« 2010-12-17 | トップページ | 2010-12-18 »

2010年12月18日 (土)

トロン レガシー

Tron

 ↑
 パンフをスキャンしました。クリックすると実物大になります。 
 というわけで行って参りました。この映画全く知らない人のために一応解説しておきますが、1982年にディズニーによって作られた「TRON」という映画があります。


 「LEGACY」とは「遺産」という意味でありますから、まあ正当な続編と解釈していいでしょう。
 で、この初作の「TRON」はいかにもCGっぽく見せてはいますがロトスコープアニメーションです。
 見た方がいいか、と聞かれれば「いいよ」と答えます。バイクシーンのルールとか、いきなりつきつけられる形になるので、前作を見ていれば「キターーーー!!」という興奮と共に味わえます。あと今作のお話がよく分かります。

 ディズニー映画はジングルとしてシンデレラ城を出すのがお約束で、例えばピクサーが手掛けたものだと3DCGのお城になっていますが、今回は凄いです。デジタルドメイン社の総力を挙げて作ったんでしょうか物凄いカッコイイクールな城になってます。あれなら二時間待ちでも入りたい。つか本当に入れ込んでるのか、OPとED両方出てきます。もーえーっちゅーねんとか思いましたけども。

 お話もやはり前作を踏襲しており、前作の主人公の息子(サム)が父の会社(エンコム社)の株を受け継ぎ、一応取締役の席にはおさまっているものの、特に何もしてない、というか他の取締役の思惑をブチ壊したりするなかなかギークな青年(27歳独身)。
 そこに、父と同じ会社(エンコム社。実はお父さんは最初社員だったんですな)に所属していた(前作も出てたエンジニア)アランが、「ポケベルに連絡があった」と言ってきて、サムは父が経営していた(お父さんは有能なエンジニアだったんだけど、前作でそれを恐れた会社の社長に解雇された)ゲームセンターに赴く。
 「TRON」のゲーム筺体を目の前にしてコインを入れるも、突っ返される。しゃがんでコインを拾おうとしたサムは筺体をひきずった跡のようなものを見つけ、筺体の裏にある隠し扉に入って行く…

 もうキターーーーーーーーーーーーーーーーーー! の連続ですよ、前作を見た身としては。それ+αの要素も加わってて、ビジュアル的にはスゴいとしかいいようがないです。
 だってサムのお父ちゃんの若い頃の顔をCGで作ってるんですよ! 本人(中の人)は「これで俺の苦労は減るな」とか言ってたらしいですけど、普通逆をやりそうなもん(若い人が特殊メイクとかで老人になる、いわゆるパルパティーン方式ですなw)ですが、前作と全く同じ俳優を使っているため、そうなったわけですな。いや全く違和感なし。ルーカスが言っていた「人間の俳優はいらなくなる」世界はそう遠くないですよ。

 ルーカスで思い出しましたが、結構SW(旧三部作)リスペクトです。監督の趣味なのかな? 個人的には「何故今更!?」と思いましたがまあよしとしましょう。

 それと音楽。流石ダフト・パンク。文句なしにカッコイイです。サントラは買いですよ。私はかさばるの嫌なんで借りるかiTunesSTOREで買いますけど。っていうか奴ら出てましたからね。DJブースで回してましたからね。顔全く分かりませんけどw(クレジットには出てきます)

 前作のTRONはコンピュータの仕組みを知る映画としてもとてもいい映画だと思います。
 今時のIT学科の学生はアセンブラ言語とかやらないでしょ? CASL(キャッスル)とか知らないでしょ? もういきなりオブジェクト指向からで第三世代言語すらやるかも怪しいところですよ。(まあC言語くらいはやるのかな。でもJavaやってたらいらないよね)それを、コンピューターはこうやって動いてんのよ、と分かりやすく説明してくれる映画でもあります。
(ちなみにTRONてOSあるの知ってる? IT勉強しててそれ知らないのは致命的よ)

 まあ、今作はそういう要素はあんまりないですね。そう言った意味でも前作は見て欲しいところではあるんですけどね。特に若者に。

 私は全く気付かなかったんですが、3Dの場合、現実世界を描いている時は普通の2Dで、コンピュータの世界に入ると3Dになるようです。最初「部分的に2Dになるけど眼鏡外すな!」という警告が出るので何かと思いましたが。

 翻訳は悪名高き戸田奈津子でしたが、技術用語専門のお目付け役が別でついてましたw でないと「WiFi」なんてどう訳されたもんかw
 私思うんですが、戸田奈津子って橋田壽賀子みたいなもんで、老害とまでは言いませんけど、若者が見る映画を訳すにはもう無理があるんじゃないかって気がします。
 宮崎駿程貪欲に今のトレンドを観ているならば話は別ですが、SW(新三部作)は避難轟々でしたからね。翻訳ミスも多かったし。(複数形に気付かないなど)

 まああとちょっと文句を言うなら衣装デザインがイマイチだったかな。「もっとできるだろ!」と思います、個人的にはね。まあ統率は取れていて分かりやすいことは分かりやすいんですけどね。

 個人的には、前作で予習してから観ましょう。3Dにするか否かはご自由にどうぞって感じですかね。あんまり生かされてないような気がしたので。

 あと、意外と長いです。21:50からのレイトショーで見たら、タクシーで帰る羽目になりましたのでご注意くださいませ。

おまけ

Tron2

春日wwwwww何故若林にやらせないwwww(隣のスーツが若林だと思われ)

|

« 2010-12-17 | トップページ | 2010-12-18 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010-12-17 | トップページ | 2010-12-18 »