンプション [DVD]

24 -TWENTY FOUR- リデンプション [DVD]

価格:1,500円(税込、送料別)

■アフリカで二時間戦うジャック! そしてアメリカでは初の女性大統領が誕生―
□リデンプション

15:00から17:00の約二時間のドラマ。Season6(DAY6)とSeason7(DAY7)の間を橋渡しするストーリー。

 ジャックはサンガラという(注:架空の)アフリカの国にいた。そこでかつての同僚、カール・ベントンと一緒に、孤児や子供たちのための学校を運営していた。

 サンガラはベンジャミン・ジュマ将軍率いる軍によるクーデターが起こり情勢が非常に不安定、かつアメリカが軍事介入をしている状況だった。そんな中、イケ・デュバク大佐率いるクーデターの一味は、少年兵を増やすべく子供を誘拐して次々と洗脳、兵士に変えていっているのだった。

 ジャックの居所は既にアメリカ政府にバレており、行きすぎた拷問などについて公聴会に出るよう召喚状を何度も送られてきていた。だがジャックはそれには応じず、「出て欲しかったらここまで迎えに来い」といった態度だった。

 一方、アメリカでは歴史上初の女性大統領が誕生しようとしていた。アリソン・テイラーである。
 彼女の息子が母の就任式に行く直前、友達から緊急の用事があると電話がかかってくる。その友人は証券会社勤務で、どうも不正行為に加担されたらしいということを告げる。

 前大統領(と推測される、ウエインのその後が不明な為)ノア・ダニエルズは選挙でテイラーに負け(元々勝つつもりはなかったと言っている)、ホワイトハウスを明け渡す段階に入っていた。酒をすすめるダニエルズに断るテイラー。そして核兵器について重要な書類を彼女は受け取るのだった。

 そして多くの国民が見守る中宣誓を行い(これオバマが間違えてやりなおしたやつね)、アメリカ初の女性大統領が誕生した。 

 アフリカのサンガラでは、ジャック達のいるところにもついにデュバク大佐の魔の手が迫っていた。既に子供が一人殺され、一人は怪我を追っていた。
 急いで作っておいた地下のシェルターに子供達を非難させ、コンビで応戦するカールとジャック。ジャックは一端捕まって拷問を受けそうになるがハイパージャック足で首折りタイムを発動、なんとかその場はしのいだが、場所を知られてしまった以上逃げるしかない。カールが保証人となって孤児たちをアメリカに亡命させようと、アメリカ大使館にバスで向かうことになる。

 ところが敵はヘリで追ってきた。バスを捨て、森の中を通って逃げることにする一行。しかし子供を助けようとしたカールが地雷を踏んでしまい、ジャックは解除を試みようとするがカールは行けという。
 敵を引きつけるだけ引きつけて、カールは敵を道連れに死んだ…

 アメリカ大使館前は亡命を求める者たちで溢れかえっていた。ジャックは大使館の役人に子供たちの亡命を訴える。だが役人は、ジャックも一緒にアメリカに行くことを条件として出してきた。仕方なく従うジャック。思わぬ形でアメリカに帰ることになるのだった―

■CTUはもうないからFBIに協力! 死んだ筈のアイツの目的は…
□Season7(DAY7)

 朝8時からスタート。
 とある娘を持つ父親が、娘を車で学校に送りに行っていた。娘は買い与えられた携帯に夢中になり「非常時以外は使うな」と父に注意される始末。と、そこで父の携帯に電話がかかってきて父が出るが反応がない。すると黒いバンが急にぶつかってきて、事故に。バンから飛び出た一味は男をさらって逃げ出すのだった…。

 一方ジャックはワシントン・D・Cで公聴会に出席していた。メイヤー議員と対峙するジャックは弁護士もつけず、「自分の行動には後悔していない」とハッキリと述べる。しかしそこで邪魔が入った。赤毛とそばかすが特徴のFBIのルネ・ウォーカー捜査官(以降ルネたん)。彼女はFBIの捜査の為にジャックを必要としているので連れていくという。なす術もなく、ジャックはルネたんについていくのだった。(1ブロック先だってんで徒歩で)
 ジャックを待つ身のFBIは、今朝がた拉致されたマイケル・レイサムの事件について会議が行われていた。彼はCIPファイアーウォールの設計者で、それは国内の重要なインフラシステムを防御するためのものだった…

 ちゃっちゃと済ませて帰らせてくれ、といった感じのジャックだったが、ルネたんから信じられないものを見せられる。とある事件の容疑者として防犯カメラに写っていた人物写真。それは髪型こそ坊主になっていたものの、死んだ筈のトニー・アルメイダだった。「信じられない」というジャックに「彼の墓を掘り起こした」というルネたん。DNA検査の結果はトニー・アルメイダではないことを示していたと。「見たくないならそれでもいい」と言い放ち、資料を置いてその場を立ち去るのだった。

 飛行機の管制システムにアクセスしようと試みる一団がいた。そしてそこのトップはトニー。CIPモジュールがうまく動作しないので、彼はレイサムのところに装置を持って行き直すように告げた。

 ホワイトハウスでは、ジュマ将軍による民族浄化と、それに対して軍事介入しているアメリカ政府を批判する番組が流れていた。大統領補佐官のイーサン・ケニンと話をしているテイラーの元に、ファースト・ジェントルマンであるヘンリーが現れてマスコミ対策の是非を問う。できるならお願いしたいという妻の返答に答える夫。夫婦は数ヵ月前にロジャーという息子を自殺で亡くしていた― 統合参謀本部は招集され、会議が始まろうといていた。

 CIP装置はレイサムの手で修理され、トニー達はノースイースト空港の管制システムに侵入することが可能になった。

 FBIではルネたんがジャックと改めて話をしていたが、ジャックはどうにも信じることができずにいた。何故? という言葉が頭の中を巡るだけ。その時、ノースイースト航空の管制から連絡があり、システムに侵入された可能性があるとのこと。今朝からの一連の事件はこれが目的だったということが分かった。ジャックは分析官であるショーンから、既にFBIが調べ上げていた情報を見ていった。
 統合参謀本部が揃ったホワイトハウスでは、ジュマ達を一掃すべく攻撃を仕掛ける会議が行われていた。すぐに実行するように言うテイラーだったが、難色を示す者もいた。その中、FBIからCIPファイアーウォールの件がテイラーに伝えられる。「これがサンガラへの軍事介入と関係があるなんてこと、ないわよね?」と鋭い大統領。だが真相は目下調査中で分からないというのが、テイラーに示された事実だった。

 ファースト・ジェントルマン、ヘンリーは息子の自殺がどうしても信じられず、探偵に密かに調査を行わせていた。その結果、息子の交際相手にどこからか大量の送金があったことが分かる。ヘンリーは直接彼女を問いただすことに決める。

 ショーンが出した六人のメンバーのファイルを全て見終わったジャックは、昔ジャックやトニーが使っていた調達屋が侵入の為のIDカードを用意したのではないかと推測し、その調達屋を確保しに行くことにする。ジャックが行くというのに対し反対したのはルネたんの上司、ラリー・モスだった。ルネたんはなんとかラリーを説得し、ジャックと共に調達屋・シェクターのもとへ向かうのだった。

 シェクターはジャックが来たことに驚くが、FBI捜査官つきなので安心して二人を部屋の中に通す。単刀直入にトニーはどこだと問い詰めても答えず、これ以上は弁護士が来てからだというシェクター。ジャックはハイパージャックタイムに入る前にルネたんにお伺いを立てるが、許可が出たので、シェクターの目にペンを突き刺そうとする。シェクターが観念して話そうとすると、彼は狙撃されてしまう。向かいのビルからだ。現場へ急行するFBI支援チーム。そこにジャックに電話がかかってくる。相手の声はまぎれもなくトニーだった。そして「関わるな」と言い、電話は切れた…

 ノースイースト管制センターでは飛行機との交信が完全不能となり、パニックに陥っていた。トニー達が完全に飛行機を操っていることが分かるFBIだがなす術がない。

 ジャックは狙撃犯のあまりに迅速な手口に、FBI内に内通者がいるとルネたんに告げる。信じられないルネたん。組む相手は選んだほうがいい、というジャックから銃を没収し、車に乗せるのだった。ビルはSWATが捜索を始めていた。

 トニーは管制センターの人物に電話をかけ、JFK空港の様子を見ろと告げる。すると二台の飛行機が正に正面衝突しようとしていた。が、トニー側が警告を発し、片方の飛行機が上昇することでニアミスに終わった。「次はマジでやるぞ」とトニーが言うと電話は切れた。

 エマーソンという人物がトニーの元を訪れる。そしてCIP装置のテストは成功したと聞かされ、装置を受け取る。次の仕事は? と問うトニーに、分かり次第教えると答えるエマーソンは密かにトニーを恐れてもいた。
 ホワイトハウスでは、サンガラの前首相だったウレ・マトボとテイラーが会談していた。マトボは国内にいては殺されてしまう為、アメリカに逃げてテイラーと協力して事態を収束しようと動いていた。そこにJFKの一件が飛び込んできて、トニーのことも大統領に伝わる。

 シェクターを狙撃したトニーの仲間は、徐々に狭まるSWATの包囲網になす術がなく、トニーに助けを求めた。トニーはすぐに人をやり、FBIの扮装をさせ、建物から出した。だが靴が違うということにジャックが気付き、ルネたんに密かに追跡してアジトを割り出そうともちかける。ルネたんはそれに乗り、二人は車で男を追い始めた。

 ジュマ将軍の腹心デュバクはアメリカにいた。そしてCIP装置と万が一の時のために連れられてきたレイサムを引き受ける。

 イーサンの元に、ヘンリーの護衛官である男から電話がかかってくる。今どこにいるんだと問い詰めるイーサンに、護衛官は真実を述べる。次から次へと起こる問題に、うんざりするイーサンだった。

 FBI本部のモスはビル捜索の結果が出なかったことを聞かされていた。同時に、ジャックとルネたんが一緒にいなくなったことも告げられる。言わんこっちゃない! と怒りに震えるモスだった。すぐにルネたんに電話をかける。ジャックは出ない方がいいというがルネたんは電話に出る。適当に嘘をつき、電話を切ったルネたんは不機嫌になるが、ジャックはあまり意に介さなかった。

 失意のモスは分析官ジャニスに、ルネたんの居所を無線機から割り出せと告げる。「わかりやすい人(=ルネたんにぞっこんなのね)」と思いながらも、ジャニスは命令に従う。

 最早真実追求の鬼と化したヘンリーは、息子の彼女サマンサに会っていた。サマンサはお金の出所は違う理由だと説明するが信じないヘンリー。途方に暮れるサマンサだった。

 ルネたんとジャックが追う狙撃犯は港に車を止めていた。連携プレーで狙撃犯を拘束するジャック。お手製(布を巻きつけただけ☆)サイレンサーで防犯カメラを撃ち、船内に潜入。だが証拠は消された後だった。逃げるトニーを拘束するジャック。何があった!? という問いに、トニーが答えることはなかった―
 テイラー大統領のもとに、ついにデュバク大佐からCIP装置はこちらの手の内にある、利用されたくなかったら軍事介入をやめろという脅迫が届く。

 FBIでは連行されてきたトニーの尋問の準備が進められる。ルネたんはジャニスに内通者がいる可能性を告げ、なんとか突き止められないか頼む。セキュリティレベルが引き上げられ、文句を垂れるショーンに仕事は山ほどある、と言い放つジャニスだった。

 エマーソンはボスであるニコルズに、トニーが拘束されたことを告げる。がニコルズは切り捨てる姿勢を見せる。トニーを良く知るエマーソンは見捨てるなどありえなかった。そこにディバクがやってきてやり方が生ぬるいんじゃないかと文句垂れるが、ニコルズがあっさりとあしらうのだった。

 デュバクとトニーが繋がっていることがわかり、ジャックはトニーと二人きりで対峙する。ジャックの性格を誰よりもよく知っているトニーは簡単にジャックをキレさせる。めっきりお馴染みハイパージャックタイム、トニーの首根っこ掴んで壁に叩きつけるジャック。するとトニーは小さな声で「ディープスカイ」という単語を口にする。直後、モス達が介入してきてジャックは尋問室から出される。

 尋問室から出たジャックは携帯でとある番号にかける。先程トニーが口にした単語は、CTUの緊急回線を示す単語だったのだ。電話の相手は声を変えており、誰か分からない。ジャックは自分のことを名乗り、トニーからこのことを知らされたことを告げる。すると電話の相手は変換機を外し、自らの声で喋った。「ジャック、私だ。ビル・ブキャナンだ」ビルは一方的にジャックからトニー拘束などの情報を聞きだすと「安全な回線でかけ直す」と告げ、一方的に電話を切ってしまう。
 ビル・ブキャナンと共に一緒にいたのはクロエ・オブライエンだった。彼女が使う為のちょっとしたワークステーションも揃っている場所に二人はいた。ジャックに全部話すのか、と詰め寄るクロエに「トニーに潜入捜査を続けさせるためには仕方ないだろう」というブキャナンだった。

 一方ホワイトハウスに戻ったヘンリーは、イーサンから息子がインサイダー取引の疑いをかけられていたのだということを聞かされる。そしてそれを夫に告げないようにと指示したのは大統領だったのだと…。妻に秘密を持たれ、ショックを受けるヘンリーだった。

 テイラー大統領は、こうなった以上撤退するしかないのではと言われていた。宣誓した事実と、今起こっている現実をはかりにかけ、苦悩する大統領だった。
 今か今かと電話を待っていたジャックは、かかってきた電話に開口一番「ビル! 時間がない! 早く説明してくれ!」という。そしてトニーは潜入捜査をしているだけでテロリストではないと告げられる。そして政権内部に腐敗が広がっていて、それを何とかできるのは自分達しかいないのだとビルは言う。クロエとも話すジャック。「テレビ映りはよかったですよ」と公聴会の感想(?)を言う。ビルはジャックに、トニー脱出に力を貸すように頼むのだった…。

 ヘンリーは自分のオフィスで、妻に隠し事をされてたことについて仕方のないことだと考えていた。そこに電話がかかってくる。相手は息子の彼女、先程思いっきり叱咤した相手サマンサだった。彼女は息子さんは殺されたのです、会えますかという。勿論だと答えるヘンリーだった。

 FBIではモスがトニーの尋問を行っていた。もっと強硬な策に出ないと、訓練された元捜査官であるトニーは口を割らないのではないかと告げるルネたんに、ジャックを追い出す手続きをしろと命令するモスだった。

 ジャニスがルネたんに内通者を見つけたかも、と朗報を持ってくる。ユーザーを特定したら教えてくれとジャニスに告げ、心苦しいがジャックの退館の手続きを取るルネたんだった。

 サーバ室で内通者を調査するジャニス。そしてそれがショーンであることを突き止める。が、見事なタイミングでサーバ室に現れるショーン。スパイだとという問いに、妻が乗っている飛行機が心配だったんだ、と告げるショーン。ジャニスはうっかり内通者のことを話してしまう。ショーンこそが本当の内通者であるとも知らずに…
 FBIでは手続きを終えたルネたんがジャックのところにやってきていた。ジャックは電話をイヤホンマイクに繋ぎ、クロエと事前に話をしておいた。そして何気ない素振りを見せた隙にルネたんを締め上げ、お約束「力を抜け」と言って落とし、銃とIDカードを奪って部屋から出るのだった。
 尋問室に行き、モスと警備員に銃を捨てるよう言うジャック。仕方なく従う二人をジャックとトニーが気絶させた。ビルからだいたいの話は聞いた、クロエの誘導で出るから俺についてこい、というと「分かりました」と従順に答えるトニーだった。

 クロエはFBIのシステムに侵入して監視カメラの映像を偽造したりしていた。だがそのことにジャニスが気付き、「締め出してやる」と腕を振るう。一方締め出された側のクロエも「だんだんムカついてきました」と言い再侵入を試みる。FBI分析官vs元CTU分析官の戦い。同時に尋問室でラリーと警備員が倒れていることをジャニスは知り、緊急警報も鳴らすのだった。

 再侵入に成功したクロエの誘導で駐車場の屋上に出るジャックとトニー。ビルが迎えに来るという。だがそこへFBI達の人員が迫る。ジャックはトニーに先に行けと言い、トニーは先に逃亡。ジャックはそこにあった車を例によって窓割り→内装壊し→配線バチッ! でエンジンスタートさせ、車ごと外に脱出するっていうか外にあった車に突っ込む。怪我もなく、トニーに援護されながらビルが乗ってきたバンに乗り込み、二人は逃げるのだった。
モスとルネたんは悔しがるしか術がなかった。

 クロエが交通局のカメラなどに侵入しまくってビルのバンを隠し続けて、逃走するビル達。モスのところにはホワイトハウスから直電が来ており、テイラーとイーサンがモスから事情を聞く。唯一の手掛かりは今怪我をして治療を受けている狙撃手だけ…FBIはあてにならない、と言うイーサン。そして撤退の進言をするが、テイラーは聞き入れなかった…。

 ビルの「隠れ家」に到着するジャックとトニー。「CTUだと思ってくれればいい」とビルは言う。クロエとも再会を果たすジャック。そしてトニーに真相を教えろと迫るのだった。
 トニー曰く、十分程心肺停止状態にあったらしい。らしいと答えたのはエマーソンに聞かされたからだとも言う。エマーソンは民間の軍事業者で、顧客に見合った人物をスカウトして仕事をさせる者だった。そして今回の任務には非常に特殊な条件があったという。それは「政府組織で働いていた経験を持ち、政府を憎んでいる者」ミッシェルが殺されたことで、トニーは見事この条件に合致したのだった。
 トニーは当初は本気で政府を恨んで仕事をしていたという。だがCIP装置の件についてはやりすぎだと考え、自らの身の振り方を考え直したのだという。何故捜査当局に連絡しなかったと問うジャックに、エマーソンの顧客がデュバクだったからだ、と言うビル。そして彼の協力者が政府内にいる。どのくらいの規模かも分からないため、トニーはビルに相談してきた、というのが真相だったのだ。

 そしてトニーをどうやって潜入捜査に復帰させるかが問題となったが、何のことはない、ジャックを使えばいいのだ。政府組織で働いた経験があり、政府を憎んでいる者― 裏付けは十分すぎるほどあった。ジャックは少しでも疑わしいところがあったら捜査機関に突き出す、と言い、異論は誰からも出なかった。
 トニーはエマーソンと連絡を取り、海外に逃がすという条件でジャックを仲間に引き入れたという。エマーソンはすぐには信じなかったが、とりあえず連れて来いという。賽は投げられた。

 狙撃者タナーの意識が戻ったとジャニスがルネたんに報告する。そしてワシントン・D・Cでも二番目に大きい法律事務所の弁護士を読んだことも聞かされる。慌ててジャニスを連れてFBIを出るルネたんだった。

 エマーソンからなんとか信頼を得て、仲間になることに成功するジャック。そして次の任務はサンガラの元首相マトボを拉致してデュバクに引き渡すことだった。

 サマンサと会ったヘンリーは事実を知らされる。今回のサンガラの件で、利益を得る政府内の人間がいること、息子はその真相に迫ったために自殺に見せかけて殺されたこと…サマンサはここに全ての証拠があるといってメモリーカードを渡す。その様子を、ヘンリーの護衛官は遠くの橋から双眼鏡で見ていた。汚染は、シークレット・サービスにまで広がっていたのだ。
 狙撃手タナーのいる病院につくなりハイパールネたんタイム。呼吸器のチューブをガン握り! ジャニスは弁護士の足止めをしようとするが不成功に終わる。が、弁護士が病室についた時にはルネたんは必要な情報を既に得ていた。段々とジャック色に染まっていくルネたんだった。

 ルネたんが得た情報から、サンガラ元首相マトボが襲われるという情報がFBI経由で公邸にもたらされた。機転をきかせてマトボとその妻をシェルターに逃がす公邸の部下。シェルターは完全防備で、中からしか開けられない。しかもFBIがこの襲撃を嗅ぎつけたことに気付いたエマーソンの部下達は撤退しようと言い出す。だがジャックは「いい手がある」と言い、「家庭用品で作れる猛毒ガス」を作り、通気口からシェルターの中へ流した。マトボは死ぬ覚悟だったが、その妻が耐えきれず中からシェルターを開けた。かくしてエマーソン一味はマトボ夫妻を拉致することに成功した。

 そこへルネたん登場。もあっさり見つかり、拘束される。ジャックに騙された(と思い込んでいる)ルネたんは怒りを隠せない。殺そうというエマーソンに対し、ジャックとトニーが反対したのでルネたんは拉致されることに。  
 FBIのモスもSWATからその事実を聞かされ、もう気が気ではないのだった。

 サマンサから貰ったデータの解読を友人ができると護衛官が言うので、その友人の家へ赴くヘンリー。だがそれは嘘で、部屋はサマンサの部屋だった。殺されそうになるヘンリー。筋書きは、サマンサと口論になりサマンサがヘンリーを殺害、ヘンリーは自殺というものだった…
 エマーソンはニコルズの命令によってルネたんを殺すことにし、ジャックに実行させる。耳元で「俺を信じれば生き残れる」と言い、ルネたんの首を撃ち抜くジャック。そして身体を穴の中に蹴飛ばして落とす。仰向けになったルネたんはわけがわからないという風に目を開けていた。ジャックは首をかすめるように撃っただけだったのだ。そしてルネたんがビニールの上から土をかぶせられていることに気付いた時には、もう視界は真っ暗になっていた。

 ビルのバンが、先程ルネたんが埋められた現場に到着する。すぐさま土をどけるが、ルネたんは息をしていない。アドレナリン注射で蘇生したルネたんはビルからジャックから連絡を受け助けに来たのだと聞かされた。

 ニコルズとの取引現場に到着するも、まだジャックを信用できないエマーソンはジャックに銃口を突き付けてトニーに問う。二択を迫られるトニー。CTUでさんざ世話になったジャック、何もかも失った時に助けてくれたエマーソン…だがエマーソンが引き金を引こうとしているのに気付き、トニーはエマーソンを撃った。

 作戦に協力してもらうために、拉致ったマトボを説得するジャック。マトボはにわかには信じようとはしなかった。

 一方デュバクは取引現場に赴くニコルズに、エマーソンを手下もろとも始末しろと命令する。トニーはFBIにつかまったから危険、一度「汚染」された人間は信用ならないというのがデュバクの考えだった。

 ホワイトハウスではイーサンが今一度思いのたけをぶつける。撤退しては、と。だがテイラーの意見は変わらなかった。

 エマーソンは死んではいなかったが、もう死にかけていた。一線を越えたあんたを許せなかった、すまないというトニーにエマーソンは「地獄に堕ちろ」と言った。

 ホワイトハウスのテイラーの元に直電が入る。デュバクからだ。窓から外を見てみろ、と言われ見てみると、上空で飛行機同士がぶつかって爆発を起こしていた―
 大統領は会議をすることに決める。しかしその会議も結局はテイラーの意見表明の場となったに過ぎず、官僚が一人その場を立ち去った。(=辞任した)

 サマンサの自宅で動けなくなる薬を盛られたヘンリーは、護衛官が家に戻ってきたサマンサをめった刺しにする一部始終を目撃する。そしてサマンサは死亡。

 マトボ夫妻に発信器をしかけ、ジャック達はニコルズを待った。だがニコルズを待ちうけていたのはトニー一人だった。「独り占めした方がいいと思いましてね」
 そこでニコルズのボディガードが発砲しようとしたのを機に、二階に隠れていたジャックが狙撃、銃撃戦となる。ニコルズはマトボ夫妻を車に乗せ、立ち去る。

 ヘンリー自殺の用意をする護衛官に、薬が切れ始めていたヘンリーは抵抗する。ロフトになっている二階から二人は落下。護衛官が下にいたため、ヘンリーは死なずに済んだ。

 ホワイトハウスでは、イーサンがもうこうなったら夫に説得してもらうしかないと、ヘンリーの護衛官の携帯に電話をかけていた。しかし彼が出る筈はなかった。もう死んでいるのだから。
 FBIのジャニスはCIP装置から特定のコードが送られていることに気付き、それを辿れば標的が分かるかもとモスに許可を得て捜査をしていた。するとボイド・ケミカル社という殺虫剤を作っている会社を引き当てる。ジャニスは急いで責任者に連絡を取り、既にトラブルが起こっていることを知る。そして全員を避難させろという。

 マトボにつけた発信機を追って、とあるビルに辿りつくジャック達。クロエの誘導に従って換気ダクトから中を探ると、デュバク達の姿を認めることができた。

 ジャニスは責任者と電話で話をして、手動でなんとかする方法を取ろうとしていた。

 デュバクの手下が、監視カメラにジャックとトニーが写っていた、二十分前のことだとデュバクに告げる。既にすぐそこまで迫ってきていると気付いたデュバクはCIPモジュールを外して逃走を試みる。それに気付いたジャック達はC4で壁を爆破して強行突破、銃撃戦となる。デュバクはいち早く逃走、CIPモジュールは破壊され、マトボは無事救出された。だがレイサムは爆弾を仕掛けられ自爆した。

 ジャニスは責任者にCIPからのハッキングが止んだことを告げ、すぐにその部屋から撤退するように告げる。しかし責任者は部屋に充満されたガスに犯され、身体ひとつ動かす事ができなかった―

 マトボ夫妻をホワイトハウスに護送することになるが、トニーは残るという。過去に犯罪を繰り返してきたため、逮捕されてしまうからだ。他の線から手掛かりを追うとトニーは言い、ジャック達と別れるのだった。

 デュバクにはマリカという恋人がいたが、マリカはデュバクの本名は勿論、本業も知らないでいた。

 ホワイトハウスに到着したジャック達とマトボは、テイラーに事情を説明する。既にシークレット・サービスの護衛官の死体も発見されていたため、内通者がいるという証拠も出ていた。しかしその最中にデュバクから直電があり、ヘンリーを使って脅しをかける。危うく指を切り落とされそうになるヘンリー。通話後、それでも屈するわけにはいかないと言うテイラーに、ジャックはヘンリー救出を申し出る。
 といっても、手掛かりを得るには情報が必要だ。ルネたんはモスに電話をかけ、自分が生きていることは伏せること、FBI内に内通者がいることを説明してからテイラーを殺そうとした護衛官の通話記録を調べてくれと頼むが、モスは直接会って話がしたいという。承諾するルネたん。

 モスと再会するルネたん(とジャック)。モスは既に調べた証拠を持ってきており、護衛官がフォスラーなる人物と頻繁に連絡を取っていたことを告げる。しかも彼は元特殊部隊でサンガラにいたこともあるという。そう簡単に口を割らないと判断したジャックは、ルネをフォスターの自宅に向かわせ、モスと自分はフォスターを探す事にする。当然反対するモスだったが、「大統領に言い訳して任務を降りるか、やるか選べ」と言われ、その場を立ち去るルネたんだった。
 マリカには車椅子(薬物摂取の後遺症)の姉、ローザがいた。ローザはマリカの恋人のことを信用しておらず、密かに調べていたがその事実を妹に告げることはできなかった…

 フォスラーの家についたルネたんは葛藤しながらも、妻を手錠で拘束した。

 フォスラーを見つけたジャックはヘンリーの居場所を聞き出すが、案の定吐こうとしない。予定通り電話を取り出してルネたんに妻子を痛めつけさせる(実際ルネたんはそう見せかけるだけにする)そしてフォスラーはヘンリーの居所を吐くが、ジャックに応戦してきたため格闘に。結果フォスラーは死んだ。

 一方ホワイトハウスでは、マトボを引き渡す際に替え玉を使って時間稼ぎをする作戦を練っていた。そこへヘンリーの居場所が分かったとの連絡が入る。

 マトボ引き渡しの現場に替え玉が到着した。撤退するように命じたが、車はロケットランチャーにより破壊されてしまった…頼みの綱はモスとジャック達のみになってしまった。

 ジャックとルネたんはヘンリーの監禁場所に襲撃するが、ヘンリーが撃たれてしまう。デュバクがいなかったことから、現場を調べることにする二人。

 ホワイトハウスに報告が入る。ヘンリーが被弾したと聞き、病院へ向かうというテイラー。イーサンは反対するが、ビルが護衛を申し出る。それからホワイトハウスの職員を調べる権限、クロエをFBIに入管させることを要求する。テイラーは承諾し、病院へ向かうのだった。

 一方デュバクはマリカのところへ行き、一緒に国外へ行こうと持ちかける。後から姉も呼ぶと。あまりに唐突な話で混乱するマリカだったが、最後には承諾するのだった。

 モリスに車でFBIに送ってもらうクロエ。息子・プレスコットに手を振って、彼女はFBIに入っていった。

 デュバクはとある男から、逃走のための書類を受け取っていた。そしてこうも言った。自分が死んだ場合は、今回の事件に加担している内通者の名前全員が明らかにされると…

 現場に残されたPDAから不審な住所を割り出したジャックは、ルネたんと共にそこへ向かう。そこはマリカの自宅だった…。おりしも国外へ出る準備をしていたマリカとそれに反対するローザは、「デュバクはどこだ!?」と聞かれても何のことか分からない。携帯で画像を見せられてもシラを切ろうとするマリカだったが、ローザが真実を話した。

 病院についたテイラーは短いながらもヘンリーと会話ができた。息子は自殺じゃなかったこと、そしてヘンリーは正しかったことを告げるテイラー。そしてビルに、娘のオリヴィアを探して連れて来てくれと頼む。

 恋人の正体を聞かされたマリカはすっかりショックを受けてしまう。そこへデュバクから電話が入り、迎えの車を寄越すからと伝えられる。ジャックは、尾行するから同行してくれないかとマリカに頼む。ローザは反対するが、マリカはやると答える。

 オリヴィアのもとに、アーロン・ピアースが現れる。そして父ヘンリーが被弾し、手術中であることを告げる。母とは折り合いが悪いオリヴィアだったが、父のことは好きだったためショックを受けつつも、アーロンに付き添われていくオリヴィア。

 クロエの誘導でマリカの車を追跡するジャックとルネたん。ところがDC警察に包囲されてしまう。FBIの内通者、ショーンの仕業だった。そしてデュバクが死ねば、内通者全員の名が明らかになるということも知らされる。

 マリカはデュバクと会う。デュバクはマリカの携帯を破壊し、ついてきてくれと懇願する。葛藤の末、承諾するマリカだった。

 一方マリカの携帯の信号が追跡できなくなったクロエは追跡不能になった場所の交通カメラから、車に乗り込む三人を確認し、ジャックに連絡を入れた。マリカが生きていると知り安堵するルネたん。

 追跡に気付いたデュバクは振りきれと運転手に命令する。急にスピードを上げた車に、気付かれたと判断したジャックは必死に車を追うが、他の車にぶつかって事故になってしまう。
 それを車内から見ていたマリカは、運転手の目を手でふさぐ。デュバクがそれをやめさせようとし、車内でもみ合っているうちにこちらの車も事故を起こす。

 デュバクは意識不明の重体、そしてマリカは車に挟まれて動けない状態だった。姉と約束したのだから絶対助けると苦闘するルネたんにガソリンに引火するから離れろというジャック。「手伝わないなら下がってて!」ジャックも手伝い、マリカをなんとか車外に出すが、彼女の心臓は動いていなかった―
 デュバクの言っていた「陰謀に加担した全員の名前が割れる」というのは、デュバク自身の身体に埋め込まれたメモリーカードのことだった。それを取り出すことに成功したジャック。そしてそれをDC警察のヘリのパイロットに渡し「必ずモス捜査官本人に手渡せ」と伝えるジャック。

 ショーンは不倫相手で、今回の件を手伝わせているエリカに、リストのメモリーカードが届いたら全システムをシャットダウンさせるように頼む。動揺していたエリカだったが、なんとか持ち直し承諾するのだった。

 そしてシャットダウンは実行された。メモリーカードは一度データをDLすると二度と使えなくなる。内通者の存在に気付いたモスはサーバ室に急行する。
 ショーンはエリカに良くやったと言い、彼女を撃つ。そして自分の腕も撃ち、やってきたモスに「正当防衛だ」と訴える。後からやってきたクロエがサーバのマシンを使い始める。しかしデータは消えてしまった。
 内通者はエリカということになり、リストは消えた。ほくそ笑むショーン。モスと会話をしている最中に、モスの携帯にクロエから電話がかかってくる。バックアップが残っているというのだ。それを聞いたショーンは逃亡を図ろうとするが、捕まるのだった。

 デュバクが運び込まれた病院にローザがやってくる。真実と、彼女の遺留品を渡すルネたん。守るって言ったじゃないか、と叱咤され、返す言葉もない。そこへジャックがやってきて淡々と状況報告をするもんだからキレたルネたんは「奥さんが殺された時も今いたいに平然としていられたわけ!?」とジャックを挑発する。「何を言わせたい!?」
「あなたに感情があるのか、私と同じ痛みを感じているのか知りたい!」といってジャックを叩くルネたん。しまいには泣き崩れ、ジャックに身体を預ける。ジャックは言う「大丈夫。痛みは薄れる。時間はかかるが、受け入れられるようになる」と―

 ホワイトハウスでは、オリヴィアがテイラーから事情の説明を聞いていた。そしてショックを受ける。

 ビルはテイラーにリストが見つかり、FBIの内通者二名が特定できたと報告する。そしてその代わり、ジャックのことに対してメイヤー議員と話をしてもらいたいともちかけた。大統領は考えてみるとだけ答えた。

 国会議事堂の正面の公園の階段に腰掛けて物思いにふけっていたジャックのところに、トニーが現れる。そして第二のテロがジュマによって十九時丁度に行われるという。手掛かりはメイヤー議員の第一秘書のライアン・バーネット。メイヤーは関わっていないのかと聞くジャックに関わっていないのは真実だと答えるトニー。そして「あなたの力が必要です」と言って立ち去るのだった。
 デュバクはジュマの手下によって病院内で殺された。その事実を知り、一体どうして…と思うルネたん。

 ジュマはアメリカに来ていた。しかもワシントン・D・Cに。デュバクの息子も来ており、父から連絡がないと訴える息子に、そのうち来るだろうと言うジュマ。しかし連絡は二度と来ない筈だった。

 クロエのもとにジャックから電話が入る。第二のテロが起こること、そして内通者リストの名前からライアン・バーネットを消去して欲しいということを言われる。迷うクロエだったが、ジャックの為、とリストから名前を削除した。FBIはモスの指揮により、一斉検挙の準備を始めていた―

 ホワイトハウスのビルの元に、スーツ姿でジャックが現れる。そして銃をビルに突き付けて、ライアン・バーネットはどこだと聞く。事情を聞くまで話さない、というビルに事情を話すジャック。ビルはジャックが尋問をしようとしていることに気付き、反対するが、手錠で拘束された上に気絶させられてしまう。ジャックは勝手に端末で訪問者リストを調べた。

 病院のルネたんはモスにデュバクは死んだが、殺された可能性が高いことを告げる。そしてその線を追うと告げる。病院の警備員は犯人とおぼしき者の写真と、車のナンバーを見せてくれた。ジャックの手を借りずとも、自分でなんとかしてみせる、と思うルネたんだった。

 クロエがリストからライアンの名前を削除したことをジャニスが突き止め、クロエは拘束されてしまう。だが同時期に、ジャックはホワイトハウスから帰ろうとしていたライアン・バーネットと対峙していた。電撃銃でダメージを与えつつ責め立てるがなかなか口を割らないライアン。そこへ、FBIからジャックが尋問を行っている可能性が高いと連絡を受けたテイラーから内線がかかってくる。電話に電撃銃を当ててショートさせた瞬間、部屋に兵士がなだれ込んできた。メイヤー議員と口論になるジャック。「そういうあなたは臆病者だ!! 本当の悪から目を背け、それと闘う意思も力もない!」

 車のナンバーから所有者を確かめ、現地に向かったルネたん。そこには多数の武装した兵士と、ジュマがいた。急いでその事実をモスに連絡するルネたん。そして川から発進した船に飛び乗った。
 船の中の会話を盗み聞き、なんとか標的をつきとめようとするルネたん。だがテロリスト達は潜水装備をつけて水中に行ってしまった。デュバクの息子が見張りとして残った船内の地図を見ると、それがホワイトハウスであることが明らかになった! と、そこでデュバクの息子に見つかり、ルネたんは再度川に飛び込んで逃げる。敵は小型ボートで追いかけてくる。必死に逃げるルネたん。

 テロリスト達はとある地点に来ると壁をドリルで壊して中に潜入する。そして水中防具を脱ぎ棄てる。後もう少しだとほくそ笑むジュマだった。

 拘束されているジャックは、ビルにライアンを尋問するよう頼む。だがビルは尋問は専門外だとして断る。食い下がるジャックの言葉に、無理なんだと思いながらその場を立ち去るビルだった。
 ジュマはホワイトハウスの内通者の手を借りて、ついにホワイトハウス内に侵入した。

 逃走するルネたんはデュバクの息子に見つかり、銃をつきつけられる。ルネたんはあなたのお父さんはジュマに殺されたのだ、と告げるが息子は信じようとしない。そして首を絞められるルネたん。死ぬのか― その時、銃弾がデュバクの息子に当たった。モスだった。
 司法長官の元へ引き渡されそうとするジャックに付き添うビルの元に、ホワイトハウスが標的だという電話がかかってくる。ジャックはビルに頼まれて協力することになる。

 大統領は急いで避難することになり、オリヴィアにはアーロンがついていた。大統領はなんとか避難室についたが、ジャックはアーロンに「三十秒以内に君達が来なければ、ドアを閉める」と告げた。
 しかしそこで襲撃に合い、ジャックは大統領と避難室に入った。アーロンに連絡を取るも、敵に捕まったのだろう、通信不能だった。

 ジュマは撤退しないと大統領を殺す、と嘘をついて護衛官や兵士達を人質として集める。アーロンとオリヴィアは隠れたままで、どうにもならない状況だった。
 FBIのルネたんとモスはホワイトハウスの近くに到着していた。
 避難室のジャックは、ジュマ達が電子ロックをハッキングして開けようとしていることに気付き、電気コードを使って電子パネルをショートさせた。

 ジョナス・ホッジスなる人物が、ジュマから電話を受けていた。手詰まりになったと。ホッジスは自分の協力があったからこそ君はそこにいられるのだ、そっちも誠意を見せて欲しいと言う。激昂するジュマに、ホッジスはホワイトハウス内にテイラーの娘がいることを示唆する。するとジュマは「積み荷は予定通り届くだろう」というのだった。

 逃げ続けるアーロンとオリヴィアだったが、アーロンは肩に被弾、オリヴィアは捕まり、避難室にいる大統領に拷問する様を見せつけられる羽目になる。ジャックの制止を振り切って、テイラーはドアを開けた。

 ジュマと対峙するテイラー。態度が変わらない大統領に、ジュマは平手打ちを放ったのだった。

 どうも選挙運動中に何かがあって、スタッフから外されたらしいオリヴィアは母に今までのことを謝る。テイラーはとっくに許している、と告げる。そして娘から母は引き離されていくのだった。

 ジャックは避難室にいる間に、ガスボンベのバルブを開けておいたという。銃弾一発撃ち込めば、爆発が起こる。それに乗じて大統領を助ける、大統領にも話はしてある、とビルに話す。ビルはそれでは自殺行為だと言うが、ジャックはそれしか方法がないという。こそこそ話す二人の会話をメイヤーが聞きたがるがジャックは内心「うるせえなこの野郎殺すぞ」と思いながら(たぶん)、適当にごまかすのだった。

 テイラーはジュマから渡された声明文を読まされた。インターネットでそれは配信されていた。

 ビルはジャックに言った。まだこれで終わりではないと。ジュマが電話で誰かと話すのを聞いたから、これが終わっても大統領は安全ではない、彼女を守れるのは君だけだ、と言うとビルは避難室に駆け込み、兵士が追ってくるのを見計らって天井に発砲した。大爆発が起こる。((ファイナルも含めて)CTU史上おそらく一番まともな支部長であった)ビル・ブキャナン死亡。合掌。

 ジュマは避難室の側にいたにも関わらず死んではいなかった。銃を抜こうとしたので、ジャックは弾が亡くなるまでジュマを撃った。

 そして避難室内のビルを見て、頭を抱えて座り込んでしまった…。それを見て、お悔やみの言葉をかけるルネたん。「俺だったんだ」という言葉を聞いて、本当はジャックがこうなる運命だったことを知るルネたん。そして、ビルがまだ終わってないと言ったことも聞く。
 唯一の手掛かりと言えるのはメイヤーの第一秘書ライアンだ。尋問の続きをさせると思いこませれば口を割らせることができるからやらせてくれ、とモスに訴えるもあっさりと却下。ルネたんはイーサン経由でモスに「命令」させたのだった。
 それがモスの知れるところとなり、モスは命令を聞かない部下はいらん、とルネたんを無期限の停職処分にするのだった。

「スタークウッド」の作戦本部でホッジスは標的について話を聞いていた。同時に、ライアンをジャックが尋問することになったことも告げられる。しかし既に刺客を送ってあるという報告に安堵するのだった。

 イーサンはテイラーに頼まれたので、オリヴィアに特別顧問に就任して欲しい旨を告げる。だがオリヴィアの口から出たのは、優秀な大統領補佐官がいたらこうはならなかった、あなたをひきずり下ろすと言う驚愕モノの
言葉だった。

 ハイパージャックタイムが始まろうとしていた。ライアンは案の定おびえ切っており、何でも話すからと言う。お楽しみはこれから(ウソだけど)、という時に、部屋にガスボンベが放たれる。ジャックは動けなくなり、入ってきた刺客はガラス片をジャックに握らせ、それでライアンの首をかき切った。

 動けるようになったジャックは刺客を追って天井裏に上った。モス達が突入した時には既にジャックはおらず、ライアンは死んでいた。当然ジャックは容疑者扱いされ、手配がされるのだった。ジャックは警備室から監視カメラの画像が入っているDVDを抜き出して逃走、モスに直電する。事情を話すが、既にパトカーが到着する。また追われる身となるジャックだった。
 逃げ込んだ駐車場で、ジャックはノートPCが入っている車を発見、これ幸いと肘でガラス割り、内装壊し、配線バチッ! っでエンジン起動させると車で逃走した。

 退職手続きをしているルネたんの元にジャックから電話が入る。ライアンを殺した人物照会をしてほしいと。最初は渋るルネたんだったが、協力することにする。
 ジャックの送ってきた画像(DVDから抜き出した)で見元は割れた。スタークウッドという、防衛コンサルタントからPMCに鞍替えした会社に所属する者だと。そしてルネたんはメイヤー議員が何か知ってるかもしれないという。メイヤーはCTU解体後、他の組織を調査していてその対象がスタークウッドだったというのだ。スタークウッドは官僚へ多額の見返り金を支払っていたとみえ、メイヤーはスタークウッドを廃業に追い込むような証拠を持っているようだ、と。すぐに住所を送ってくれと言うジャックに迷いもなくイエスと答えるルネたんだった。

 その情報を送り終わった正にその時、モスが現れる。ルネたんは何でもないように対応するが、モスはジャックに協力しているとふんでルネたんの携帯の通話記録を調べさせる。ジャックが盗んだとおぼしき携帯にかけている証拠があがったため、ルネたんは手錠をかけられて拘留させられる羽目に。

-ここまでが無料配布本の内容です。後半は11/7 17:00公開予定です-

| | コメント (0)

2010-11-06

続きを読む "2010-11-06"

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

明日、MoviesParadise13の話。

 

小町亭のサイトに少し写真を載せてみました。当日はこんなものが拝めますよという見本のようなものです。
 っつーか、こいつらが一番かさばってます。
 なので、本も冊数を減らし(本末転倒)、コレクションも一部持って行かないことにしました。(次回もありますからね) ベアブリックとか頑張って三種類くらい集めたんですが、実際拝めるのは一種類だけとなってしまいました…すみませんね…。

 でも、今日国立国会図書館から資料がついて、A4ファイル四冊(一冊40リフィル!)のファイルがほぼ埋まりました!! 映画のパンフレットや雑誌の表紙、昔のから今のまで順番ばらばらでめちゃくちゃなのでそれなりに楽しめる筈です特に某エージェントさんの頭髪の変化が。
 もう次回は2スペース取ったろかとか思いましたが…。(本を売るためではないというのがミソ)

 一緒に来てくれる売り子のK太郎さんも当日仕事なので、帰り私は一人です。もうこりゃ絶対に宅急便だわ、と思っています。少しでも本が売れてくれればいいんですけどねえ。

 ところで、Twitter特典のことですが、明日家を出る直前にプリントアウトしますので、明日の午前中、そうですね、9時ジャストくらいだったら間に合いますよ。来るつもりゼロの人に表明されても困りますが、迷ってるくらいだったらYesに入れてみてください。Yesに入れてこなかったからといって凸メールとか凸RTとかしないのでw

 これから前日のペーパーというものを手書きしようかなと思っています。私字が汚いのであんまりやりたくないんですけどね。ま、しょうがないです。

 明日お会いできる方々、楽しみに待っております。是非なんか買って行ってね。

| | コメント (0)

2010-11-05

続きを読む "2010-11-05"

| | コメント (0)

何着目だアディダスのジャージ

 ところでこの日記とはあんまり関係ないんですが、私が24の日記に書いてる「リーブ21って誰!?」と思っている人がいるかもしれないので書きますがハッサン大統領ですよ。

Img

 ちと画像が小さいですが、これはやってるでしょリーブ21。実感してるでしょ、増毛を。
 くだらんギャグはこの辺にして、今日のお話をば。

 まあ、詳しい話が知りたい人は、私のついったのログでも追ってもらうとして、ツタヤ中延店と激しいデッドヒートを繰り返した後、「もういいです。お宅には行きません。西五反田店にいきます。せいぜい頑張ってください」(相手まだ喋ってる)ガチャ切り、という決別に終わった中延店はほっといて、西五反田店に馳せ参じました。

 女の店員さんに「24てどこにありますか?」と聞いたら「あ、これから私が並べるので…」と言われて指差された棚がコレ。

Pap_0210

 確かにガラ開きw 「じゃ、待ってます」といって裏側に回ってみたら、丁度「HIROES」もファイナルの新盤が出る日だったみたいなので、えーいめんどくせえ、と1~8までを手に取りました。そこから少し左に行くと、多分エクスペンダブルズのせいだと思うんですがジェット・リーさんのコーナーが設けてあって、私が唯一DVDを持っていない「スウォーズマン 女神伝説の章」という作品があったので「これわ!」と一も二もなく手に取りました。
 待っていると徐々に人が増え始め、十人くらいになった時、こちらからお並びくださいと言われ、「私は一番乗りに来たぞ!」とばかりに先頭に並び、箱から出されたDVDを手渡されました。この時私は三枚渡されたんですが、今日のリリースはVol.5~8で四枚なので、レジにいる時に店員さんが持ってきてくれました。西五反田店は一味違いますね~
 「全部今日返します」と言ったので当日扱いで24とHIROESは340円、ジェットさんのは240円だったかな? レシート見たら、合計4,340円でした。

 んでこの後新橋→新宿といつも月一度行ってるルート(JR五反田→JR新橋、銀座線新橋→赤坂見附で丸ノ内線に乗換→丸ノ内線新宿三丁目)に行こうとしたのですが、今日は趣旨を変えて一日乗車券を買ってみました。
 五反田についた時は普通にパスモで来ちゃったんですが、これからのルートを考えると、
・五反田→新橋 210円
・新橋→新宿三丁目(都営大江戸・新宿線経由) 260円
・新宿三丁目→馬込 310円
・馬込←→五反田 340円
というルートになります。最後はDVDの返却ですね。合計すると1,120円です。都営の一日乗車券は700円なので、こっちを買った方が断然得します。おまけに都バスも乗れますからね。

 いつもの経路は、
馬込→五反田 170円
JR五反田→JR新橋 160円
メトロ新橋→メトロ新宿三丁目 190円
ということになって、これを忠実に往復すると1,040円。

 でも今日は夜に五反田に行って帰ってくるということが分かっていたので、あえて一日乗車券を買ったわけです。「そういえば浅草線の駅に新橋あったんだよな」とかアホなことを考えてました…。ちなみに今調べたら、新橋行くなら(五反田で降りない前提なら)そのまま浅草線で行った方が安いですな。そりゃそうだ。

 新橋について、商品券を買い増ししました。

Pap_0212

 こんだけあるにも関わらず足りないんですよ。四十三万とかそのくらい使ってますからね…。
 あと、溜まったポイントで出せる商品券で支払うことも可能なので、それも考慮に入れると一万円分も買えば十分かな、と思って行きました。
 今日の恰好はこんな。

Pap_0211

 昨日と変わっているのは、アクセサリー(指輪とネックレス)が追加されてるのと靴がスニーカーになったことだけ。

 したら、全国百貨店共通商品券、もう982円に値上がってました。なので、目当ての百貨店専用の商品券(980円)を買いました。

 で、新橋の駅に戻ったんですが、一度浅草線で大門に戻って乗り替えるのが馬鹿馬鹿しいので、汐留まで歩きました。乗車快適度最悪の悪名高きミラクルトレイン大江戸線に乗って新宿へ。
 大江戸線の新宿って、京王線の近くに出るんですよね。新宿とはいっても新宿三丁目方面に行きたい私としてはかなりの距離。そこで都バスに乗ろうかと最初思ったんですが、あまりにも本数が少ないので乗り替えもすぐ済む都営新宿線で新宿三丁目へ。

 そこで百貨店のポイントを商品券に変えて、清算しようとしたんですが、私が見た時よりも明細が追加されてしまったらしく、金額が跳ね上がってました。しょうがないので払えるだけ払ってお釣りを貰いました。

 丁度お昼になってきたので、味もそこそこ、値段もそこそこで回転も速い百貨店レストランへ。

Pap_0209

 私これ、ついったには「坦々麺」って書きましたけど、冷麺の間違いですすいませんでした。でもこれはかなり美味しかったです。リピしてもいいくらい。

Pap_0208_2

 おう、ブレブレぃ。デザートに豆かんも食べました。

 その下の階で何やらバーゲンをやっているらしいので、ちょっと覗いてみました。ブーツとかあったんですが「何足持ってようと足は二本しかないんだぞ!」と言い聞かせ見るのをやめました。
 ただし、前から探してたものがあってそれだけは見ました。それは、トートバッグです。
 トートバッグって使い始めると便利でついそればっかり使ってしまうんですよね。私はジム用に買った、本来エコバッグ(でもかなり生地は厚め)をよく使ってたんですが、服に合わないなあと。で、買ってしまいました…

Ca3h0205

 11,340円。中にファスナー式の物入れ兼仕切りや、携帯ポケット、上を止める金具などがついていてさすがにこの値段だったらねえ、という感じのものです。これでまんだらけやブクオフ行脚が少しは楽になるかなあと。
 正直ババ臭いかなとも思いましたが、この歳でキャラクターグッズやファンシー模様もないだろうし、あんなに生地が薄いくせに高いレスポートサックは私はキライなので、これに落ち着きました。当然革ではないので軽いです。髪色にも合うでしょう。

 んで、地下に降りてネコマンジュウの眼鏡ケース(ネットで注文してあるんですが、送料がチト高いので。振込なので私がお金を入れない限り送ってこないですからね)がないか三越アルコットと丸井を見てみることにしました。
 で、全く関係ない物を買いました…

Ca3h0204

 これ何だと思います? マグネットです。最初は全部くっついていて、本物のチョコみたいに割ることができるんですよ。ちょっとしたプレゼントにもいいと思います。525円。
 さらに、

Ca3h0196

 何着目だアディダスのジャージ! しかもこれ、下は短パンです。でもいいんです。アディダスのブーツ持ってるから! 丁度バーゲン品で、上着4,672円、パンツ2,572円でした。

Ca3h0197

 さらに手袋も。別にゴールキーパーになりたいわけじゃないですし、第一コレゴールキーパー用じゃないし。でも生地薄くて寒そうですw 1,470円。

 ここまで来て、もうアルコットなんか行った日にゃさらに荷物が増える、と思って帰ることにしました。

 で、HIROESをエンコしながら24を見て、24もエンコして再び五反田へ。
 ところが、この時点で一日乗車券をなくしてしまいました。デミット! (でも計算上は損してないんですけどね)

 西五反田店の24棚は、こうなっておりましたw

Pap_0207_2

 細かく上の方を見てみると、黄色い部分があるのとないのがありますが、あるのが貸し出されてないやつですね。となると、結構借りられてますね。

 西五反田店の販売の方で本の買取を始めたというので試しに査定に出してみました。
 ちなみに出したのは以下。


 ツタヤの後でブクオフに行ったら、ヴォリューメン+2だけツタヤは100円とかだったのに、ブクオフは500円だったのでそれだけブクオフへドナドナ。

Ca3h0225

 最近はブクオフもこういう明細出してくれるようになったんですね。
 残りはツタヤへ。アンダーワールドは1,000円は欲しかったんですが、めんどくさいのでもう妥協しました。

Ca3h0224

 携帯で撮った記録だと、ブクオフは

  • アンダーワールドビギンズ \200
  • 海外ドラマ10年史 \50
  • DVD VISION \10

 ですからね。デアデビルも確かもっと安かったと思います。

 ところで、DVD VISIONに関してはDVDは未開封なんですがページを一部切り抜いてあるんですよね~。どちらの店舗も気付かなかったようです。まあ二束三文で売るんでしょうからいいんでしょうけれど。
 あと、買物もしましたよ。

Ca3h0349

 105円だったしいいかなと思って。
 ちなみに本の横に置いてあるのはキーファーさん(推定するに「ハマースミスの六日間」の頃? 髪が黒いので)のポストカード(モバオクで落とした、50円)なんですが、フツーこういうポストカードとかそういうものって笑いませんか? それをガン飛ばしてるんですよこの野郎は。だから悪役やらされたり個性派扱いされちゃうんですよ。まあ事実個性派ですが。

 そうそう、出かける直前に荷物届いてたんですよ。

Ca3h0202

 眼鏡立て。やっと大量の眼鏡を整理することができてほっとしております。

Ca3h0203

 分かりづらいですが中央の文房具を収めている白いの。上と同じメーカーで買いました。どうも完全受注生産らしく、えらい待たされましたけどね。
 あとユニクロからも。

Ca3h0195

 これ、袖部分がオーガンジーみたいに透ける素材なんですよね。着れることはまあいいんですが、いつ何と合わせて着るんだろう? みたいな。葬式? いやいや、光る布だからそれはないな、まあとにかく何か考えて着てみることにします。

Ca3h0198

 あとはこんな二色使いのカットソーを四枚ほど。
 なんか今年のユニクロって、こういう薄手のカットソーをやたら出してるんですが、それって経費削減したいだけちゃうんか、と思ったりして。
 温度調節がきかないので、ニットのタートルとかあまり着ないんですよ私。今日も電車乗るたびにH&Mの合皮ジャケット脱いでましたからね。

 そんなとこですかねえ。これからオクの落札者に連絡しようかとも思いましたが、さすがに疲れたのでもう寝ます。

| | コメント (0)

2010年11月 5日 (金)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第十二話(03:00~04:00)

  • 「ハッキリさせときたいのー」オカマかアーロww
  • バスルームに篭城し、なんとか逃げようとするリーブ21娘
  • やっぱり自分で運転しないと気が済まないのね>ジャック
  • SWATが独走始めちゃったよ…
  • 弱いな、SWAT
  • もう地下道にカメラなしとかやめようよ…
  • 超ワナ臭いんですけど…
  • 「ねんりょうぼう」って単純に「燃料棒」のことなのね。違う漢字かと思ってたw
  • 引き下がらないねー、保護観察官。絶対にデイナが何か知ってると思ってるね
  • フランケンシュタインは最初からそのつもりでリーブ21の娘とデキてたのかな?
  • あー! 昔グラハムが(ジャックに)やられた拷問されてる!
  • ファイル33…?
  • リーブ21にも思うところがあったワケね…
  • マジだったようですね、フランケンシュタインは…
  • 保護観察官はもう何もかもお見通しだったわけね
  • ジャックナイス指示。ほんと身内のごたごたを仕事に持ち込むなよ…
  • フランケン裏切った! 面白くなってまいりましたよ!!
  • フランケン死んだか?
  • 今シーズンは展開が遅くてイライラする…
  • コールとジャックもいいコンビだね。殉職しないでほしいなあ>コール
  • えええ!? どういうこと!? 大義の為に死ぬってぇ!?
  • CTUがEMPで襲われた… もうこうなると何の役にも立たんですな…

| | コメント (0)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第十一話(02:00~03:00)

  • よく見るとそんなにイライジャ・ウッドじゃないな>暗殺者の子
  • 昔ながらの方法を使うなあ、ジャックさん
  • 問題の二人がやっとCTUにご帰還ですよ。コールは冷静だね。
  • 「君達がどーなっていよーとどーでもいー!」ヘイスティングス面白いw
  • 病院が狙われてるなあ…ミサイルとか打つ気じゃないだろうね…
  • 「ええ、当然」wwww
  • でもその後ちゃんとフォローするようになったから、クロエって変わったよね
  • 「よかった(棒読み)」アーロwwww
  • やっぱり説得失敗か…
  • アメリカに亡命してもそのアメリカが攻撃されたんじゃかなわねえなw
  • リーブ21はやっぱり弟の件で疑心暗鬼になってんだよねえ。正常な判断はできんわな
  • 暗殺者の子のカーチャソ確保。コールも結構強引な人だね
  • 早速厄介な問題が持ち上がってきたぞ…デイナ
  • 思わずイヤミの一言も出ようってもんですな、コール
  • 「約束します」さあ、守られるか!?
  • ぬ? どういう意味?
  • ひでえ脅し言ってますよジャックさん。やっぱり説得より脅しの方が得意ねw
  • ああ…ひどい画だな…24って意外にグロは少ないからね
  • 恋人同士だったのが一気に緊張関係になりました! さあどうなる!?

| | コメント (0)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第十話(01:00~02:00)

  • 結局ルネたんのために最後まで付き合う羽目になるジャック。相当女運悪いよな。
  • フランケンシュタイン連れてかれちったー
  • もうデイナ刑務所ぶち込んで終わりにしろよー…
  • 「はぁ?」ナイスリアクションw ヘイスティングスもジャックにけしかけられてめっきり強くなれました。よかったね☆
  • フランケンシュタイン反目。強いね。
  • あーあ。一足遅かった…二発くらって喋れるかね?
  • 娘、リーブ21の電話ガン無視w
  • リーブ21の弟生きてる事にする大作戦。つかこれほどリーダーシップを発揮するジャックって珍しいよね。今までずーっと一人でやってきたのに。
  • あーあ、これでコールも前科者ですよ、っと。
  • 暗殺者に抜擢された子、イライジャ・ウッドみたいだね。
  • リーブ21も頑固だねー
  • えー!? 暗殺ってそんな方法で!?
  • ルネたんとジャックはうまくいくかな? ジャックが死なない限りはね。
  • リーブ21、奥さんを使って説得させる作戦。
  • 段々クロエも調子出てきたね。アーロともいい連携。
  • ジャックはイマイチ説得は下手だよなあ。
  • この非常時によろしくやってるフランケンシュタインとリーブ21の娘。
  • やっぱり説得下手だわw

| | コメント (0)

24-TwentyFoue- FinalSeason 第九話(24:00~01:00)

  • 相変わらずヘイスティングスに慣れん。ジャックはよく流暢に喋れるなあ。
  • うわ、ひっでぇ息子。あ、でも弟の恨みがあるからか。
  • やられたよ…すごいよくあるパターン。これ百万回は見た。
  • パパタイーホ。
  • まあそー簡単に割り切れたら苦労はないんですが…
  • よかったねえ、ルネたん。ジャックがいて。
  • 大統領補佐官がCTU復活させたんだ。なんかコイツ臭いな。
  • スケープゴートね。結局は末端が使い捨てになるのか。ジャックは許さないと思うよー
  • コール、デイナを追う気か。こりゃ泥沼になりそうだなー。つか誰か死ぬだろうな。
  • アーロ超仕事増えてかわいそすぎるんですけど…
  • 何か妙な女(司法省の奴)が来たな。いやーな予感…
  • リーブ21の弟、全然思惑通りに行ってないし、簡単に言いくるめられてるし。ダメだこりゃ。
  • 分かったようなこと言っちゃって。オマエレイプされてみろよ。
  • うん、ジャックはやっぱりすぐ気付いたなw
  • ハイパージャックタイム!! 指紋認証も(他人の手で)簡単にパス!
  • 女でも容赦なしですジャックさん。
  • リーブ21の弟逃亡。言うこと聞いたふりしてたのか。
  • ヘイスティングスvsジャック
  • リーブ21の弟、多分死ぬな。
  • ナイス! コール。馬鹿女を確保。
  • デイナ・ウォルシュって女は実在したのかね?
  • 見事なツッコミをして帰って行くジャックさんw
  • ヘイスティングスすげー都合のいいこと言ってるし。ジャックも乗るなよ。気持ちは分かるけどさー。
  • コール、そんな馬鹿女のためにやめとけよ!!
  • あーあ、デイナの元カレやられちゃった。
  • ま、そう(返り討ち)なるよね。
  • 今更遅いよ、馬鹿彼氏。

| | コメント (0)

2010-11-04

続きを読む "2010-11-04"

| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

史上最低の通販会社…それは…

 先程呼び鈴が鳴りまして、「お、郵便局が集荷に来たかな?」と思ったら「佐川です」だって。
 箱を見て一目で分かりました。ああ、フェリシモね、と。

 フェリシモ…史上最低の通販会社です(っていうか「でした」にしといてやる)。理由は主に三点。

  1. 色・デザインが選べない
  2. クレジットカード使えない
  3. 運送会社が最悪

 2.に関しては最近改善されて使えるようになりましたが、一回払いのみという超ド級のセコさボーナス払いって何? 食えるの? とか思っているんでしょう。
(クレジットカードの仕組みを知らない人の為に説明しますが、クレジットカード会社はどうやって儲けているかというと主に年会費と、加盟店と呼ばれるクレジットカードを使えるようにしている店からの手数料です。普通一回払いにした場合、我々は余分な手数料払ってないですよね? でも買った店側はカード会社に払ってるんですよ実は。つまりカード払いは店にとってはマイナスなわけです。それでもカード払いOKにするのは、高額の品物でも買ってもらえる、集客が見込めるなどのメリットがあるからです)

 3.に関しては昔はヒドかったです。「どこよそれ?」というほどマイナーな運送会社を使ってきます。だもんで、再配達の依頼も電話オンリーで18:00まで受付とか、会社で働くなと言わんばかりのラインナップです。で、それも2chでは「クレーム入れると佐川に変えてくれる」という噂があったのでやってみたら、佐川に変わりましたw
 多分ですが、今は佐川に統一されていると思います。一括で契約した方が安いですからねえ。

 そう、ようするにセコいんですよ。やり方が。消費者本位じゃなくて、あくまでも自分達の利益本位なんですね。

 最後の1.色・デザインが選べないに関してですがこれは今も改善されていません。色・デザインが選べないってどういうこと? と思うでしょうから、実例を挙げましょう。

1

 これはフェリシモのサイトの画面です。(クリックで別窓で大きいのが開きます)
 まあこれを見る限りだと普通の通販サイトに見えますが、よく見てください。「~の会」「月1足」という文字があるものがあると思います。
 この中で、下段右から二番目の靴をクリックします。

Photo そうするとこんな画面になります。アレ? と思いませんか? ちょっと画面を上に戻して、元の画面を見てみてくださいよ。
 靴が違うことに気付く筈です。
 で、この画面一番左にいくつも靴が並んでるじゃないですか。全部ちょっと画像出してみますね。

3_1

3_2

3_3

3_4

3_5

3_6

 はい、これで全部です。色こそ全然違いますが、何だか似たようなデザインの靴ばかり出てきましたよね。
 つまりですね、この「~の会」というのは決められた数種類のデザイン(もしくは色)のいずれかが一カ月に一品送られてくるというシステムなんです。買う方はこの中から何が来るのかは選べないんですよ。

 例えばこれが、色違いがいくつあってもいいような靴下とかハンカチなら問題ないでしょう。でも一個あれば十分なもの、定期入れとかお財布とかそういったものまで選べないんです。

 2chのスレを見ると、気に入らない色が来た場合は皆バンバン返品してますw つまり「当たり」が来るまで繰り返すわけですよ。でも勿論返品の送料は買った側持ち。馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

 ここでじゃあ、同じ品を複数頼めばいいじゃん! と思うかもしれませんが、その場合全く同じものが複数来ますw もうアホかとば(以下略)。

 フェリシモ側としては、気に入らなくとも返品してこないのが優良顧客ですね。月一回一定額をむしり取れるわけですから。コレクションが全て送られるまでね。
 でも利用者側も段々知恵がついてきて、ガンガン返品したりオクに出したりしはじめました。なので、基本は「~の会」なんですが、最近では1点モノもあります。
(一番最初に出したWeb画面の、下段左から二番目の商品(ブーツ)には「1」という青いアイコンがついてます。これは一回限りの意味です)

 この方式って、開発当初は在庫を抱えないための措置だったんじゃないかなあと思いますが、箱を開けてみると在庫抱えまくりなんですよね。だって人気のない色は返品されてくるからw

 そこで、フェリシモは苦肉の策として「選べる」サイトも作ったんです。まあ悪く言えば売れ残りを集めたサイトなんですけどね。ちなみに、それも売れないとセールサイトに移動しますw

 で、今回私はそこで買物したわけです。フェリシモのいいところは一点だけ。「そこそこなデザインのものがサイズ豊富で安価に買えること」
 フェリシモが一番お金かけてるところって、商品デザインとモデルだと思います。雑誌に普通に載ってるような結構名のあるモデル使ってますからね。
 私のようなピザでもそこそこかわいい服が買えるっていうことだけがメリットです。
 請求書の封筒の表にも裏にも商品を載せてくるという商売気のアリアリさ。これが神戸の会社というから驚きです。
 さらに驚きなのは、一部上場してんですよ!!!!(しかもその時はまだクレカ使えなかったにも関わらず!!)

 コード3396。現時点の株価は991円。単元株数が100なのはいいですが、991円も価値があるとは思えませんねえ。株主優待は、3,000円の商品券。
 ちょっと他の通販会社のことも書いてみましょうか。

  • イマージュ(9947) 232円 単元株数100 所有300株以上で8,000円相当の化粧品
  • 千趣会(8165) 463円 単元株数100 100株→1,000円買物券 500株→2,500円買物券 1,000株→5,000円買物券
  • スクロール(旧ムトウ)(8005) 311円 単元株数100 100株→ポイント500 1,000株→2,500ポイント 10,000株→5,000ポイント

 うーん。優待に関してはむしろいいくらいの部類に入りますね。配当がどのくらいかは見てませんけど。
 イマージュは昔は圧倒的に優良株(100株だけでライスフォースが貰えて、オクで5,000円以上の高値がついた)だったんですけどねえ。まあ安いから200株買い足すかなあ…。

 さて、じゃあ買った物を。目利きのみなさんなら「高っ! バカじゃないの!?」とか思うかもですねw

Ca3h0336

 spica かのこ素材のボートネックワンピース 3,900円
 もう今となってはどうしてこれを選んだのかすら思い出せないんですけどw まあ甘辛MIXに使うのが妥当、というか私の今の髪型だとそれしか選択肢ないですけどね。

Ca3h0337

 スロウ ビンテージライクなデニムスカート 5,400円
 これは…スニーカーってわけにはいかないから、「ちょっくらアラスカで鮭取ってきます!」的なブーツと合わせるんでしょうねえ、きっと…。まあスニーカーでもコンバースとかならOKか。

Ca3h0338

 NUSYRECORDS シルバースニーカー 6,300円
 ご覧の通り、替え紐がついてきます。青の方が断然いいだろ、と思ってつけてみたんですが、

Ca3h0339

 うーん。甲乙つけがたい。どっちもアリですな。どっちもかわいい。まいったな。

 で、この日記を書いている間に24を取りに来た大森郵便局のバカ二人がいましてですね。少30分程無駄な時間を過ごしましたよ。凸電したら話中だったんで、凸メールしました。勿論そのバカ二人の苗字も添えて、です。
 新しいシステムを組み込んだら、初期研修くらいやってもらいたいもんですよ。そんなことだからクロネコに負けるんだよ、全く…。(今回私が日本郵便を選んだのは、安いからです。典型的な「安かろう悪かろう」だったわけですな)

 と、最後は愚痴(つうかこのエントリ自体が愚痴w)になってしまいました。オバサンになるってこういうことなんでしょうねー☆

| | コメント (1)

2010-11-03

続きを読む "2010-11-03"

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

昔、大井町にはブクオフがあったのに

 なんですよ。阪急デパートがあってその中に。
 でも今その建物は取り壊され、何か別の施設になるようです。ここを見る限りでは、何かお店が入ってきそうな気配はありますけどね…。

 ところで、なんでこう、イベント直前って時にオク出品とかしちゃったのかなあ、とか自分でも結構後悔してるんですが、早く売らないとファイナル終わっちゃいますからね。今がかきいれ時ってことで。

 なので、まずトリロジーBOXの1と2(1は中古、2は新品)、Season7のBDを既に購入しました。(トリロジーの1だけまだ未着ですが)。
 さらに、全てのシーズンの13巻目(特典DISK)をエンコし、外箱、DVDのケース写真、DVD盤面を全てスキャンしてデジタイズしました。二日かかりましたよ…。気が狂いそうになりました。

 で、今日はまず起きてからポストカードの絵を描いてくださった絵師様達に本とポストカードを送るべく梱包をし、それと先日買ったアディダスのジャージを持ってでかけました。
 まずはセブンイレブンでそれらの発送作業。次に駄目元で郵便局に行ってみたら、ATMはやっていたのでオクで落札した「三銃士」のサントラ代を振込。
 とにかくお腹がすいてるんだ! と思ったのですがすき屋が混んでいたのでマックへ。ベーコンと揚げられたチキンが挟んであるという変わったバーガーを食べました。

 その後目の前にある31アイスクリームに入ってチョコチップの入ったバニラを買って、荏原中延の駅で食べながら電車を待ってました。
 電車内でアイスは食べ終わり、アトレの入口でやっとゴミ箱をみつけ、大井町アトレへ。

 洋服お直し屋さんは大盛況でした。時期的なものなんでしょうかね。
 で、ジャージの丈つめですが、元々なっていたようなのと同じにするとすると1,980円、もっと簡素(伸びないのでほつれる可能性がある)な方法だと1,100円と言われたので安い方法にしました。

 その階は丁度ユニクロだったので、ハイエナしてきました。

Ca3h0183

 ウールブレンドVネックT \1,500→990
 色は白と茶とグレーがあったんですが、既にかなり喰い尽くされており、サイズ的にもこれしか選択の余地はない感じでした。白買ってもね…。

Ca3h0185

 イージーコーデュロイレギンス(プリント) \1,990→\990
 私どういうわけか千鳥格子って大好きなんですよ。その柄の制服の高校に入ろうとしたくらいですからね。(家庭の金銭的事情により駄目出しされましたが)
 今日は私はやはりユニクロのレギンス(比較的ぶ厚めのもの)を履いていたのですが、その上からも履けましたし、クロックスのブーツの中にも入ったのでOKとして購入。丈はめんどくさいので詰めませんでした。

Ca3h0186

 ボーイフレンドフィッツトレートジーンズ \3,990→\2,990
 ボーイフレンドなんちゃら、というのは「彼氏に借りたようなだぼっとしたもの」のことを指すらしいです。最初これかな? と思って試着室に持って行った品物はどんだけ痩せてる野郎なんだよと思うくらいだったのでサイズをひとつ上げました。まあ私がデブっつーだけの話ですが。ま、あと横着してレギンス脱がなかったのも大きいですねw

Ca3h0184

 スタイルアップキャミソール・ショーツ(シームレス) 各\990→各\790
 まあ世間でいうところの補正下着ってやつだと思うんですが、私ガードルの方は結構強力なのを持ってるんですけどね。でも上半身というのは持ってないので試しに買ってみました。

Ca3h0182

 ムートンフリースジャケット \2,990
 これだけハイエナじゃないです。プロパー(定価)です。
 今気付いたんですがこれフリースなんですね。結構よくできてると思いますよ。
 ムートンの上着は持ってたんですが太ったんで着れなくなったんで、ウザいことこの上ないので代わりを探していたんですよ。これで心起きなく本物のムートンをゴミとして捨てられますw
 次は無印に行こうかと思ったんですが、セゾンカードの引き落としが落ちてないんですよ。で、セゾンってすぐに止めやがる(その代わりATMで入金すると即復帰ですが)ので多分MUJIカードも使えないなと判断して、Loftで買物しました。

Ca3h0332

 う、ブレてる。上から、シャーペン、ほぼ日手帳用路線図、修正テープです。
 シャーペンは青いのを使ってたんですが、文房具は基本的にモノトーンで統一したいのでこちらと差し替え。修正テープは今日持っていないことに気付いたので。
 ほぼ日手帳は買う気がしませんが(どうせ書かないし、PCの前にいることが多いならYahooカレンダーを使う方が余程ラクです。携帯からも見れるし)、この地図は面白いなと思って買いました。東京、鎌倉、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡、大阪が掲載されています。ちゃんとPPクリア加工されていて、丈夫です。旅行に役立ちそうですね。
 ちなみにセゾンはLoftカードっつーのも出してるようですね…。まあ何も言わなくても複数カードの同一名義のポイントは合算して、明細も一個しか送ってこなかったりと気が利くカード会社ではあるんですけどね(まあ老舗ですからね)。

 それからそのアトレの中にあった雑貨屋さんを見たんですが、マンジュウネコが!
 店員さんに「眼鏡ケースないですか!?」と聞くも、結果は入荷してない、とのこと。うう。

 ヤマダ電機へ。先日使い切ったトナーカートリッジをリサイクルBOXに。
 そして書店でこれを購入。ってゾンアマにも楽天にもなしって! しょうがないなあ。

Ca3h0333

 奥付みたら、今日が発売日でしたw
 で、立ち読みしたら24、1Pしかないんですよ。(しかも結構重要なネタバレしてる。まあ私は知ってましたが、ライターは幕田千宏って人みたいですね。壁に自ら頭ぶつけて反省してください) そのくせね、LOSTには8Pも割いてんですよ。どゆこと!? ついったにも書きましたけどもう一生遭難してろよと。ホントムカつきます、こういう待遇は。
 これもついったに書きましたが、マンガ喫茶のコピー機でカラーコピーして返品したろかとも思いましたが、コピーばっかりのコレクションってのも浅いですし(国立国会図書館の分や、資料性が非常に高い、破りたくないいい本は致し方なしとしても)、いくらクソ記事だったとしてもおさえておくべきだとは思うので、1Pだけ破り取ってオクに出します。1,000円もしたんですよこれ!! まったく、日経!!

 その後大井町線に乗って再び荏原町まで帰ってきました。帰りがけ100円ローソンで買物。
 そうそう、思い出した。SHOP99ってあるじゃないですか。正確にいえば103円(複数買えば104円)ショップですけど。ここに、100円ローソンのPBブランドの商品が売ってるんですよ。1円の差とはいえ、これってどうなの? と私は思いました。何考えてるんでしょうね、ローソンって。

 家に帰り、出て行く直前に来た宅急便の荷物を開けます。

Ca3h0187

 マンジュウネコキター!
 ティッシュケースと文庫本ケースです。でも私小説は書くくせに読まないのに、コレを使う機会は出てくるのでしょうか。ま、いいです。かわいいから!
 あとこちらも。

 今私、これと全く同じもの使ってるんですけど、イマイチ切れ味が悪くなってきたので買いました。替え刃買えよって話なんですが、送料無料へのテコ入れなのでw

 さて、つい先ほど24コレクターBOXのIVとVが同じ落札者によって落札されました。ので、もう全部梱包したろうと思います。どうせ個々に出すのは変わらないので。

| | コメント (0)

2010-11-02

続きを読む "2010-11-02"

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

日記書いてる場合じゃねえよ

 ポストカード印刷とか、24コレクターズBOXのパッケージ全スキャンとかやることは沢山あるんですが、写真を撮ったので一応今日買ったものなんかを。

 今日医者の後渋谷に行った目的は、取り寄せを頼んだクロックスの靴を受取に行くことだったんだけど、ついでにと思っていろいろ済ませてきた。

 まずまんだらけへ、と思ったんだけどその時点で11:30くらい。まだやってないか…と思い、カップルが入っていった道玄坂の地下にある「ねぎし」につられて入り、牛タン定食を食す。

Ca3h0161

 薬も出してあるっていうw

 それからまんだらけに行ったら丁度いいタイミングだった。出したのは、24関連の雑誌二冊、ホリック8巻分、東方神起ユノとチャンミンのカード(チャンミンはつい最近までPCの前にいたというw 今は若い頃のキーファーさんになってます)、「三月のライオン」のポストカードセット(四枚)。

Pap_0171_2

 結局売れたのは在庫がないと思われるホリック四冊(一冊50円)、東方神起のカード二枚だけ。ちなみにチャンミンのが「どれのCDでしたっけ?」とか聞かれ「分かりませんねえ」と答えたら「調べてみます」と言われ、それで若干時間がかかったっぽい。答えは「時を止めて」でした。つかこれまんだらけで350円で買ったんだけどねw
 ということでお次は真向かいのブクオフ。

Ca3h0162

 ここでもホリックは50円の値がついてる。雑誌は30円か、まあそんなもんでしょうな。
 ここで買物。

Ca3h0168

ぱらぱらめくってみたらなんかあんまり面白くなさそうだけど105円だからいいか、と思って買ったもの。
 あと、DVD関連の雑誌を300円で。ただこれ、24が見開き1Pしかなかったので、隣のコンビニでカラーコピーして値札剥がしてブクオフに返却したw 30円だった。コピー代は80円だったから、380-30=350円で手に入れたことになるね。損してるけど、荷物増やしたくないんだよ。でも次からはコピーじゃなくて破ることにするわ。カッター持ち歩こうっと。ってこれ条例違反かな?

Ca3h0169

 まあジャックの銃は分かってるし、ネットにもっと詳しいDBがあるんだけど、持ってて損はないかなと思って買った本。しかし本の右側のキーファーさん(本の表紙じゃなくて、その隣ですよ)はやっぱ若いですな。

 で、やっと荷物が軽くなったので目的のクロックスへ。これを買いますた。

Ca3h0167

 店員さん曰く、ゴムじゃない部分は防水効果はないとのこと。あらかじめ防水スプレーでもかけておけばいいんだろうけどね。
 前回来た時は22cmしかなくて、履けたことは履けたんだけど正にぴっちりって感じで。で、23cmを取り寄せてもらったという次第。6,980円也。
 クロックスのある坂に入る前にZARAが見えて、「そういえば最近見てないな」と思って見てみました。

Ca3h0166

 ワンピース。生地の薄いのなんのってw 6,990円。

Ca3h0165

 ぺらぺらスカート。サイズMだけどウエストゴムだからはけました。3,290円。

 その後は一度銀行に行って、500円玉から1,000円札にするという逆両替を行って、マルイのフィールドを見て(手袋をね…あんまないんだよねえ…)、同じ通りにまたZARAを見つけて「ここにもあんの!?」と思いつつしっかり入ってしっかり買物しますたw

Ca3h0163

 非常に分かりづらいですが、ジャージ素材のスキニーパンツといったところです。レギンスだと不安な時はこれがよいかなと。3,990円。

Ca3h0164

 こちらは革ライクですが勿論革ではありません。ちょっとハードな印象になりますな。これも上と同じで3,990円。

 もうええか、と思って家に帰ると佐川の不在票と

Pap_0170_2

 が届いてました。キラキラ光るサークル用入場券がすごいですね…。

 あと新品を12,500で落札した24のトリロジーBOX2と、MOVIESTARが届きました。
 本当に日記書いてる場合じゃないっす、スキャン始めます…

| | コメント (0)

2010-11-01

続きを読む "2010-11-01"

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

2010-10-31

続きを読む "2010-10-31"

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »