カテゴリー「書籍・雑誌」の49件の記事

2010年12月 8日 (水)

新刊メモ

 自分のためのメモです。

       

(新刊は文庫版) 

    

ここからは単に欲しい本

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

スカンク アンド ヒューゴ ムービーガイド


 ぴあで連載やってたらしい。編集者・コワダと、スカンク&ヒューゴという(推定アメリカ人の)(推定高校生以上の)二人の青年が、映画についてぐだぐだ語るという企画。
 ヒューゴは「むふふふふふ」と笑うのが口癖。スカンクのおじいちゃんは何だか知らないが映画マニア(しかも日本の特撮モノとかも何故か詳しい)で、一言間違ったことを言おうものには数時間の講釈が待っているらしい。

 しかし、ガキだからといって言わせたい放題。例えば直接映画とは関係ないんだけど、「世界の車窓から」の例えが出てきた時。

ヒューゴ 『世界の車窓から』みたいなもんだよね。
スカンク そうそう。あんなのさ、実際乗ったら汚いだけの電車だぜ。
ヒューゴ むふふふふふ。
スカンク 電車によっては絶対クサいぜ。もの凄くニオってそうじゃん。
ヒューゴ カメラマンが途中で「やってられっかよ!」ってきれたりして(笑)
スカンク きれたりしてね。ハエなんか平気でブンブン飛んじゃってさ。それが『世界の車窓から』っていった瞬間に、何もかもロマンチックに写るだろ? だから『世界の車窓から』の演出は素晴らしいし、人気もあるんだけどさ。

身も蓋もないw でも言ってる事はだいたいあってそう。

 そもそも何でこの本を買ったかというと、「24」が対象になってたからであって、どうくそみそ言われてるのかと思ったら、

スカンク もう途中でさ、「キム、何でもいいからおとなしくキャロルおばさんの家に行ってくれ」って懇願してたからね、オレは。

 そもそもSeasonI~IIIを一気見した(という設定)らしいんだけど、Iの時なんかほとんどキムの話してるからねw でも別に悪口ばかり書いているわけじゃない。

スカンク たしかにキムはパニックに陥る一般市民の象徴ってところはあるよね。例えばオレがああいう立場に立ったとして、キャロルおばさんのところに行けるかっていうと行けないよな、やっぱり。
ヒューゴ だから余計にイラつくんだけどね。
スカンク キムは番組を見ているオレら自身の投影だからね。シーズン1の対談でも言ったみたいに自分に対してイラつくんだよね、視聴者は。

 と、結構的を射たことを言っている。勿論スカンクとヒューゴは実在するわけじゃなく、どっかの大人が考えてるんだろうから当たり前だけど、こき下ろすための対談ではないし、褒めちぎるための対談でもないわけ。

 最近よく思うのが、映画レビュー書いてるサイトで点数(もしくは☆)つけてる人。アレ何なの? ファミ通じゃないんだからさ。
 映画って、役者の演技とか音楽とか演出とか脚本とかいろいろな要素があるわけじゃない。で、それのどれもこれもダメな映画ってあるわけ? とも思うんだよね。
 それを「点数」という数字だけで並列化しちゃうのってどうよ、単なる手抜きじゃね? とも思うわけですよ私は。

 勿論万人受けする映画なんてそうそうあるもんじゃない。だから私はよく~の人にはオススメ、とか~な人は見なくて良し、とか書くけどそれはそういうこと。

 だから点数つける人はさ、その人的に50点だったりするわけでしょ。だったら自分のツボ・非ツボをあらかじめ提示した上でその点数をつけるべきだよね。点数だけだと何がどうなのかさっぱり分からない。
 あとつまんなかったらわざわざ書くなよとも言いたい。そりゃあんたはつまんなかったかもしれないけど、他の人には分からないじゃん。でなかったら、つまんなかった理由を全部列挙して欲しいね。そこまでやる気がないんだったら、映画レビューなんてやるべきじゃない。今北産業で済ます人もいるけどさ、そんなのそれこそTwitterで呟いてりゃいいじゃん。

 あとこれはついったでも書いたけど、
「ミラーズ」に関して「ジャック・バウアーにしか見えない」って書くの禁止な。
 プロもそう書くから困るよな。もう一度24のDAY1から見直してみろよと言いたい。本気でジャックがこの状況に置かれたら、もっと違う行動すると思うしね。(だいたい霊的なものを怖がるか、気付くかどうかすら怪しいw 霊感なさそうじゃん、あの人w)
 同じ人、ほぼ同じ見た目(「24」の撮影中だから変えられなかったんだろう)だから無理もないことだと思うけどさー。他に書くことあるでしょ。

 まあそういう人はヒューゴとスカンクを見習ってほしいね。まあ基本雑誌の連載だから、コキ下すことはできないんだろうけど、こき下ろしを見て喜ぶのは全く同じ感想を抱いた人だけだってことをブログ書く人はよく心に留めておいた方がいいと思うよ。

 あと、この本にはSWEP1~6ぶっ通し企画もあるので、そちらのファンにもおすすめしたい。勿論ヒューゴとスカンクはCGがどうのこうの、なんてくだらないことは言ってませんよ。

| | コメント (0)

2010年10月30日 (土)

諸君、私はブクオフが好きだ。(以下略)

 演説は(私以外の人にとってはどうでもいいことなので)省略します。
 さて10/29、なんとか体調も持ち直したと勝手にふんで、Newオープンのブクオフに出陣してまいりました。

 その前に、国道一号玉川大橋店で


を105円で。
 実はこれ、最初105円じゃなかったんですよ。450円だったんです。でも、表紙の角にぶつけた跡があったんですね。人の手に渡ったというだけで半額ならば、ぶつけた跡など言語道断、ということで店員に直談判して負けさせました。(勿論下手に出て敬語使って話してますよ、念のために言っておきますが。まあ駄目元で言ってみたらOKだったってことです)
 さすがにここは現金で払いました。あとはまあ、×××Holicと、英語雑誌(NONSTOP ENGLISH WAVE)、映画のパンフくらいなものですが、ここは映画のパンフは一切取り扱ってませんでした。

 それから、アディダス買ったんでもう着なくなったチャンピョンのジャージを査定に出したら、「お値段おつけできません」言われました…。チャンピョンはブランドじゃないのか…。ドルガバとかフェンディじゃないと駄目なんだな、きっと…。

 やっぱりブクオフはものの回転が速いですね。特に大型店舗は。モデルガン系が軒並みなくなってました。

 再びバスに乗り、ラゾーナへ。ゆうちょ銀行でオクの落札分の入金をして、無印で買物し、ちらし寿司(500円♪)も買い、川崎ルフロン内フィールド内のアディダスに行きました。
 丁度セールをやっていて、ジャージが安かったのでまた買いました。

Ca3h0082_2

 WOMANものなので、色もそんな配色ですね。上下合わせて9,701円。
 それから行きつけのマンガ喫茶Diceへ。


が読みたかったんですが、まだ入荷してませんでした。ちぇっ。
 とりあえずここで一旦、何を買わなければいけないのかを自分のブログを見て再確認。最初携帯でやろうとしたんですが、携帯だとamazonアフェリが一切見れないんですよ。
 で、あらかじめしてきたメモにフロントで借りたボールペンで書き込みをして、MORE'Sに向かいます。
 途中サンドラッグがあって、私ここのカード持ってたなあと思い、ローションティッシュの携帯用のと、クロレッツのボトルガムを買いました。

 先のラゾーナの無印の人が、紙袋に入れてきたので(私はビニール派なので言う時はきちんと言うのですが、その時は言わなかった)、一旦道端に荷物を下して整理しました。その時に先程のジャージが目についたので、目の前にあった何か電気関係のBOX? の上に置いて来ました。川崎のホームレスの方の足しにでもなれば。(←思ってもない事)

 さて川崎MORE'Sのブックオフ。対抗心なのか、105円以外のマンガ一律200円ということで有効利用させていただきました。以下、全部200円。


 amazonのマケプレで1円のを買ったとしても251円ですからね。これはお値打ちです。
 で、amazonのアフェリに出なかったんで今仕方なく写真を撮りました。

Ca3h0305

 を、900円で。
 で、ここからは映画のパンフなんですが、何故か値段によってレシートに印字されているジャンルも違ってます。105円は「活字 雑誌」となっていて、150円は「活字 児童書」になってるんです。後者は明らかにおかしいと思うんですけどね…。
 画像はクリックで600*450の別窓が開きます。

Ca3h0111_2

 アラハン!! 永遠の童貞(友達が言ってたw)リー・リンチェイことジェットリーさんの作品ですよ。状態も申し分ないくらいきれいだったので、これは満足でした。

Ca3h0110_2

 孔雀王! 私三上さんもユン・ピョウさんも好きなので、この映画ものっそい好きなんですけど、DVD化されてないんですよねえ…。
 さて、ここから先は150円です。思わぬ掘り出し物があってびっくりしました。

Ca3h0116_2

 最近米amazonからBDを買ったこの作品ですが、私映画館にまで見に行ってるんですよね。どんだけ~。ハガレン好きな人は見たらいいと思いますよ。ただ見終わった後、確実に鬱になりますけど。ブラピが破天荒なジャックみたいな刑事でいい感じです。対するモーガン・フリーマンの老成ぶりというか、ベテランっぷりもいい味出してます。

Ca3h0115_2

 永遠の童貞その2w ジェット・リーの欧米系映画だと「キス・オブ・ザ・ドラゴン」が非常に人気ですが、私は断然こっちのが好きです。BDも勿論持ってますよ。音楽がMassiveAttackということも好きな要因の一因なんですけどね。


 映画公開前にCDが出たのでCDだけ先に買って、結局映画はスルーしちゃったっていうw 何やってるんでしょうかね。
 この映画は脚本がリュック・ベッソンで、監督は「トランスポーター」シリーズなどで新生気鋭のルイ・レテリエです。この監督の映画はあんまりハズレないですね。

Ca3h0113_2

 今や大ハリウッド俳優のユアン・マクレガーさんを一気に有名にしたこの作品。坊主頭もなかなかいいですね。子供の教育上はよろしくない映画ですが(反面教師にするならまだしも)私はスキです。DVD一度廃盤になってまた復活したんですよね。これを廃盤にするとか、正直ありえないと思いますよ。映画史に残る一本でしょう、間違いなく。


BD出てるんだ! 欲しいな! でも2,000以下じゃないと買わないって決めてるんですよ、一応。中古にも出回らないだろうしなあ…。

Ca3h0109_2

 先日DVDも購入しましたが、やはりビジュアルがパネェっす。DVDは、刑事役の吹き替えが大塚明夫ってのもポイント高いですね。


Ca3h0108_2

 私トム・クルーズって正直本当にどうでもいいんですが(好きでも嫌いでもない)、一応キーファーさんが出ているのでおさえとして。まあキャストとして紹介されてもいますしね。超坊主頭なんですよねこの映画中は。軍人(中尉)の役ですからね。
 さてお待たせしましたここからが掘り出し物です!

Ca3h0112_2

 ロストボーイ! キーファーさんが吸血鬼という、なかなか面白い映画ですよ。B級と一言で片づけるのは簡単ですが、まあ見て損はないと思いますよ。何より若いしカッコイイし!

Ca3h0114_2

 ヤングガン! 正直よくあったなあと感心したくらいですよ。だってこの映画日本公開1988年ですよ。物持ちのいい人もいたもんです。
 ちなみに、この映画2もあります。
 さらに、この映画に出てきている一人の人が、24のSeason1でカメオ出演してます。ファンなら誰か分かりますよね?
 あとですね、一言言わせてください。
 キーファーさんの顔の上に値札シール貼るのだけは勘弁してください…
 あとチャーリー・シーンも出てますねこれ。(二作目は出てない)結構好きです、チャーリー・シーンも。
 で、合計すると2,960円なんですが1,500円以上お買い上げで150円引きクーポンを持っていたので結果としては2,810円となりました。

 帰ろうとしたら、出口付近にこれから本棚に並べるワゴンがあって、これがあったので

って写真ないですね。表紙はケイト・ハドソンさんという女優さんだそうです。面倒なので表紙の写真は勘弁してください。
 一応立ち読みしたんですよ。で、書いてあることは確かに事実(途中泣かず飛ばずになって24で復帰したとか、ジュリア・ロバーツのクソ女に婚約破棄されたとか)なんですが、どうも悪意(もしくは嘲笑)を持っているとしか思えない書かれ方で、ファンとしては正直かなりカチンと来ました。後で雑誌の項目にも加えてやらなくもないかなあと思ってますが、評価は1です。マイナスが許されるなら-5!
 つかこの雑誌定価900円とかいって、たいして内容もないのにボリ過ぎですよ。サイズB5で、途中白黒ページもはさんで120Pですからねえ。(どうも特別号ってことで900円みたいです。今普通に売っている方は680円。まあそれでも高いと思いますけどね)
 150円で買いましたけど、デジタイズしてまたブクオフに突っ返そうかなとも考えましたけどね…。なんかこんな記事、持ってるだけで嫌だなあと思いますよ。コピーで十分。

 この時点でかなり荷物があったんで、駅のコインロッカーに預けることも考えたのですが、持って行くことにしました。

 年末年始で全ての経費を賄っているんじゃないか路線、京急大師線で京急川崎から二つ目、鈴木町でおります。
 降りるとまず大きなヨーカドーが目につきます。このヨーカドーは反対側に通り抜けできるので、中を通っていくといいです。
 通り抜けたらすぐに店舗があります。一階はヤマダ電機になってるんですね。

 が1,500円だったのでまずはこれだけ単独清算。どうしてかというと1,500円以上お買い上げで150円引きクーポンを二枚持っているから。ということで1,350円ですが、amazonのが安いですね。ちぇっ。

をそれぞれ105円で。状態は非常にいいです。
 推察するに、多店舗で引き出しに入っていたようなものを回してもらっているんじゃないかなあと。でなきゃ、近隣住民の売った分だけで(しかも大型の)店舗として成り立つほど本は揃いませんからねえ。

を、それぞれ105円で。

 それから、外国本のところにこんなものがあったので買ってみました。

Ca3h0080_2

 大統領へのお土産として。確かにハングルしか書いてないので、日本では普通には買えないものだと思います。950円もしましたよ。ちなみにもう一冊ありましたけどね。今残ってるかどうかは知りません。

 それからここは、こんなものもあります。

Ca3h0079_2

 ちとブレてますが、指輪ですね。左二個は趣味、右の一個はコスプレ用。一応楽天で注文してあるんですが、届くのがギリギリか下手すると次の日とかになりそうな予感なので、一応保険として。105円とかもっと安いのもあったんですが、いかにもシルバーじゃありません! という感じで安っぽいので、値段忘れましたが(レシートによれば600円か700円)買いましたよ。神は細部に宿りますからねえ。
 ということで三個セットで1,900円。

 最後はこちらを買いました。

Ca3h0306

 魔法瓶。プラスティックなのでどうよと思ったんですが、中を開けたらちゃんとガラスだったので、インテリアにもマッチするしいいかなと思って購入しました。先日一晩漂白剤と水を入れておいて、今干しているところです。

 あとこの店舗には、ブランド品(バッグ類、ジュエリー、時計)、衣料品、おもちゃ(すごく沢山あってびっくりしました)、あとうろ覚えなんですがデジタルものもあったような…気がします。

 スタンプラリーは二周目で、現在もう三個も溜まってます。どんだけ好きなのよ、って話ですね。、

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

国立国会図書館の使い方(Web編)

 ハァ~、amazonにもない、マケプレにもない、楽天にもない、Fujisan.jpにもない(=雑誌社のバックナンバーもない)、となるとどうしたらいいんだべ。
 …そういえば、国立国会図書館は販売された雑誌全てを保管してるとかなんとか聞いたことあるな、と思ってとりあえずサイトに行ってみました。

国立国会図書館-National Diet Library

 さすが政府機関だけあってgoドメインです。CTUに公式サイトがあったら、やっぱりgoがつくんでしょうかね。

 おおまかに分けて、利用する方法は二つあります。

  • 直接図書館に行って見る
  • 行かないでコピーを送ってもらう

 ちなみに場所はココです。

大きな地図で見る

 それから、私は東京にしかないと思ってたんですが、関西(京都)にもあるんですね。

大きな地図で見る

 それから、原則的に18歳未満は利用できません。理由を読む限りだと、「普通の図書館で足りるだろ」って書いてありますw それでも使いたい人は電話しろってことらしいです。

 まあ利用方法はサイトに詳しく書いてあるので読んで欲しいですが、B5以上の中身が見えないカバンとかは持ち込めないようです。昔のまんだらけ(万引き防止にカバンを預かるシステムになっていた)みたいですね。それから直接赴く場合でも、利用登録をあらかじめしておくとラクみたいです。

 私は「行かないでコピーを請求」の方を選んでみました。使用方法を具体的に説明しましょう。

 まずは先程の国立国会図書館のサイトに行きます。トップページ、右側の丁度中央辺りに「登録利用者制度のご案内」というリンクがあるのでクリックします。
 ここへ飛ぶと、何ができるようになるのか、どうやって申し込むのか等詳しい説明が書かれています。とりあえず「登録利用者カード」と「ネット検索用のID・パスワード」を取得する必要があります。
 同ページにリンクが貼ってある、「国立国会図書館利用者登録申請書」を印刷しましょう。プリンタがない人はネットプリントがオススメです。近くにセブンイレブンがない人は、プリンタが置いてあるマンガ喫茶に行くのが一番手っ取り早いと思いますよ。(あるいは会社等でこっそり印刷するか、ですね) あと考えられる選択肢はフェデックスキンコーズとか。

 申請書には氏名や住所などを書きます。印鑑等はいりません。

 さらに、以下のものを用意します。

  • 本人確認書類のコピー(◎→運転免許証、保険証、パスポート、学生証、住民票の写し(3ヶ月以内に発行されたもの)、公的手帳及びそれに準ずるもので氏名、住所及び生年月日が記載されている書類)(×→社員証、定期券、名刺、シルバーパス、電気・水道・ガス・電話料金等の請求書や領収書など)
  • 定型サイズ封筒×2(定型サイズとは、長形3号・洋形長3号(120×235)/長形4号(90×205)/洋形2号(162×114)/洋形3号(98×148)/洋形4号(235×105)のことを指します。まあ長形3号・4号が最も手に入りやすくオーソドックスでしょう)

 私は保険証の表裏をコピーしたものを同封しました。ちなみに本人確認書類のコピーは返却されてきます。
 二枚用意したうちの一枚の封筒に、自分の住所・名前を書きます。切手を貼る必要はありません。

 ということで、

  • 国立国会図書館利用者登録申請書
  • 本人確認書類のコピー
  • 自分の氏名と住所を書いた封筒(定型)

を(自分の住所を書いてない方の)封筒に入れ、宛先を書き切手を貼って郵送します。意外だったのは、送り先が京都であること。私、国立国会図書館って東京にあるアレだけかと思ってたんですよ。

 ほどなくすると、自分が書いた封筒に以下のものが入って送られてきます。

  • 登録利用者のみなさまへ(おおまかな案内。パスワード変更の方法等)
  • 登録利用者カードの有効期限について(二年間一度も利用がないと失効)
  • 国立国会図書館登録利用者カード
  • 利用者登録証(ここにWeb用のパスワードが書かれてきます)
  • 利用案内(三枚。来館と複写サービスについて)
  • 複写サービス料金表

 カードはこんなものです。

02_5

ここに載っている「利用者ID」はWebと共通です。ただしパスワードは書面にしか載っていないので注意してください。

 さて、これが届いたらやっと雑誌の検索ができます。国立国会図書館のトップページ左上、「NDL-OPAC(蔵書検索・申込)」をクリックします。

01_3

 すると以下のような画面になるので、IDとパスワードを入力してから「雑誌記事索引の検索/申込み」をクリックします。(クリックすると大きくなります)

03

 すると検索画面になります。ここから申し込み状況なども見ることができます。(クリックすると大きくなります)

04

 操縦は身体で覚えな、って感じですが、コツとしては

  • あまりハッキリ書名を入れず、ユニークな部分のみなどを入力する
  • とりあえずその雑誌があるかどうか知りたい場合は雑誌名だけ入れて検索してみる

といったところでしょうか。ニューズウィークはきちんとあったので、余程のことがない限りないということはないと思います。上にも書いてありますが、1969年よりも前に発行された雑誌に関しては分かりませんが。

 あと、雑誌によっては特定の記事しか表示されない場合もあるようですが、申し込み画面で特集名が分かっている場合はそれを入れれば複写して貰えるかもしれません。

 私もまだ昨日と今日請求したばかりで送られてきてないので結果に関しては書けないのですが、頼んだものと請求書が入ってくるようです。5営業日くらいで送ってくるということなので、今週末か来週初めになってしまうと思いますね。

 で、これが料金的にお得かどうかといえば、元の雑誌の値段にもよりますが決して安くはないと思います。カラーコピーの場合、B4一枚で31.5円、さらに包装料が157.5円かかりますからね。ブクオフで105円の雑誌買ってきて切り抜いた方が余程ラク、ということは往々にしてありえると思います。

 あと、資料の取り寄せは「研究目的」以外の場合はそれらしい理由をでっち上げなければならないので注意してください。私は俳優の研究してますからね!(キリッ

| | コメント (0)

2010年10月23日 (土)

・キーファー・サザーランドさん雑誌・本関係まとめ【12/21 13:28更新】New!!

 あちこちで頼んでいるので、段々混乱してきました。Fujisan.co.jpでの注文分とamazonでの注文分、ブクオフで買ったもの、国立国会図書館から取り寄せたコピー等をまとめて、発売日順に並び変えた整然としたリストと評価を作りました。
 「買値」は、amazonマーケットプレイスの場合250円(又は340円)の送料も含まれています。

[凡例:=表紙がキーファーさん、(国)=国立国会図書館から取り寄せたコピー/買値/ページ数/内容/五段階評価/備考]

■2010
・DVDビジョン 2010年12月号:(ちょっとだけ)450円/3P/ホームシアターの広告・DVD収録/3
・DVDでーた 2010年11月号:260/0.5P/読者アンケート・イラスト/3
・日経エンターテインメント!海外ドラマspecial 2010年[冬]号:1,000/1P/紹介/1
・Cut (カット) 2010年 11月号:690/5P/記事/3
・ぴあ 10/21号綴じ込み付録「24ぴあ」:/170/8P冊子/紹介/3
・Fスポ:/0/4面新聞/3
・24検定問題集:/0/問題集/4P/3
・DVDでーた 2010.10号:480/5P/紹介記事/3
・ENGLISH JOURNAL 2010.10:/1,470/15P+CD/インタビュー・紹介/5
DVD STATION VOL.31 2010年 11月号/850/3P/グラビア・紹介記事/5
・海外ドラマ10年史:1,365円/6.5P/写真・分析記事/2
・DVDビジョン2010年10月号:(小さく)262/7P+ポスター+ダイジェストDVD/5
・DVDビジョン2010年9月号:480/1.5P/グラビア・紹介/1
・絶対に見逃せない!海外ドラマBEST100:920/2P/紹介/2
・ぴあ10/7号:200/2P/紹介/3
・日経エンターテインメント!海外ドラマspesial2010年[夏]号:1P+1写真/概要/2
・スカパー!TVガイド 2010.5号:50/1P/紹介/4
・FQ JAPAN ( エフキュージャパン ) 2010年 04月号:612/0P/名前の引用のみ/1
・デジタルTVナビ 2010.3:180/10P/記事・インタビュー/5
・ニューズウィーク日本版 2010年 2/3号:251/2P/記事/2
・キネマ旬報 2009年 1/1号:890/3P/記事/1
■2009
・ローリングストーン日本版プレゼンツアメリカンドラマ天国:/200/4P/インタビュー/3
・ニューズウィーク日本版ペーパーバックス 海外ドラマTHE BEST:/505/13P/記事/4
・AERA Entertaninmentまるごと一冊海外TVドラマ・スペシャルBOOK:592/3.3/紹介、分析記事/5
・TV Taro九州版 2009年 07月号:/1,050/3P/紹介・インタビュー/4
・外国映画男優名鑑 MOOK21 09/05/02:1,800/半P/紹介/3
・MOVIE STAR 09/01 Vol.166:560/3P/インタビュー(キーファー&カルロス)/4
・MOVIE STAR 09/01 Vol.165:560/4P/インタビュー/3
・世界のカリスマGUNバイブル:表(ちょっと)/300/2P/グラビア/3
■2008
・ロードショー 08/06 別冊TVスター人気100人名鑑:500/1P/グラビア/4
・Mainichi Weekly(毎日ウィークリー)2008/12/20発売号:240/1コーナー/2
・ニューズウィーク日本版 2008年 12/17号:550/6P/記事/3.5
・多聴多読マガジン 2008年 12月号:417/8P+CD/インタビュー/3
・FQ JAPAN DIGEST(フリーマガジン)2008/11/29発売号:表:0/1P/記事/3
・新世紀アメリカドラマガイド 2008/6/30発行:800/2P/紹介/2
24 アルティメット・ガイド(本):3,500/143P/DAY6までの解説/5
・日経エンタテインメント!海外ドラマスペシャル:417:1P/ゴシップ記事/1(0にしたい)
CTU公式捜査マニュアル(本)/?/208P/CTU捜査官用マニュアル(のテイ)/2
■2007
・本当に面白い海外ドラマ完全ガイド:450/3P/紹介/3
・MOVIE STAR 07/11 Vol.153:560/4P/インタビュー(キーファー&メアリー)/5
メイキング・オブ・24/105/621P/メイキング(内容はかなりいい)/5
・MOVIE STAR 07/10 Vol.152:560/4P/グラビア、インタビュー/5
・TITLE2007/9号:262/28P+DVD/紹介、インタビュー、ロケ地紹介他/5←超オススメ!
・MOVIE STAR 07/09 Vol.151:560/3P/グラビア、インタビュー、紹介/5
・ニューズウィーク日本版[2007/07/25]:211(国)/4P/グラビア・紹介記事/3
・CNN ENGLISH EXPRESS 2007年06月号:791/6P/インタビュー(対訳付)/3
・GOETHE (ゲーテ) 2007年 05月号:/777/3P/紹介/3
・MOVIE STAR 07/01 Vol.143:560/6P/記事・インタビュー/4
・英字新聞 週刊ST[2007/12/14/Vol.57 No.50]:92.8(国)/1記事/ゴシップ記事/1
『24』の舞台裏(本):2,230/165P/写真集/5
■2006
・NONSTOP ENGLISH WAVE[2006/11/25]:212.8(国)/14P/インタビュー(対訳付)/4
・MOVIE STAR 06/12 Vol.142:560/6P/グラビア、インタビュー、紹介/5
・MOVIE STAR 06/11 Vol.141:/?/6P/記事/4
・MOVIE STAR 06/10 Vol.140:380/4P/インタビュー/4
・Mainichi Weekly 2006/09/23発売号:240/1P/翻訳記事/3
・海外TV&ドラマLIVE (vol.2):/?/7P+DVD/紹介/3
・CanCam 2006年 03月号:2,040/2P/インタビュー+グラビア/4
・MOVIE STAR 06/02 Vol.132:590/2P/インタビュー、来日記/4
■2005
・Cut 2005年12月号:/251/2P/インタビュー(カルロス・バーナード(表紙ジャックなのに…))/2
・海外TV&ドラマLIVE 05/12:/881/40P/記事・紹介・インタビュー/5
・キネマ旬報 :2005/12/20号:820/1P/インタビュー/3
・MOVIE STAR 05/12 Vol.130:?/6P/インタビュー/3
・MOVIE STAR 05/11 Vol.129:?/6P/インタビュー/4
・海外ドラマDVDパーフェクトガイド2005-2006:/270/9P/紹介、インタビュー/5
・MOVIE STAR 05/01 Vol.119:?/10P/インタビュー/4
・TV Taro 2005年10月号:444.8(国)/4P/紹介、インタビュー/4
・Cut 2005年10月号:500/広告1P+インタビュー2P/2
・シナリオ 2005月3月号:216.5(国)/4P/分析記事/3
アメリカンTVドラマ「24」解体新書(本):?/187/DAY1~3のプロファイリング・ガイド/未読
■2004
・English zone―中級以上をめざすあなたの英語メディア (#010):561/4P(英語)/記事/2
・PLAYBOY 04年4月:?/6P/インタビュー+グラビア(白黒)/4
『24』完全ガイド(本):105/385P/解説本/2
■2002
・外国映画男優 最新版―男優名鑑330人出演作品データ付 MOOK21:1,551/1P/紹介/4

| | コメント (0)

2010年10月22日 (金)

キーファー・サザーランドさん関係雑誌等

 すいません、またもや私の為のメモです。
[凡例:ページ数/内容/五段階評価]

・CNN ENGLISH EXPRESS (イングリッシュ・エクスプレス) 2007年 06月号 [雑誌]未着
CanCam (キャンキャン) 2006年 03月号:2P/グラビア&インタビュー/4
TV Taro九州版 2009年 07月号 [雑誌]未着
GOETHE (ゲーテ) 2007年 05月号 [雑誌]未着
キネマ旬報 2009年 1/1号 [雑誌]:3P/ライター記事/1
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2008年 12/17号 [雑誌]:5P/記事/3
Newsweek ( ニューズウィーク日本版 ) 2010年 2/3号 [雑誌]:2P/記事/2
FQ JAPAN ( エフキュージャパン ) 2010年 04月号 [雑誌]:0P/―/1
ニューズウィーク日本版ペーパーバックス 海外ドラマTHE BEST未着
多聴多読マガジン 2008年 12月号 [雑誌]未着
English zone―中級以上をめざすあなたの英語メディア (#010)未着
外国映画男優 最新版―男優名鑑330人出演作品データ付   MOOK21未着
Cut (カット) 2010年 11月号 [雑誌]:5P/記事/3
・Cut (カット) 2005年 12月号 未着

| | コメント (0)

2010年10月19日 (火)

「キーファー・サザーランド」でFujisan.co.jpで検索した結果とその後

 すいません、全く私の為のメモです。

多聴多読マガジン→11/6発売(1,380円)
ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)CD付き[2010/09/06]→持ってる
・キネマ旬報[2005/12/20]→Fujisan.jpにて注文
キネマ旬報[2008/12/20]→amazonにて注文(発送完了のメール来た)
・CNN English Express(CD付き)[2007/05/06]→amazonにて注文
GOETHE(ゲーテ)[2007/03/24]→amazonにて注文(発送完了のメール来た)
デジタルTVnavi[2010/01/23]→持ってる(昔オクで落とした)
英字新聞 週刊ST[2007/12/14/Vol.57 No.50]→×
TV Taro[2005/08/24]→×
TV Taro[2009/05/23]→九州版をamazonにて注文(発送完了のメール来た)
・CUT (カット)[2006/09/19]→*
NONSTOP ENGLISH WAVE[2006/11/25]→× 表紙! 欲しい!
CanCam(キャンキャン)[2006/01/23]→amazonにて注文(発送完了のメール来た)
FQ JAPAN DIGEST(フリーマガジン)[2008/11/29]→電子書籍、落として印刷済
ニューズウィーク日本版[2008/12/10]→amazonにて注文(発送完了のメール来た)
・Mainichi Weekly[2008/12/20]→Fujisan.jpにて注文
・Mainichi Weekly[2006/09/23]→Fujisan.jpにて注文
・Mainichi Weekly[2010/06/05]→Fujisan.jpにて注文
・ニューズウィーク日本版[2010/01/27]→Fujisan.jpにて注文
FQ JAPAN[2010/03/01]→amazonにて注文(発送完了のメール来た)
ニューズウィーク日本版[2007/07/25]→コレは欲しい!
ニューズウィーク日本版[2007/12/12]→記事の一文のみっぽい
ニューズウィーク日本版[2007/12/26]→記事の一文のみっぽい

 マケプレは店舗と同時販売っていうケースが多いので、勝手にキャンセルされることも多い。なので注文したからといって安心はできないのだ。
 で、もう意地というか段々ムカついてきた((C)クロエ)ので、以下のページを参照して片っ端から電話かけまくって探そうと思っている。

BOOK TOWN じんぼう

【追記】このページさあ、すごい情報がいい加減なんですけど。
電話番号違ってたり、もうお店やってないところの情報が載ってたり、倉庫になってる階の電話番号が載ってたり。その度にいちいち私「~っていうサイトから飛んで来たんですけど直してもらった方がいいですよ」とかってすごい親切な忠告してんだけど。なんなのこれ。
誰かもっといいサイト知らない? 本でも買った方が早いのかな?

| | コメント (0)

2010年10月 1日 (金)

最近読んだ本

 つーても私のことなので、ほとんどがマンガなんですけどね。


 なんといったらよいのか困るが、私は思うに単なる萌える制服図鑑だと思う。amazonでは賛否両論なんだけど、同人誌の資料だったらこんぐらいでいんじゃね?
 戦う~の方は今は勿論だけど昔の制服(勿論ナチとか)もあったけど、私は自衛隊が欲しかっただけなので淡々とそこだけをコピー。
 この二つの本、コミックス版も出てるのね。読みたいような読みたくないような。


 少し前までの「シグルイ」同様、一体この話はどこへ向かって行くんでしょうかね、ってカンジ。今度は海賊だー!


 しょっぱなの話からしてブッ飛んでいる。弾痕もとい男根の話ですよ。
 川崎大師の側にある金山神社ってとこで毎年やる「かなまら祭り」に行ったら、大田区在住らしいかたぎりはいり(漢字わからん)を見た。で、チンコ型飴(売ってんだよ)舐めて歩いてたら、どっかの外人(女性)にすごい剣幕でどこで買ったのか聞かれた。テケトーにジェスチャーで答えたけど。
 二回目の時はすでにうつ病で、行きたくなかったのに元カレに強制的に連れて行かれた。だもんで、ブロック塀に座ってずっと待ってた。
 それが分からないんだから、別れて当然だわな。ま、私も行きたくないって言えばよかったんだけど。


 いいよね、有名人ってブログも金になるんだからさ。
 と思って当時ワザと買わなかった本。印税なんて払ってたまるかい! 基本的にWeb初のものはそっち見に行く主義。「妻が明日不倫します」(だっけ?)とかもgooに見に行ったし。疲れたけどね。
 でもこの本はイラストもちゃんと入っているので、まあまあ評価できる。ラフ画の丁寧さにすごいなあと思ったり。


 いわゆるヤングアダルトというジャンルの本ですな。必要な部分だけスキャンした。この人も警察関係の本を沢山出している模様。


 私が借りたのは文庫ではなかったけど、これはなかなかに壮絶な本だった。
 公安警察ってのはいわゆる「アブない団体」を専門にしているところなんだけど、そこの共産党担当(確か四課だった。書く話に五課を出す予定)の人が書いた本。共産党の人に近づいて行って、お金を渡したり世話したりしてスパイに仕立てていくんだよね。で、スパイにされた人は自殺しちゃうっていう壮絶な結末。
 日本にも暗部ってやっぱりあんのね、と思った一冊。
 これは載ってた教科書部分だけをスキャンした。これ真面目に読んだら洗脳されるよマジで。


 指紋からプロファイリングまで。そういえば最近プロファイリングをテーマにした外ドラ出なかったっけ? まあいいや。これは全スキャンしたので疲れた。


 TVにもよく出てくる(サンジャポとか)北芝健の本。図解なのでさくさく読める。必要なところだけスキャン。

 あとはその北芝健の体験談みたいな本が残ってる。これはまあ、読むだけだけど。
 ちょっとトリビアを。

  • 鑑識の人はでかい耳かきみたいのは使わず、ハケですっとなぞるんだそうだ
  • 警官の奥さんは夫の職業を明かすと何かと頼られるので「地方公務員」と答えるらしい(これがキャリアだったら「国家公務員」だね)
  • 警官とナースは「不規則」「激務」という点で気が合うそうだ。ITも合いそうだけどな
  • ドラマ「踊る~」はリアルだが人が少なすぎ、「古畑~」は証拠不十分すぎて起訴できないそうな

 そろそろ寝るよ。明日はツタヤの前で並ぶよ。いるのかなあ、ライバル…。

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

【24ネタバレあり】DVDでーた 2010.10号(24クイズもあるよ!)

 いろいろやってて疲れたので息抜きにブログ書きます。
 リデンプションとSeason7? んなものは借りるかフジ見てくださいよ、こっちゃ忙しいんですから。(Season6までの私のいい加減な解説はこちら


 ということでヤフオクの争奪戦に疲れたので今日の2時頃注文してついさっき(19:15くらい)につきました。福山さん、どんな髪型してもかっこいいですねぇ~

 私は24ファイナルの記事目当てなので、誰か欲しい人いたらあげますよ。その代わり24とエクスペンダブルスのページはごっそりなくなってますけど。

 24の最後にファイナルのDVD BOXが当たるとかいうクイズが出てます。私はBD買うので、応募するつもりないので「ググらずに」「本とかで調べずに」答えてみようと思います。

1.記念すべきIの第一話でジャックと一番初めに”電話で”話したのは誰?
A:テリー・バウアー
B:ニーナ・マイヤーズ
C:リチャード・ウォルシュ

2.恋多き女、キムが劇中で最初にキスしたのは?(I冒頭のジャックとの「おやすみ」キスは除く)
A:チェイス
B:リック
C:ミゲル

3.Iで、キムの友人の父を装い、ジャックの妻テリーに近づいた男の「本名」は?
A:ケヴィン・キャロル
B:アラン・ヨーク
C:アイラ・ゲインズ

4.シーズンIIのキムはどれ?
Q4

5.IIで、核爆発から逃れるため、ジャックはキムに誰の元に行けと指示した?
A:マリリン叔母さん
B:キャロル叔母さん
C:グラハム叔父さん

6.IIで、休暇中のデイビッド・パーマーが息子としていたことは?
A:食事
B:キャッチボール
C:釣り

7.IIで、ジャックの身代わりとなって散ったメイソン。彼が最期にジャックに託したのは?
A:この日の事件解決
B:自分の息子のこと
C:CTUの今後

8.シーズンIIIのトニーはどれ?
Q8

9.IIIで、ジャックは相棒チェイスのどちらの腕を切り落とした?
A:右腕
B:左腕
C:両腕

10.IVの事件の黒幕であるハビーブ・マルワンが勤務していたのは?
A:スタークウッド社
B:BXJテクノロジー
C:マクレナン・フォースター社

11.シーズンIVのジャックはどれ?
Q11

12.Vで、新しい恋人と暮らしていたジャックが使っていた偽名は?
A:ウォルト
B:フランク
C:スペンサー

13.Vでの、CTUを襲ったバイオテロで使われたのは?
A:コルデラ菌
B:セントックス・ガス
C:マスタード・ガス

14.Vで初登場する、クロエの元夫モリスのかつての職業は?
A:靴屋
B:花屋
C:酒屋

15.シーズンVIのクロエはどれ?
Q15

16.「リデンプション」でジャックと共に戦ったカールの出身地は?
A:南アフリカ
B:ロシア
C:アイルランド

17.3人の中でI~VII(ブリッジと「リデンプション」除く)すべてに登場したのは?
A:キンバリー・バウアー
B:アーロン・ピアース
C:クロエ・オブライエン

18.多数の大物俳優が黒幕として出演。いちばん最初に登場したのは?
A:ジョン・ボイト
B:デニス・ホッパー
C:ジェイムズ・クロムウェル

19.「24」に出演後、ブレイクした俳優と出演作の間違った組み合わせは?
A:ダニエル・デイ・キム「LOST」
B:エリkック・バルフォー「エルム街の悪夢」
C:ザッカリー・クイント「スター・トレック」

20.”史上最弱の政治家”ローガン以外で、デイビッドに反旗を翻した副大統領は?
A:ノア・ダニエルズ
B:ジム・プレスコット
C:ジェームズ・ヘラー

21.渋い魅力で女性ファンも多かったブキャナン。彼と恋愛関係になかったのは?
A:ミシェル・デスラー
B:ナディア・ヤセル
C:カレン・ヘイズ

22.3人のうち、CTUのスタッフでないのは?
A:ポーラ・シェーファー
B:サラ・ガヴィン
C:ジャニス・ゴールド

23.日本でOAされた「カロリーメイト」のCMでジャックの部下を演じた俳優は?
A:松尾敏伸
B:荒川良々
C:豊川悦司

24.ファイナルで、ジャックの孫娘テリーが夢中になっている動物は?
A:ネコ
B:ゾウ
C:クマ

 さあ、あなたはいくつ分かったかな?(私の)回答&解説は「続きを見る」でどうぞ。
 にしても、スキャナって便利ねー。

続きを読む "【24ネタバレあり】DVDでーた 2010.10号(24クイズもあるよ!)"

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

あなたの「萌え」はナニ?

 ということで数少ない友人に誕生日を焼き肉で祝ってもらって(その模様はこの辺参照してください)、酔った勢いで向かうブクオフ。(梅酒サワーとカルーアミルクしか飲んでません。缶チューハイ一缶で酔える経済的な身体です)
 オノ・ナツメが毎回表紙絵を描いている一風変わった雑誌があったので、半額ということもあり、あるだけ買ってきました。


 もうamazonには在庫がないようですね。かなり前に出た雑誌みたいです。でも手放した人の保管状態がよほどよかったのか、とてもきれいでした。あと最後のVol.9だけオノ・ナツメの表紙ではないですね。

  • Vol.1紳士
  • Vol.2制服
  • Vol.3眼鏡
  • Vol.4「和」
  • Vol.5おとなのかわいい!
  • Vol.9エロ

となっており、かなり私のツボツボしい好ましい単語が並んでおりましたので、わしづかみにしてレジに持って行きました。半額に加えてポイントも使ったので、全部で1,650円でした。
 アマゾンマケプレは最近送料の条件が見直された(そりゃメール便で送ってるのに340円はないですよねえ!)ため、仮に1円のものを買ったとすると251×6=1,506円。まあたいして変わりませんね。持って帰るのは重かったですけど。おまけに雨降るし。

 ところで皆さん「萌え」という単語を知ったのはいつ頃でしたか?
 私は~歳の時なので、ええと、1996年ですね。当時付き合っていた(人生初めての)彼氏がゴリゴリのオタクでしたので(M:tGのカードを海外輸入するような人、分からない人はggtks(ググってください))、その人が
「超萌え~!」
とか言っているのに最初は全く意味が分かりませんでした。まあ当然ですよね。
 でもその時なんとなく嫌悪感を抱いたのをよーく覚えています。当時の私はパソコン通信こそすれ、マンガやアニメやゲームに超詳しいわけでもなかったですからね。(別に今も詳しくはないですけど)
 ちなみに真の意味を知った経緯は全く覚えてないんですよね。自分で推測したのかもしれません。なんとなく、こんなことかなあ、と。
 大本は何かのキャラクターで「もえ」とかいう女の子がいてそれが起源らしいですが、ま、どうでもいいことです。
 さらにどうでもいいことですがその元彼氏は今は結婚して(しかも結婚した場所が、昔私が激務を強いられた海沿いの並びのホテル)家庭を築いているようです。ハンドルをいつまでも変えないと追跡が可能で楽ですね☆ 気をつけた方がいいですよ皆さんも☆

 でも秋葉原も電気街というよりはオタクタウンと化し、ハルヒ以降のいわゆるライトオタクというものが現れ出して、萌えも随分一般的な単語になりました。
 なので、まあ使っていても「キモい」と思われることはなくなりつつあるように思います。
 オタク文化に造形も理解もない私の弟辺りだと「きめえ」とか言いそうですけどね。自分は立派なSW(特にR2-D2)オタクの癖に。パチンコの筐体まで持ってるんですよ、それでオタクを嫌悪、って自己矛盾過ぎるだろ、と言ってやろうかと思いましたが理解されそうもないのでやめました。
 私の24好きなんて、奴に比べたらかわいいモンです、本当に。時たま持っているものをダブって買ってしまって、余った奴私にくれたことありましたからね。(ちなみにブツはR2-D2のしょうゆ差し勿論オクに流しましたけど。
 今度ムーパラ行ったらSWのハードコアなBL本でも買って送りつけてやろうかとか思ってたりするんですけどねw

 さて、「萌え」に戻って、今はあれですね「●●萌え」とか言いますね。すごい極端なのを挙げると、まあ私もそうなんですが「工場萌え」とか。別に工場に性的欲求を覚えるわけではないですね。その辺りは、まあ世間的に意味も浸透してるのかなあと思います。(性的な意味を指す場合もありますけどね)

 そこで私の萌えは、性的・男性的なところからいくと一位は眼鏡。
 自慢じゃないですが、眼鏡してない人と付き合ったことありませんからね、私。私自身はとても視力がいいのですが、今は透明なUVサングラスというものがあるので、出かける時には結構眼鏡しています。
 今丁度サングラスは叩き売りの時期なのでいいですね。でも紫外線は一年中降ってますからねえ。かといって日本人のくせに色つきのデカいサングラスはなんだかなーと思いますし。(目の色が薄い欧米人は目の保護のためにサングラスする側面があります。日本人は目の色濃いですから、色つきである必要ないっちゃないです)
 でもアレなんですよね、私の歴代の彼氏はあまりにも目が悪過ぎて眼鏡ナシだと何もできないんですよ。だから眼鏡外したりとかできないんですよね。それが楽しいのにー。

 二位はいろいろ考えたんですけどやっぱりスーツかなと。クールビズとか大企業では当たり前のようにやっていますが、ネクタイ外すのが楽しいんじゃないですか!! 元からしてないってどんだけ!! と、私は思います。まあ窮屈かつ暑いのは認めますけどね。私も吹奏楽部とかでネクタイしたりしたことあったんで。ジャケット脱ぐ時とか、ジャケット脱いでもいけますね、御飯三杯くらい。
 あとやっぱりスーツはいろいろ凝ることができるじゃないですか。カフスボタンとか、最近芸人などに多いのが襟に刺すアクセサリーとか。ポケットチーフは基本ですよね。

 三位は白手袋ですね。鉄道関係の人とか、ホテルマンとか。軍手は死んでも認めません。まだ私が京急沿線に住んでいて、会社に通勤していた頃、最後尾車両に乗っていたのですが、泉岳寺で乗ってくる都営の車掌オヤジがいつも軍手してるんで殺したろかと思いました(妄想で)。

 まあそんなとこが私のトップ3ですかね。まああとダッフルコートとかもいいかな。
 この話を総合すると、私の萌えキャラはマンガ「げんしけん」の斑目(分からない人はggtks)ってことになるんですけど、あながち間違ってません。ただ、私は痩せてるよりは小太りの人が好きなのでその点だけマイナスですけどね。

 どこかの小説家も言っていましたが、自分が年齢を経るに連れて好みの異性もどんどん高年齢化していくんですよね。まあロリペドの人に限ってはこの限りではありませんけど。
 私もそんなカンジで、中学生高校生だと小僧にしか見えなくなっちゃいましたからね。話したいとも思いませんよ。第一何を話すんだか。
 この前Q&Aなうで、授業中にiPhone使って(何故かQ&AなうはiPhoneユーザにはアイコンが出るんですよ)質問している高校生に絡んで説教してましたからね。ひまつぶしに。タチの悪い大人です。おまけに自分は働いてないっていう。最低ですね。

 なので、萌えも年齢と共に変化していくんだろうなあって思うんですよね。
 何か奇抜な萌えをお持ちの方はコメント欄なんかで教えていただけると喜びますです、ハイ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧